5 渋沢栄一 (1840 ~1931)




~私利私欲に走らず日本の近代化をめざした埼玉の実業家~




 「日本資本主義の父」 と呼ばれる有名な実業家ですね。


 近年では中学校や高校の歴史の教科書でも大きく取り上げられるようになってきました。




 なぜでしょうか。




 経済的に成功した実業家は他にもたくさんいます。

 でも渋沢はそれにとどまらず、日本全体に限りない大きな影響を与え、現在にもつながっているからだと思います。




 さらに僕が注目していることは、この世界では傑出した人権感覚の持ち主だと考えられるということです。




 幕末に、渋沢は現在の埼玉県の豪農の家に生まれました。

 17歳のとき、時の領主から500両の御用金を差し出すように命じられました。




 父親の代わりとして代官所に出頭したとき、身分をかさにきた役人の傲慢な態度に正論で対抗しましたが、ひどい仕打ちを受けてしまいました。




 「あんなろくでもない人間が、ただ侍だというだけで威張り散らすのは階級制度が間違っているからだ」


 と、早くも身分差別の矛盾に気づきます。




 1863年、24歳の渋沢は 「世直し」 を意識し、尊王攘夷運動に参加します。




 過激ですが、尾高惇忠 (おだかあつただ) らとともに高崎城を乗っ取って武器を奪い、横浜を焼き討ちにしたのち長州と連携して幕府を倒すという計画を立てました。




 しかし、惇忠の弟・長七郎の懸命な説得により中止になりました。




 これが本当に実行されていたら、後の渋沢栄一はなかったかもしれませんね。


 1864年、一橋慶喜 (ひとつばしよしのぶ )に仕えることになりました。




 後の15代将軍徳川慶喜ですね。

 1867年、パリ万博に出席する将軍の弟である徳川昭武 (あきたけ) の庶務・会計係として随行しました。



 
 ヨーロッパ各地で先進的な産業などに触れるとともに、将校と商人が対等に交わる社会に感銘を受けました。


 西欧社会の人間平等主義は、その後の渋沢の生き方に大きな変化をもたらすことになります。




 人生の転機はここにあったのですね。




 時代は変わって、明治維新の1869年、大隈重信に説得されて大蔵省に入省していた渋沢は、人権の確立や四民平等の必要性を感じていました。




 江戸時代の被差別身分である穢多 (えた)、非人の呼び名を廃止する 「解放令」 の原案は、渋沢から大隈に提出されたものなのです。




 このことだけでも、彼らには人権感覚があり、新しい時代を築くきっかけを発案した人物であることがわかりますね。


 海外で学んだ資本主義を実践に移そうとしましたが、税制改革で大久保利通と意見が合わず結局退官しました。




 その後民間人の立場から、日本の経済の発展に努め、第一国立銀行を創設しています。

 そして、彼の信条です。




 「企業は国家や社会のために貢献するものでなくてはならない」




 たくさんの企業や社会事業に携わった目的は、日本の近代化にありました。

 日本社会の健全な育成に全力を注いだのでした。




 企業の経営や会社を大きく成長させることが目的ではありません。




 その証拠に、財閥は作っていませんね。




 彼は労働問題についても取り組み、工場法や労働組合の整備を主張しました。


 労働者という国民の立場に立っています。




 教育分野での功績も大きく、女子の地位向上を図るための女子教育を推進しています。

 寺社などの宗教団体には、宗派を超えて手をさし伸べ、国際親善のための国際団体にも協力しています。




 常に一般民衆の立場に立ち、国民の目線から精いっぱい活動した大実業家だと思います。




 彼の生き方に共感できる人は、全国にたくさんいるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/87-472a8681