1 モーセ (前13世紀頃)




~ユダヤ民族を奴隷から解放した預言者~




 モーセはキリスト教やユダヤ教、イスラム教からも大預言者として大切にされている人物です。

 ユダヤ人の子としてエジプトで生まれました。



 当時ユダヤ人は弾圧の対象になっていて、民族の苦難の時代でした。

 エジプト国王は 「ユダヤ人の男児は出生と同時にナイル川に投げ込め」 という命令を下していたのです。



 明らかな民族差別ですね。



 このエジプト国王は、ラムセス2世といわれています。


 古代エジプト最強の国王として知られ、アブシンベル神殿をはじめ、数々の巨大な遺跡を現在に残した人物としても有名です。



この命令により、モーセは生まれたときに殺される運命にありました。



 人間を人間とも思わない 「人権侵害」 は、古代からこんな形で世界のあちこちで存在していたのですね。


 しかし幸運なことに、死ぬ運命にあったモーセは、置き去りにされたナイル川の岸辺から拾い上げられて、からくも生きのびることができたのです。



 彼を助けたのは、何とラムセス2世の王女だったのです。

その後、王女の養子として成長することができました。



 ところが、ある日とんでもないことがおこります。

 モーセは殺人を犯してしまったのです。



 ユダヤ人の同胞を訪ねようとしたとき、彼らに対する奴隷監督の残忍なふるまいを、見るに見かねたのでしょう。

 エジプト人を打ち殺してしまったのです。



 殺人罪で追われる身となったモーセは、アラビア半島のミディアンという地方に逃れました。

 そこでその地の女性と結婚して、羊飼いになりました。



 ラムセス2世の死後、モーセは羊の群れを追って神の山ホレブに来たとき、ヤハウェの神の声を聞き、自分の使命を悟ったといいます。



 エジプトにもどって次の国王のもとへ行き、ユダヤ人の解放を訴えました。



 この国王はラムセス3世と考えられています。

 国王にとっては、ユダヤ人の奴隷は財産であったので、この訴えを受け入れずに黙殺しました。



 しかし、その後国中にさまざまな災いがおきたので、ユダヤ人の解放を許可したのでした。

 彼らは急いで財産をまとめ、エジプトを後にしました。



 これが旧約聖書に書かれている 「出エジプト」 というできごとです。

 エジプトを脱出した一行は、現在のイスラエルのあたりであるカナンというところをめざして進みはじめました。



 ところが、その間に国王は気が変わり、軍勢が一行を追ってきたのです。

 「葦の海」(あしのうみ) と呼ばれる海の手前で追いつかれそうになり、ユダヤ人一行は絶体絶命のピンチになりました。



 一難去ってまた一難です。

 やっとつかみかけた自由への道です。



 断じて譲るわけにはいきませんね。

 そのとき海が2つに割れ、一本の道が現れたのです。



 一行はこの道をたどって対岸へ逃れることができました。

 一方追いかけてきたエジプト王の軍勢は、海に沈んでのみ込まれてしまったのです。



 こうしてエジプト脱出に成功した一行は、飢えや渇きと闘い、シナイ半島の王たちとも戦いながら40年にもわたって荒野を放浪し、ようやくカナンを望む地に至ったといいます。



 高齢のモーセはカナンに入ることはできず、指揮権をヨシュアにゆだねて亡くなりました。



 ここで考えられることとして、差別者はエジプト国王であるラムセス2世、3世であることは明白です。

 民族差別を受けたのはモーセをはじめとするユダヤ民族です。



 モーセは人間としての自由を求めて立ち上がり、その生涯を捧げました。



 奴隷を解放した勇気ある行動力と生き方に共感を覚えるのは僕だけでしょうか。



 宗教的なことはともかくとして、自由のために差別と闘った、世界史上特筆されるべき人物だと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/3-c0e0a623