5 大竹与茂七 (1675~1713)




~民衆とともに身分差別と闘った越後の義民~




 大竹与茂七 (おおたけよもしち) をご存知でしょうか。


 現在の新潟県にある新発田藩(しばたはん)中之島組の名主です。



 村人から常に慕われ、こう言われていました。

 「いつもおらのような水呑百姓 (みずのみびゃくしょう) のことを第一に考えてくだされてありがたいことじゃ」



 農民でしたが、学問、剣術にすぐれ、名主の寄合でも、その発言力や人柄が評判でした。

 新発田藩は与茂七を中之島組62か村の筆頭名主に命じたのです。



 広く信頼されている文武両道の農民ですね。



 1704年、信濃川などの川があふれ出し始め、大洪水の危機になりました。

 責任者である東西2名の庄屋は病気と不在。



 緊急に与茂七が指揮をとることになりました。



 彼の判断は以下の通りです。

 「自分の山の松を100本、庄屋の星野儀兵衛親方の松山から70本、お上の山から杉を130本切る」



 反対意見に対しては、きっぱりと答えました。

 「62か村の命がかかっている。責任は自分がとる」



 こうして、村は洪水から守られたのでた。



 1705年、無数のウンカやぬか虫による病虫害が発生しました。

 飢え死にする者まで出はじめたのです。



 またしても与茂七はむずかしい対応を迫られますね。

 「どうだろう、みなの衆!この際、儀兵衛親方から金を借りたら・・・」


 ということになりました。



 中之島組13か村の名主連盟の借用書で金額は150両。

 当時では米800俵が買える大金でした。



 しかし、2割の利息をつけて、翌年の秋にはきっちりと借金を返すことができました。



 これも前回に続いて見事な対応と言えますね。

 またしても村は救われたのです。



 ところが、問題が発生します。


 借金を返しに行った代表、茂助と喜平太の2名は酒を飲まされ、証文を受け取れずに帰らされたのです。



 これでは借金を返した証拠がないことになってしましますね。



 当然のことながら、翌日2名の代表と与茂七は、庄屋の儀兵衛にかけあいに行きました。

 そのころ、なりゆきを心配した農民たちが、庄屋屋敷の前にぞくぞくと集まってきました。



 庄屋の答えは 「ノー」 です。



 ついに裁判で決着をつける以外にないと考えた与茂七たちは、新発田藩奉行所へ訴え出ました。



 裁判は23回にもおよび、7年の月日が流れました。



 ここで家老の梶弾右衛門 (かじだんえもん) が決定的な発言をします。



 「判断の基本は、お殿様のご安泰、ご繁栄すなわち、わが新発田藩の安泰と繁栄に役立つものを正となし、妨げになるものを邪となすところにござる。



 今ここで与茂七とやらの言い分を認め、庄屋を牢に入れたらどういうことになるか。

 百姓は名主に従い、名主は庄屋に従い、庄屋は武士に従い、武士はお殿様に従う、これが政道の基本。



 百姓の言い分がどうの、庄屋の言い分がどうのは問題にすることではござらぬ。

 百姓を認めれば、大騒動に発展し、結果は藩のおとりつぶしにつながる」




 これは、強烈な身分差別です。




 1713年、白州 (しらす) には、与茂七をはじめ34名の名主と百姓が腰縄を打たれて引き出されました。




 与茂七は 



 「おそれながら申し上げます。

 一揆徒党とはわれらに身に覚えのないことでございます。




 証文返済の件についてのお裁きをお願いいたします」

 と最後の抵抗をしました。




 しかし、歯を一本一本抜かれる拷問の上、打首獄門で処刑されました。




 36年という短い生涯でした。




 これはあまりにも残酷で、言葉に尽くせない無念です。


 二度とくり返されてはならない典型的な 「差別裁判」 だと思います。




 時は6代将軍徳川家宣 (いえのぶ) の下で、新井白石による 「正徳の治」 が行われていた時代にあたります。



 裁判とはいったい誰のためにあったのでしょうか。




 とても考えさせられるできごとですね。




 藩主や家老の名はあまり知られていませんが、与茂七の名は今でも新潟県で広く知られています。




 遥かな地平線まで続く、豊かな美しい越後平野。


 ここで収穫されるおいしい米は、今でも全国の人々から愛されています。




 国民の目線から見れば、62か村の人々の尊い命を救った与茂七の名は、もっと広く知られてもよいのではないでしょうか。




 新発田駅の近くにある諏訪神社には、「義民与茂七の碑」 と書かれた大きな石碑が今もあります。


 僕も何度か足を運びました。




 また、処刑から300年もたつのに、市内西部にある道路の一角には 「義民与茂七処刑の地」 と書かれた標柱が残り、地蔵の前にはいつも花が添えられています。




この事実はいったい何を物語っているのでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/74-b30c979d