FC2ブログ
1 田沼意次 (1719 ~ 1788)3uwl1b






~権力を勝ち取っても息子を殺され城を破壊された老中~






 田沼意次(おきつぐ) は600石の旗本から5万7,000石の大名に大出世した江戸後期の有名人です。




 老中と側用人を兼ねて、権力をほしいままにしました。

 特に1767年~86年までの約20年間は「田沼時代」 とまで呼ばれました。



 彼の商工業を中心とする積極的な政策は再評価されつつあります。



 しかし、この権力は晩年に急に剝奪(はくだつ) され、居城もすべて取り壊されてしまいました。




 この悲劇の背景にはいったい何があるのでしょうか。




 意次の父親が徳川吉宗に付いて江戸へ来て、旗本に取りたてられたのがきっかけです。




 9代将軍徳川家重は意次の才能を認め、次の将軍に彼を大切に取りたてるようアドバイスをしています。




 この次の将軍が10代将軍徳川家治(いえはる) です。

 「余にかわってそちの手腕を発揮してほしい」




 意次は家治の全面的な信頼のもとに、積極的に政治を行い、トントン拍子に出世していきました。



 遠江の相良に城を持つ大名にまでなりました。

 「商業などをさかんにし、民の力をたくわえることが大切です」




 従来の米中心の経済を、商工業・物流経済に転換させることに努め、景気の高揚を実現させました。



 長崎貿易を拡大して、金銀も獲得しています。

 外国の文化を学ぶことも必要と考え、蘭学者の平賀源内にも理解を示して重んじています。




 延々と鎖国を続けていたこの時代にあって、とても開明的な考え方ですね。

 さらに、家柄にとらわれない人材活用も行いました。




 ところが、田沼邸には自分を取りたててもらおうと、多くの人々が賄賂をたずさえてやって来るようになったのです。




 噂はどんどん広がり、意次は賄賂をとる老中として有名になってしまいました。

 大奥にもつけとどけをして、ご機嫌取りをやっています。




 巧みな弁舌で女性たちを味方にしました。

 将軍家治の側室、蓮光院(れんこういん) にも手を出して、男女の仲になっています。




 彼女も権力志向だったので、意次とは利害が一致したともいわれています。

 こうなるとねたまれますね。




 もともと身分的には高い地位にあったわけではありません。




 他の老中の一人にうっかり礼を返すことを忘れたなどという、ちょっとしたことでどんどん政敵が増えていきました。




 悲劇はまず、息子の若年寄、田沼意知(おきとも) から始まりました。

 江戸城内で刺し殺されたのです。




 だれも止めず、医師まで手当てをしませんでした。

 わずか36歳の若さでした。




 父親の意次にとっては、計り知れない打撃と心労になったことでしょう。

 1782年からは5年にもわたる天明の大飢饉に見舞われます。




 政敵を多く作った意次は、この自然災害まで「田沼のせいだ」 と責任をなすりつけられてしまいました。




 これは彼のせいではないでしょう。

 1786年、将軍家治が亡くなると、意次はたちまち老中をやめさせられました。




 11代将軍家斉(いえなり) には弁明のための上奏文を書いて訴えましたが、相手にされませんでした。




 老中の地位は寛政の改革で有名な松平定信に奪われたのです。

 8代将軍吉宗の孫です。




 その定信も意次の計略で、白河藩に養子に出され将軍になることができなかったのです。

 ここでも恨まれていますね。




 意次はやむをえず、下屋敷でひっそりと暮らしました。

 2年後、心血を注いで築いた相良城も完全に取り壊されてしまいました。




 このショックは言葉に尽くせないものだったと思います。

 意次はそれから5か月後にこの世を去っています。





 僕は、意次は民衆に目を向けたという視点から、もっと評価されてもよい人物だと考えています。





 地位と権力へのこだわりから解放されていなかったことが悔やまれますね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/267-cfca546a