9 チャップリン (1889年~1977年)




~映画を通してファシズムと闘ったイギリスの喜劇王~




 チャップリンとヒトラーが同い年であることをご存知でしょうか。


 2人とも1889年に生まれました。



 日本では明治時代にあたり、大日本帝国憲法が発布された年でもあります。

 喜劇王と独裁者。



 2人は対称的な生き方をしていますね。

 ヒトラーは第2次世界大戦のとき、56歳で自殺しましたが、チャップリンは88歳まで生き、30年以上長生きしています。



 天寿を全うしたといえるでしょう。

 これもまた、対称的ですね。



 僕は高校生のとき、名古屋に住んでいました。

 通学の時地下鉄に乗って、華やかな繁華街の栄 (さかえ) を毎日通っていたのです。



 学校の帰りに途中下車をすれば、魅力的なものはいっぱいありました。

 その一つが映画です。



 たまたま映画好きの友人に付き合って、「モダンタイムス」 を観たのが、チャップリンとの最初の出会いでした。

 もう、おなかを抱えて爆笑の連続だったことをよく覚えています。



 ただ、当時高校生だった僕は、「おもしろい」 が優先し、チャップリンの生き方の奥深さには、あまり関心がありませんでした。


 でも、これからは視点を変えて彼の生き方を中心に考えていきたいと思います。



 1889年、チャップリンはイギリスのロンドンで生まれました。



 両親はミュージック・ホールの歌手でした。

 ところが、彼が1歳のときに両親が離婚。



 8歳のときには、父がアルコール依存症によって死んでしまいました。

 さらに母は、精神に異常をきたして施設に収容されてしまったのです。



 チャップリンは、幼くして孤児院や貧民院を転々とするどん底の生活を余儀なくされました。


 この時点で、彼は被差別の立場に立たされていたことが考えられますね。



 生きるために床屋、印刷工、ガラス職人、新聞やマーケットの売り子とあらゆる職に就きました。

 転機が訪れたのは1908年、兄の勧めでフレッド・カーノー劇団に入団し、俳優としての頭角が出てきたときです。



 その後アメリカのコメディ専門の会社に入社し、1914年には映画デビューをすることができました。

 25歳のときです。



 2年後にはロンドンの会社に 「製作の自由」 つきで迎えられ、その2年後にはハリウッドで撮影スタジオを設けたのです。

 こうして人気者になり、数々の喜劇の名作を世に送り出したことは、世界中の人々が認める通りです。



 僕がここで特に注目したい作品は 「チャップリンの独裁者 」です。

 有名なドイツの独裁者ヒトラーを風刺し、ファシズムの矛盾を世界に訴えた、自作自演の作品と言えるでしょう。



 この映画の最後の場面でのチャップリンの独裁者としての演説には、彼の信念が余すことなく表現されています。

 そのいくつかを拾ってみましょう。



 「私たちは憎み合ったり、見下し合ったりなどしたくないのだ」


 「憎しみは消え去り、独裁者たちは死に絶え、人々から奪い取られた権力は、人々のもとに返されるだろう」



 「決して人間が永遠には生きることはないように、自由も滅びることもない」


 「独裁者たちは自分たちを自由にし、人々を奴隷にする」



 「兵士たちよ、奴隷をつくるために闘うな。自由のために闘え」



 いかがでしょうか。



 彼の映画を通した世界へのメッセージは、ファシズムと闘いながら、自由のために渾身の力をふりしぼっていることは明白ですね。



 すでに近年の中学校の歴史教科書の中には、ファシズムに抵抗した人物として彼を登場させるものも出てきました。



 世界を笑いの渦でとりこにしただけでなく、自由と平等にかけたその熱き生き方にも、もっとたくさんの光があてられてもよいのではないでしょうか。



 その勇気ある生涯に共感できる貴重な人物です。



 現在、そして将来にも多大な影響を及ぼすと思います。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/52-9a8222de