13 マンデラ (1918年~2013)




~人種差別の獄中生活に耐えぬいた南アフリカ初の黒人大統領~




 アパルトヘイトという人種隔離政策をご存じでしょうか。


 1913年から1991年まで約80年にわたって南アフリカ共和国で行われていた、世界史上有名な人種差別です。



 少数の白人が権力を握り、大多数の黒人たちを露骨に差別したのです。

 だから、南アフリカは「白いアフリカ」とよばれていました。



 世界中からその人権侵害を非難され、国際連合でも問題になりました。

 このアパルトヘイトに立ち向かった黒人たちのリーダーがマンデラです。



 マンデラは複数の大学で法学を学び、ヨハネスバーグで黒人初の弁護士事務所を開設していました。

 1944年にアフリカ人民族会議 (ANC) に参加し、反アパルトヘイトの指導者になりました。



 差別と正面から闘いましたが、政府からの弾圧は厳しいものでした。

 1962年に禁固刑、64年には終身刑に処せられ、実に27年以上の獄中生活に耐えなければならなかったのです。




 では、このアパルトヘイトとはいったいどんな差別だったのでしょうか。




 まず、黒人たちは住む場所を 「黒人居住区」 に限定されました。



 原住民土地法という法律により、国土のわずか13%の不毛の土地が、全人口の4分の3以上を占める黒人たちに強制的に割り当てられました。



 この居住区からの外出も時間で制限されており、居住区外のレストランからホテル、電車、公園、公衆トイレに至るまで、すべて白人用と非白人用に区別されたのです。



 また、白人と黒人との結婚を禁止する背徳禁止法、黒人の職業差別を定めた産業調整法、異なった人種が政党を結成し、政治集会を開き、相互に交流することを禁じた人種交流禁止法など、数々の差別立法がなされていました。




 さらに違反した者に対しては、死刑を含む厳しい罰則が加えられたのです。




 まさに法律で人種差別を定め、差別をしないものは処罰されるという、世界史上にも稀 (まれ) と思われる非人間的な抑圧体制でした。



 黒人たちは黙っていません。



 当然のことながら、1975年と86年に反アパルトヘイトの大運動がおこっています。


 世界の国々も、あまりに露骨なこの制度に黙ってはいませんでした。




 1960年、国際連合の安全保障理事会は、人種差別廃止要求決議をしています。

 国際社会も、南アフリカに対して経済制裁を行って貿易をしないようにしたのです。




 1988年、国連総会は日本の対南ア貿易を非難する決議を採択しました。




 日本は延々と貿易を続けていて、南アフリカ政府から特別な扱いを受けていたのですね。

 僕たち日本人は白人ではありませんが 「名誉白人」 と呼ばれていたそうです。



 この事実を訪問者の皆さんはどのように考えるでしょうか。



 国の内外からの強い非難に耐えかねたのでしょうか、1991年、政府の白人大統領デクラークと釈放されたマンデラが協力して、ようやくアパルトヘイト撤廃を実現させました。



 これにともない、孤立していた南アフリカの国際社会への仲間入りが認められ、93年に2人はノーベル平和賞を受賞しました。


 そして翌94年の全人種参加の総選挙で、マンデラが黒人初の大統領に当選したのです。



 マンデラのもとで基本的人権を保障した新憲法が制定されました。



 ちなみに、これ以前の日本の中学校の社会科地理の教科書では、アパルトヘイトが2ページにわたって取り上げられており、世界中から南アフリカが非難されていると書いてありました。



 まるで他人事のようなこの記述に疑問を感じていたのは僕だけだったのしょうか。


 また、あの 「インド独立の父」 ガンジーも、南アフリカで差別と闘っていたことは僕のブログの記事で前述したとおりです。




 それにしても苦節27年。



 耐えに耐えぬいたマンデラの不屈の精神に共感する人は、世界中に大勢いるのではないでしょうか。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/56-b72cc6b4