13 坂本龍馬 (1835~1867)




~自由と平等の近代国家の基礎を築いた土佐の下級武士~




 あまりにも有名な日本の歴史上の人物ですね。

 織田信長とともに、最も好きな人物として、全国で人気を二分している人です。




 僕も、信長には大きな魅力があると感じています。

 郷土名古屋の英傑でもありますし、小さいころから信長に関係する史跡にもたくさん行きました。




 でも、はっきり言って僕は龍馬派です。




 なぜでしょうか。




 それは、坂本龍馬は国民の自由と平等のために命をかけた人だと思うからです。




 龍馬の少年時代は、身分差別にさらされていました。



 土佐 (高知県) の郷士の家に生まれましたが、この郷士という身分は完全な武士ではなく、上士という上級の武士たちから強烈な差別を受けていたのです。



 土佐藩ではこの上下関係が非常に厳しく、龍馬はいつも上士から見下され、生活の至る所で、まるで奴隷のような屈辱的な扱いを受けていました。




 おまけに夜尿症がなかなかとれないので馬鹿にされ、悔しい思いをさせられることが日常茶飯事でした。


 そんな龍馬がなぜ、日本の歴史を変える 「大政奉還」 という大きなことができたのでしょうか。




 第1のポイントは 「脱藩」 です。



 1862年3月、土佐藩を脱藩して江戸に出ました。

 自由な国をつくるなら、まず自分自身が自由になることが必要です。




 この勇気ある脱藩によって、龍馬は藩の支配から離れ、自由に動くことができるようになったのです。


 出身だけで決まる身分差別から解放され、上士のいじめからも解放されました。




 第2のポイントは 「勝海舟との出会い」 です。



 1863年、尊王攘夷運動に燃える龍馬は、勝海舟の屋敷を訪問します。

 この訪問の目的は、開国の考えを持つ海舟殺害であったともいわれています。



 しかし、海舟の堂々たる態度、世界的視野からの的確で進んだ日本の将来に対する自由な考え方に、龍馬は目から鱗が落ちたのでした。



 解放された海舟の知識と人柄に一気に引かれ、攘夷という外国を敵視する考えを捨てたのでした。




 第3のポイントは 「海援隊」 です。



 1865年、最初は 「亀山社中」 という龍馬が作った長崎の貿易会社でした。

 メンバーは医者や農民など、出身はさまざまでしたが、みんな平等に扱われていたのです。



 給料もみな同じ金額でした。約20人の若者たちが、自由で平等な雰囲気の中で、好きな仕事をして、大切だと思う勉強もしながら働きました。



 やがて、土佐藩の後藤象二郎から帰藩の誘いがありました。



 これに対し、彼は答えます。




 「藩に仕えるのではなく、海運業をやって土佐を助ける。

 そのかわり、資金面などで協力してもらいます」

 


 あくまでも対等の線はくずさなかったのです。




 ここが大切なところですね。




 そして、第4のポイントは 「薩長同盟」 です。



 実力者の長州と薩摩に激しく迫ります。



 「木戸ォ!わしゃ言うたはずぜよ。

 くだらんメンツらあ捨て去れち。



 この期におよんで何が立場じゃ。

 何が恥辱ぜよ!



 薩長連合は革命統一の道程じゃいか。

 どこに恥じることあるぞ!」




 さらに

 「西郷さん、おまはんも長州と一緒に毎日馳走 (ちそう) ばあ喰ろうてハラがふやけたかよ?



 口ほどにもない男じゃおんしも!

 ここまで来てやはり藩の体面が大事か!?



 長州の苦境をわかってやれんおんしじゃなかろうが!」




 勝負ありました。




 江戸幕府滅亡が決まった瞬間ですね。




 こうして木戸孝允も西郷隆盛も、それまでのしがらみから解放されたのです。




 自由と平等の近代国家の第一歩は、身分差別から解放された坂本龍馬から動き出したのです。




 近代日本の夜明けではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/82-8ebbf54f