1 田中正造 (1841 ~1913)




~農民とともに命をかけて公害と闘った栃木の代議士~




 その熱き生涯、波乱に富んだ人生。


 これほど住民とともに歩んだ衆議院が、ほかに何人いたでしょうか。



 田中正造が亡くなった時は無一文になっていました。

 理不尽で卑劣な冤罪 (えんざい) による拷問に耐え、死を覚悟した明治天皇直訴。



 彼の生き方は一貫しています。


 常に国民の目線で行動し、自由のために、時の権力と正面から闘い続けました。



 でも僕が彼のことを知ったのは、社会人になってからです。

 中高生のときには、正造の名前すら知りませんでした。




 1841年、正造は現在の栃木県佐野市の名主の家に生まれました。

 ところが、明治維新の1868年に投獄されています。



 主家の旗本である六角氏が江戸屋敷普請のために、巨額の先納金を割り当ててきたのです。

 実情を知らぬ暴挙として訴え、願書を出したところ、「身分をわきまえぬ行動」 として牢に入れられてしまいました。




 権力者の典型的な身分差別ですね。



 縦横高さともに1mほどしかない狭い過酷な牢で、翌年まで出所できませんでした。



 1878年、区会議員になり、栃木新聞が創刊されると、紙面上で国会の設立を訴えました。

 新聞の編集長としても、田中正造はこの時点ですでに自由民権運動をやっていたことになります。



 1880年には栃木県議会議員になり、立憲改進党が結党されると入党しています。



 やがて、当時の県令だった三島通庸 (みしまみちつね) と議会で対立しました。



 自由民権運動の激化事件の一つである加波山事件 (かばさんじけん) に関係したとされて逮捕されますが、三島の異動によって釈放されました。



 またしても逮捕ですが、あくまで自由と正義を貫き通しました。



 1890年、ついに国会が開設され、正造も立憲改進党の衆議院として参加します。

 この年、「足尾鉱毒事件」がおこりました。



 渡良瀬川 (わたらせがわ) の洪水とともに、上流にある足尾銅山から流れ出た鉱毒が、下流に甚大な被害をもたらしました。

 田畑の農作物は枯れ、魚類は死滅してしまったのです。



 正造は国会でこの問題をまっ先に取り上げ、鉱毒に関する質問を何回もしました。

 現地や東京でも演説を行って訴えています。



 また、農民とともに東京へ陳情に行き、特に1900年の陳情では警官隊と衝突して流血の事件となり、農民が多数逮捕されました。


 これは川俣事件と呼ばれています。



 この事件を国会で取り上げたとき、当時の総理大臣、山県有朋 (やまがたありとも) は 「質問の意味がわからない」 として答弁を拒否しました。



 1901年、正造はついに天皇直訴に出ます。



 場合によっては殺されます。

 命がけの決断でした。



 嘆願書を持って、天皇の馬車に突進して叫びました。

「お願いがございます。お願いがございます。」



 しかし、これも警官に取り押さえられ失敗に終わります。



 天皇はこのできごとには気付きませんでした。

 政府は世論の沸騰を危惧し、ただの発狂として罪も問わずに釈放したのでした。



 「何もなかったことにした」 ことは、山県の答弁と同じですね。

 1903年、政府の鉱毒調査委員会は栃木県南部の谷中村に、渡良瀬川の遊水池をつくろうとしました。



 これは問題のすり替えですね。



 公害問題を治水問題にすり替えたのです。

 谷中村に対する差別ともいえます。



 正造は谷中村に移り住み、住民とともに強制破壊当日まで断固として抵抗しました。



 後に足尾銅山は70年後の1973年に閉山されました。

 さまざまな差別を乗り越え、その身を削ってまでも住民とともに自由のために権力と闘い続けた田中正造。



 歴史上、もっと大きく取り上げられてもよい人物ではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/91-290b5fc9