5 ドラクロア (1798年~1863年)




~民衆の立場から七月革命を世界に広げたフランスの画家~




 ドラクロアはフランスの激動の時代を生きぬいた画家です。

 彼の生存中に、フランスでは自由を求めた大きな革命が3回ありました。



 フランス革命、七月革命、二月革命の3つですね。

 さらに共和政が2回、帝政も2回、バイロンが駆けつけたギリシアの独立戦争もこの時期におこりました。



 彼の作品の中で、僕が特に注目したいのは七月革命を題材にした 「民衆を導く自由の女神」 とギリシア独立戦争を題材にした 「キオス島の虐殺 」の2点です。



 1789年におこったフランス革命の後、ヨーロッパはどうなってしまったのでしょうか。



 フランスの当時の国王ルイ16世をギロチンの刑で処刑したため、周辺の諸国は驚いてフランスに干渉戦争を仕掛けてきました。



 絶体絶命の大ピンチです。



 ここで登場したのが有名なナポレオンです。

 フランスを守るだけにとどまらず、強すぎて逆にヨーロッパのほとんどを征服してしまったのです。



 しかし長続きはせず、やがてナポレオンは没落しました。



 1814年に開かれたウィーン会議では、ナポレオン戦争後のヨーロッパをどうするか、ということがヨーロッパ各国の代表によって話し合われました。



 オーストリアの宰相メッテルニヒを議長としたこの会議の結論は


 「ヨーロッパをフランス革命前の状態にもどす」


 ということでした。



 支配者にとって都合のよい、歴史の逆もどりですね。



 こうしてフランスは再び絶対王政の復活に向かっていったのです。


 しかし国王シャルル10世のとき、自由を求めた民衆の不満は、再び爆発しました。



 これが1830年におこった七月革命です。



 ドラクロアは、パリ近郊のサン・モーリスという町で外交官の子として生まれました。

 1805年、いとこが住んでいたノルマンディー地方で見た絵画にとても感動して、美術に興味を示すようになりました。



 1816年には美術学校に進学して、1822年、「ダンテの小舟」という作品で、サロン(官展)に入選しています。

 高校の世界史の教科書にも登場する名作 「キオス島の虐殺」 を発表したのは1824年のことです。



 彼はバイロンを敬愛していました。



 ギリシア独立戦争でオスマン帝国軍がキオス島で虐殺、略奪を行ったことに憤然とし、自由のためにこの作品を通して世界に訴えたのです。



 ドラクロアは目撃者に様子を聞き、オリエンタルな服をスケッチして作品を完成させました。

 現在はパリのルーブル美術館に所蔵されています。



 1830年には有名な 「民衆を導く自由の女神」 を発表します。

 僕は絵が得意ではありませんが、とても好きな絵の1つです。



 「栄光の3日間」と呼ばれるバリケード戦の末に、ラファイエットを国民衛兵総司令官とする革命派が勝利し、国王シャルル10世を亡命に追い込みました。



 青・白・赤の三色旗は

 「自由・平等・博愛」



 を表し、現在のフランスの国旗になっています。

 自由の女神がこの三色旗を片手に、厚い胸もあらわに民衆の先頭に立って、自由のために戦いをいどんでいます。



 とても激しい絵ですが、ドラマチックな感動を覚えるのは僕だけではないと思います。



 ドラクロアは七月革命に直接参加したわけではありませんが、彼の熱い思いは十分に伝わってきます。

 一般民衆の立場に立ち、自由という基本的人権を深く愛し、画家として自分自身も自由な創作活動に生きた人物です。



 絵画という一目でわかる強烈な作品を通して、彼が訴えた内容はあまりにも重要です。



 有名な詩人のハイネも、パリのサロンでこの絵を見て、その衝撃に思わず立ちつくしました。



 ドラクロアは、僕が共感できる 「自由」 を世界に広げ、人権尊重の生き方をした熱い人物の一人です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/34-14d4cce7