14 アニー・サリバン (1866年~1936年)



~障がい者差別を乗り越えて三重苦の少女に生涯をかけたアメリカの教師~



 「三重苦の少女」 とは誰のことでしょうか。

 ヘレン・ケラーという有名な女性です。



 目が見えない、耳が聞こえない、しゃべれないという、絶望的な3つの障がいが一度に来たんですね。

 普通に考えれば、社会生活ができるとはとうてい思えません。



 ところができるようになったのです。



 「奇跡の人」 「三重苦の聖女」

 などとよばれ、世界中で話題になりました。



 なぜできたのでしょうか。



 結論を先に言えば、 「アニー・サリバン」 がいたからです。



 アニーの目は小さいころは全く見えませんでした。

 父も母もなく唯一の弟も障がい者でした。



 弟は生まれつき足が悪くて、5歳のとき病気でなくなりました。

 お金持ちの善意の寄付で、7回手術してやっと見えるようになったのです。



 彼女はボストン・パーキンズ盲学校を優秀な成績で卒業しました。

 卒業のとき校長に呼ばれ、ヘレン・ケラーの住みこみの家庭教師という仕事を依頼されたのです。



 約半年間の勉強期間を終えて、次の年1887年の3月、アニーはヘレンの住むタスカンビアに旅立ちました。



 初対面のときは20歳、ヘレンは6歳でした。

 このときヘレンは、いつも手で食事をしている少女でした。



 戦闘開始です。



 最初の壁はヘレンの父親でした。

 アニーは家庭教師として、信念をもってきびしく教育に当たろうとしましたが、6歳のヘレンは暴れます。



 父親は

 「この子がかわいそうで、今までどんなことをしてもしかったことがない」



 「ミス・サリバン、ヘレンに勝手にさせてやって下さい」

 「君は雇い主の私にさからうのか」



 「明日の汽車でボストンへ帰ってもらおう」

 などと、さんざんの言葉を浴びせます。



 しかし、アニーは一歩も引きません。



 母親は理解してくれました。

 「いいえ、サリバン先生は正しいことをなさっているのです。



 母親の私がやらなければいけなかったことを、私のかわりに」



 1887年、出会って1カ月後、ヘレンは指文字で言葉を覚え始めました。

 抽象的な言葉もどんどん身につけて行きました。




 1890年、9歳のヘレンは、ホレース・マン学校のサラ・フラー校長について発声訓練をはじめ、2か月後話せるようになりました。




 1899年、ハーバード大学女子部ラドクリフ大学に合格しました。

 ヘレンの猛勉強も大変でしたが、アニーはもっと大変でした。




 教科書は少なく、授業の内容を正しく伝えるために、ヘレンの倍も勉強しなければならなかったからです。




 さらに、次の壁は夫です。




 1905年、アニーは結婚し、ヘレンと夫との3人の共同生活が始まりましたが、結局離婚しました。




 「僕はヘレンの分身と結婚したわけじゃない。

 さようなら、アニー」



 という別れの言葉を残し、夫は去って行きました。




 アニーはヘレンとともに生きることをライフワークとしたのでしょうか、たとえ夫が去っても、ヘレンと生きることだけは譲りませんでした。



 1921年からは、アメリカ盲人協会の依頼でヘレンの講演活動が始まり、31年には世界盲人会議が始まりました。


 「人間にとって幸せとは、自分が世の中に役に立っているとか、誰かに必要とされていると感じることなのです」




 「ただかわいそうだといって、お金や物を与えるだけでは何にもなりません」


 ヘレンはこう訴えました。




 これは、同時にアニーの言葉でもあるのです。



 
 僕は障がいを持たない人が、障がいを持つ人々に対して、ただ 「かわいそう」 ということでお金や物を与えるだけならば、上から目線で人を見下してしまう危険があると思います。




 かつての僕自身もそうでした。




 自分自身の反省を含めて、こういう 「見下した」 意識で障がいを持つ人々に接するならば 「同情という名の差別」 にあたると思います。




 このことは障がい者差別だけでなく、他のあらゆる差別にも共通することだと僕は考えています。


 なぜアニーとヘレンはさまざまな障がい者差別と不自由を乗り越えて、納得できる人生を送ることができたのでしょうか。




 それは、生きる課題を共有することができたからだと思います。




 ヘレンの課題はアニーの課題でもあったのです。




 アニーの生き方に深い共感を覚えるのは、きっと僕だけではないと思いますがいかがでしょうか。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/43-07fe9215