5 アインシュタイン (1879年~1955年)




~民族差別を乗り越えて平和のために闘ったドイツの物理学者~


 

 アインシュタインといえば20世紀最大の物理学者として、ご存知の方も多いと思います。

 ノーベル物理学賞の受賞者で、「相対性理論」 を唱えた理論物理学は世界中に知れわたっています。



 科学者としての彼の功績は誰もが認めるところですが、僕はこのことと同じくらいに注目していることがあります。


 それは、彼は差別を乗り越えて世界平和のために闘った、人権感覚にすぐれた人物でもあるということです。



 まず、彼はユダヤ人です。



 大学卒業後の就職のとき、研究室の助手も、ギムナジウム (中学校と高校を合わせた中等教育機関) の教員の口もだめでした。


 やむをえず、理科のギムナジウムの臨時教員になりました。


 アインシュタインはこの就職がうまくいかなかった背景には、ユダヤ民族差別があったと悟っています。



 次にナチスの迫害があります。

 ユダヤ人であるということだけの理由で、命をねらわれたのです。



 しかし、彼は国外への移住を決断して実行したので、これらの差別に身を滅ぼされることはありませんでした。



 1879年、彼はドイツのウルムで生まれています。

 父親は電気工事店を営むユダヤ人でした。



 3歳になっても言葉がうまく話せない子でした。

 特に不得意だったのは歴史と語学です。



 ともにたくさん覚えるということが不可欠な教科ですね。

 さらにスポーツや音楽も苦手でした。



 1895年、スイス連邦工科大学の入学試験に不合格になってしまいました。

 歴史と生物、語学ができなかったためです。



 しかし、数学と物理は最高点で、翌年合格することができたのです。


 1年浪人したんですね。



 僕も浪人体験があります。

 だから当時のアインシュタインの不安な気持ちが少しわかるような気がします。



 高校生でもない、大学生でもない、社会人でもないという不安定な体験は、今となってはむしろあってよかったとさえ思います。

 今でもその境遇で努力している人の立場に立って考えることができるからです。



 1914年、第一次世界大戦が始まります。


 「科学は平和のためにこそ戦うべきです」



 アインシュタインはヨーロッパの平和と統一を呼びかける 「ヨーロッパ人への宣言」 に署名し戦争反対を訴えました。



 戦争は最大の人権侵害ですね。

 なぜなら、罪もない人々の命を一方的に奪っていくのですから。



 1915年にはフランスの作家ロマン・ロランと会い、命がけで平和運動をしている人たちを助ける方法について話し合いました。



 1921年、ノーベル物理学賞を受賞します。

 賞金は日本円にして約2000万円です。



 しかし、このお金は全額、離婚した元妻のミレーバという女性に渡されました。



 名声が高まるにつれ家庭を顧みなくなったアインシュタインの、元妻と2人の子供たちに対するせめてもの罪滅ぼしだったのでしょうか。



 その潔さには脱帽ですね。


 しかし、ナチスが台頭してくると、ユダヤ人であるというだけの理由で身が危険になってきました。



 彼は

 「ナチスに味方するプロシア科学アカデミーにとどまることは、科学者としての良心が許しません」

 と言って辞めてしまいます。



 ついに1933年、アメリカへ旅立ちます。



 その後、生涯ヨーロッパの土を踏むことはありませんでした。


 アインシュタインは、第二次世界大戦で原爆が使用されたことに大きなショックを受けています。



 この根本になる物理学の公式を彼自身が発見したことや、ナチスから世界を守るために、原爆開発をアメリカ大統領に勧めてしまったことを悔やんだのです。



 彼は残された生涯を原爆が二度と使われない世界をつくるためにささげたのでした。

 1949年、イスラエルの大統領になってほしいという要請がありましたが、これを断りました。



 1955年には入院中のベッドで 「ラッセル=アインシュタイン宣言」 に署名し、核兵器廃絶を世界に訴えています。



 差別に負けず、差別を乗り越えて懸命に生きたアインシュタインの生涯。



 科学だけでなく、基本的人権の視点から見た世界史上の重要人物としても、学ぶことが特に多いと思います。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/48-09bfe530