6 謝花 昇(じゃはなのぼる) (1865 ~1908)




~自由と平等のために民族差別と闘った沖縄自由民権運動の父~




 訪問者の皆さんは、「沖縄」 と聞くと、どんなイメージをもたれるでしょうか。


 青い空、白い雲、透き通る海とサンゴ礁。





 僕は長い間、こんなふうに沖縄をイメージしていました。


 しかし、美しい自然と同時に、歴史上欠かせない事実があります。




 それは、沖縄県の人々が、他府県の人々から差別されてきているということです。




 この差別に正面から向き合い、全財産を投げ打って闘った人が、謝花 昇 (じゃはなのぼる) です。




 そもそも沖縄は江戸時代まで 「琉球王国」 という独立国でした。


 誇り高き独自の文化をもっていましたが、薩摩藩による武力支配で、王国は滅ぼされてしまいました。




 明治政府は、その支配を追認するかのように 「琉球処分」 を実施します。

 廃藩置県で一方的に 「沖縄県」 としたのです。




 高校の日本史の教科書では、この事実を教えています。




 でもその記述内容は、支配者である明治政府の立場からのものだと感じているのは僕だけでしょうか。




 昇は沖縄本島にある東風平間切 (こちんだまぎり) の貧しい農家に生まれました。

 幼いころから勉強が好きで、農作業をしながら地面に字を書いて学ぶような少年でした。




 しかし、学校には行きたくても行かせてもらえませんでした。

 それは、父親が 「百姓に学問はいらぬ」 と譲らなかったからです。




 だから、昇は父親に隠れて学校へ行き、教室の外から先生の話を聞いていました。



 すごい努力家ですね。



 僕にはとてもまねはできません。




 母親は昇の才能を見抜きました。

 夫を説得したので晴れて学校に行けるようになったのです。




 17歳になると、沖縄師範学校に進学します。

 ここの生徒はほとんど士族の子どもたちで、昇は 「いなか者」 と馬鹿にされ、差別されながらも勉強に励みました。




 やがてその成果が出ます。




 1882年、留学生に選ばれて上京することになったのです。

 学習院や帝国農科大学 (現在の東京大学農学部) で学ぶ機会を得ることができました。




 在学中に、中江兆民や幸徳秋水に出会います。




 「長い間、しいたげられてきた農民を救うために闘うのだ」

 という言葉に昇は感激し、自由民権運動を沖縄のためにささげようと決心しました。




 卒業後、沖縄県庁の技師として就職しましたが、ここでまた差別にあいます。

 知事をはじめ、県庁で働く人々はほとんど他府県の人で、沖縄をまるで植民地のように考えていた人が多かったのです。




 その証拠に、当時の沖縄には参政権がありません。

 これはイギリスの植民地時代のアメリカと同じですね。




 県庁を辞職した昇は、1899年、「沖縄クラブ」 を結成して自由民権運動を起こします。

 本土からの支配的な県政、土地問題、参政権の獲得が三本柱です。




 仲間との遊説や機関紙 「沖縄時論」 (おきなわじろん) を発行して訴えたのです。

 同じ日本国民なら、沖縄県民が選挙権をもつことは当然の権利でしょう。




 しかし、鹿児島出身の知事は、新聞社を味方につけ沖縄クラブをつぶしました。

 明治政府にも訴えましたが、時期尚早ということで、事実上却下されました。




 条件付きながら沖縄県民の参政権が実現したのは、昇の死後8年たってからのことでした。




 ウチナーンチュという言葉をご存知でしょうか。



 沖縄から近畿地方などへ移住している数万人の人たちはこう呼ばれ、就職差別をはじめ、現在でもさまざまな差別を受けています。



 最大のアメリカ軍基地が沖縄にあるのもなぜでしょうか。



 謝花 昇は自由と平等にかけた人として、もっとたくさんの光を当てられるべきだと思いますがいかがでしょうか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/96-63afb2f0