10 マルクス (1818年~1883年)




~労働者の立場に立ち国境を越えて働く人を大切にしたドイツの経済学者~




 社会主義を唱えて世界にきわめて大きな影響を及ぼした人物ですね。



産業革命にともなう資本主義経済の発達により、少数の豊かな資本家と、多数の長時間労働と低賃金に苦しむ労働者という社会問題が発生しました。



マルクスは世界史を階級闘争の歴史とみなし、この現実の社会問題を科学的に分析して、資本主義社会にかわる新しい平等な社会の実現をめざしました。



 彼のこの考え方は 「科学的社会主義」 と呼ばれています。



 僕は社会主義者ではありませんが、マルクスの基本的な考え方には共感できる部分があると考えています。



 それは根本において、資本家という権力者ではなく、労働者の立場に立ち、平等という基本的人権の大切な部分を重視している点です。



 この考えを実践する社会主義国家とよばれる国々がたくさん生まれたのも事実です。

 代表例をあげればロシアの前身にあたるソ連、中国、北朝鮮などです。



  しかし、ソ連は近年崩壊し、中国ではノーベル平和賞を受賞する人物が監獄に閉じ込められ、北朝鮮では国外逃亡者が後を絶たない、ということが現実におこっています。



 これはいったいなぜなのでしょうか。



 マルクスは、ドイツ中西部の古都であるトリールで生まれたユダヤ人です。

 ユダヤ人が長い歴史の中で、さまざまな民族差別を受けてきていることは世界中でよく知られていますね。



  経済学者である彼は友人のエンゲルスとともに 「共産党宣言」 や 「資本論」 で労働者階級が、革命によって生産手段を社会化することが必要と訴えました。



 差別の解消につながることも考えられますが、資本主義社会を根本から否定する過激な思想ともとらえられ、賛否両論の意見が個人、社会、国家レベルまで議論されました。



 彼はベルリン大学を卒業した後に新聞の編集長をやっていました。

 個人的にはイェニーという名の女性と結婚します。



 マルクスより4歳年上の男爵の娘でした。

  トリール第一の美人と噂される女性で、周囲の反対を押し切って結婚したのですね。



  しかしこのイェニーは、生涯マルクスに寄り添い、その後の過酷な迫害や貧困、差別にも耐え続け、彼を献身的に支え続けています。



 お金には無縁でも満ち足りた二人の結婚生活は 「社会主義的ロマンスの鑑 (かがみ)」 とまでいわれました。



 イェニーは良き妻・母であるうえ、他人が幸せでいるようすを見ることで自分も満たされるという優しい人柄だったため、多くの仲間がマルクス家に集まりました。



 その人柄には多くの共感者が出たのですね。


 やがてマルクスは過激な思想家ととらえられて祖国を追われ、ロンドンに亡命し、どん底の生活を余儀なくされます。



 次にパリに移って雑誌の編集長になりますが、ここでも思想が危険視されてパリも追われることになります。



 そこで、当時表現が比較的自由とされた、ベルギーのブリュッセルに落ち着きました。

2歳年下のジャーナリストであるエンゲルスは、そんなマルクスを経済的にも援助しました。



 しかし、1848年、フランスで二月革命がおこると、マルクスは逮捕されてしまいます。

 彼の名がベルギー政府の危険人物一覧のトップに載っていたためです。



 僕は働く人々を大切にするマルクスの考え方は、形を変えながら世界のさまざまなところで生かされてきていると思います。



たとえばドイツのワイマール憲法の社会権、日本の労働三権もそうです。



「ワークライフバランス」 という考え方も、根本的には過酷な労働からの解放という、人間を大切にした大きな意識改革につながっているのではないでしょうか。



 「ブラック企業」 「ブラックバイト」 という言葉になって出てくるほど、昨今の多くの働く人々を取り巻く環境には、とても厳しいものがあります。



 僕と同じ職業をしている人の中で、若くして亡くなった人の中にも、あれは過労死ではないか、と考えられる知人が何人かいます。



 働くことは大切です。



 同時に健康的な人間としてどう生きるか。



 マルクスの考え方の中に、この答えの一つがあると考えるのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/39-b9d6acb8