9 緒方洪庵 (1810~1863)




~貴賤貧富の差別を乗り越え人間を大切にした幕末の医師~




 緒方洪庵 (おがたこうあん) が残した人権感覚豊かな言葉があります。



 「病人に対してはただ病人だけを見よ。


 貴賤貧富で人を差別してはならない。


 金持ちがくれる黄金と、貧しい患者が流す感謝の涙は、同じ値打ちがある」



 
 この言葉の背景には何があるのでしょうか。




 つまり江戸時代当時、医師と患者の医療行為の場面においても、貴賤貧富による差別が横行していたということではないでしょうか。




 こんな話があります。




 ある大名の夫人が病にかかりました。

 胸を患ったようです。



 早速医師が呼ばれ、診察を受けることになりました。


 ところが夫人は診察を拒否したのです。



 理由は、


 「自分は殿様の奥方であり、身分の低い医師に、胸を見せるわけにはいかない」


 ということです。



 結局この夫人は病気が悪化して、まもなく亡くなったそうです。



 差別はする側が不幸になるということの典型的な事例ですね。



 洪庵は病人がいればどんな時でもいやがらず、元旦だけは休むが、1月2日から早くも往診に出かけるような人でした。



 「医師は名利を求めず、ただ己を捨てて、人を救うことを願え」

 という言葉にも、彼の人柄がよく現われていますね。



 患者にとって、こんなありがたい医師はめったにいないでしょう。

 だから、天然痘という恐ろしい病気を予防する種痘の普及にも大きな功績を残すことができました。



 1810年、緒方洪庵は現在の岡山県、備中足守 (あしもり) 藩士の家に生まれています。

 16歳のときに大坂に出て、蘭学を学びはじめました。



 その後、江戸、長崎でも学び、大坂で医師になりました。

 同時に彼は優れた蘭学者、教育者でもありました。



 1838年、大坂で適塾という蘭学塾を開きました。

 その後、25年にわたって約3,000人の門弟が学んでいます。



 有名な福沢諭吉をはじめ、橋本佐内、大鳥圭介らもここで学んでいます。



 適塾では組織だった蘭学の教育をやっていました。

 同時に一人一人を伸ばすことも重視されていたのです。



 そのため塾則はゆるく、自由な雰囲気がありました。

 このような中で、福沢諭吉らの門弟たちも、伸び伸びと学ぶことができたのではないでしょうか。



 後の明治以後の新しい自由な啓蒙思想の原点の一つは、この大坂に既にあったのかも知れませんね。

 僕も、もしこの時代に生まれていたら、洪庵の適塾で学んでみたいと思いました。



 このころの江戸幕府には、13代将軍徳川家定 (とくがわいえさだ) がいました。

 病弱な将軍として知られていますが、脚気が重くなり悩んだようです。



 このため、1862年、洪庵は幕命により江戸に出ることになりました。

 奥医師、医学頭取という役職を命ぜられたのでした。



 しかし、この勤務は相当きつかったのでしょうか、洪庵は翌年の1863年、結核による喀血のため、急死してしまいました。


 この背景には、蘭方医派の地位を高めようとする他の医師の強引な誘いがあったのです。



 時代は大きく下って、今から数十年前のことです。

 僕の住む市内でも洪庵のような医師がいました。



 彼はNさんといいます。



 当時の市内の被差別部落の人たちは、部落民というだけの理由で、なかなか医師に診てもらえませんでした。



 しかしこのNさんだけは、わけ隔てなく被差別部落の人たちもきちんと診察したそうです。



 差別を乗り越えた医師の心豊かな行動は、緒方洪庵の精神を引き継いでいるのかもしれませんね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/78-9936e86b