1 ベートーヴェン (1770年~1827年)




~王侯貴族の特権である音楽を一般民衆に広げたドイツの大作曲家~




 「人々のために曲を書くときのほうが、そうでないときよりも、ずっと美しい曲を書くことができる」


 ベートーヴェンのノートに書かれていた言葉です。



「そうでないとき」とはいったい何でしょうか。



 それは貴族や王のために作曲することを意味しています。



 ベートーヴェン以前の音楽作品は、ある特別の人たちだけのものだったのです。

 CDもなくテレビもない時代です。



 音楽は王侯貴族の特権でした。


 彼はいつも一般の人たちに音楽を聴いてもらいたいと思っていました。



 彼が目ざしたのは 「民衆のための音楽」 ですね。


 時代も国境も超えた不滅の名曲を次々に作り上げた大作曲家です。




 僕もベートーヴェンの音楽には好きな曲がたくさんあるので、気軽にコンサートに行ったり、何枚かのCDで時々楽しんでいます。



 同時に彼はさまざまな差別を受け、それを乗り越えて生きた人物だと考えています。



 その延長線上に希望と喜び、勇気があり、それらをすぐれた音楽にして人々に伝えたので、200年たった今でも世界中で愛され続けているのだと思います。




 では、ベートーヴェンはどんな差別にあったのでしょうか。



 まず身分差別です。



 彼は貴族ではありません。


 ヨゼフィーネという貴族の女性に求婚したときに、即座に断られました。



 「それはできません。私はかつて伯爵(はくしゃく)の妻だった者。

 4人の子どもたちの教育という役目もあります。



 あなたのお気持ちをお受けするわけにはまいりません。」

 と言われてしまいました。



 男性として、ただ好かれなかったと言ってしまえばそれまでですが、

 「私とあなたは身分が違うのよ」



 という意味の発言の背景には、いったい何があるのでしょうか。



 ジュリエッタという貴族の女性の場合もそうです。

 ベートーヴェンと深い恋愛関係になり、若き日の名曲ピアノソナタ 「月光」 は彼女のために作曲されています。



 しかし、ジュリエッタは親の勧めでさっさとイタリアへ嫁ぎ、ベートーヴェンはとり残されてしまいました。



 このような例は他にもあり、共通点があるのではないか、と僕は考えています。




 次に、障がい者差別です。




 「聴覚を失っていく」 という過酷な運命にさらされます。

 音楽家として絶望的な状態に追い込まれ、一時は自殺まで考え、遺書まで書きました。




 自分自身を差別することにもなってしまったのです。



 ベートーヴェンは、これらの差別とピンチを勇気をもって乗り越え、後に数々の名曲を生み出したことは世界中でよく知られている事実ですね。



 一方的ではありますが、尊敬していたナポレオンにも事実上裏切られています。


 交響曲第3番 「英雄」 は僕の好きな曲の一つですが、実は当初はナポレオンのために書かれた曲なのです。




 「自由・平等・博愛。

 ナポレオンはこの考えのもとに世を変えてくれる。




 たとえ貴族でなくても、努力しだいで立派な人間になれる時代が来る。」

 と熱く友人に語りました。




 しかし、結局ナポレオンは皇帝になって権力をにぎり、独裁政治になってしまいました。


 ベートーヴェンの失望と怒りは激しく、この名曲の表紙を破りすてたと伝えられています。




 長い間王侯貴族に隷属し、支配され、差別され続けてきた音楽家たち。


 ベートーヴェンはこの差別的な社会を、音楽を通して自由で平等なものにしようと、精いっぱい生きた人だと思います。




 音楽だけでなく、彼の自由と平等をめざした生き方そのものにも注目したい世界史上の人物だと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/30-ff6f3cd9