1 前田慶次 ( ? ~1612)




~家柄にとらわれず自由に生きた文武両道の浪人~




 江戸時代や戦国時代の武将の中で、その生き方に最も共感できる人物を一人あげるとするならば、僕は迷わず前田慶次をあげます。



 なぜでしょうか。



 それは、武家社会の上下関係、しきたり、礼節などで身分差別が当たり前の時代の中で、自分に正直に生き、権力や家柄にとらわれず、自由な人生を全うできた人だと思うからです。



 文武ともに実力をもちながら、これほど解放された人は他にあまりいないのではないでしょうか。

 慶次はもともと織田信長の家臣である滝川一益 (たきがわかずます) の一族で、尾張(愛知県)の出身です。



 しかし養子に出され、前田利家の義理の甥という立場に置かれていました。



 武芸にすぐれていましたが、世を軽んじ、人を小馬鹿にする癖があったので、信長の重臣であるまじめな叔父・前田利家にはよく説教をされました。



 慶次にとっては、これがわずらわしかったのでしょう。




 名門・前田家との決別の行動に出ます。


 慶次は利家を屋敷に丁寧に招待して、お茶とお風呂を勧めました。



 ところがこれが水風呂だったのですね。


 利家は激怒します。



 「馬鹿者に欺かれたわ、引き連れて来い」

 と怒鳴りましたが後の祭り。

 

 慶次は利家の愛馬に乗ってそのまま蒸発しました。

 叔父に一泡ふかせた上での、彼独特の 「決別宣言」 ですね。

 

 この後、二度と前田家には仕えませんでした。



 自ら進んで浪人になったのです。


 天下統一よりも自由に生きることを選んだのですね。



 蒸発した慶次の行先は京の都でした。

 そこでは穀蔵院飄戸斎 (こくぞういんひょっとこさい) という奇妙な名前を名のっています。



 身分や貴賤貧富を問わず、さまざまな人々と自由に交流しました。



 古典文学や茶、謡曲、舞もたしなむ浪人ですが、風流人になりました。

 彼の武芸の腕は広く知られていたので、仕官の声がいくつもかかりました。



 現在でいう 「スカウト」 ですね。

 

 しかし、慶次はこれらをことごとく断りました。




 ただ一人、直江兼続 (なおえかねつぐ) だけは別でした。



 有名な上杉謙信の甥・景勝 (かげかつ) の右腕として活躍していた武将です。




 兼続は慶次の才能を見抜いていました。

 仕官の条件は、 




 「禄高はいくらでもいいから自由に勤める」 


 これはびっくりですね。
 



 これを要求した慶次もすごいですが、これを認めてスカウトした兼続も大人物だと思います。



 当時は権力者・豊臣秀吉により、上杉家は越後から会津100万石の大大名になっていました。




 関ヶ原の戦いのときに、上杉家は徳川家康に敵対します。

 いわゆる 「東北の関ヶ原」 という戦いで、家康を待ち伏せて叩こうとします。




 しかし、石田三成の挙兵で西へ引き返されたので、最上義光や伊達政宗との半月ほどの戦闘になりました。

 その激戦が長谷堂の戦いです。




 ところが石田三成の西軍が敗れたため、上杉軍も撤退を余儀なくされました。

 東軍の猛攻の中、殿 (しんがり) を勤めたのが前田慶次です。




 攻め込んでは退く見事な戦いぶりで、敵に追撃をあきらめさせ、味方の将兵を誰一人傷つけなかったといわれています。




 徳川家康は敵対した上杉家を山形県米沢に減俸はしたものの、滅ぼしませんでした。




 僕はこの理由の一つに、直江兼続の人徳があるのではないかと考えています。

 その兼続のもとで自由に暮しながら、源氏物語の講義など、花鳥風月を詠む生活を楽しみながら人生を全うしました。




 自分の本心を大切にし、付き合いたい人とだけ付き合いました。

 


 痛快な生き方をした江戸初期の快男児として、学べるところが多いと思うのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/70-0e712f07