FC2ブログ
3 徳川家光 (1604 ~ 1651)3uwl1b






~両親からの愛情に飢え心労に振り回された3代将軍~






 徳川家光が、自殺未遂をしたことがあるのをご存知でしょうか。

 9か月にわたる引き籠りも経験しました。




 男色趣味があり「男色将軍」 と呼ばれたこともありました。

 3代将軍家光といえば、参勤交代や鎖国で有名です。




 幕藩体制をゆるぎなきものに整えた「強力な将軍」 というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。



 しかし、彼の寿命は祖父の家康や父の秀忠よりも短いのです。




 この背景には、いったい何があるのでしょうか。




 彼が生まれた時には、すでに江戸幕府が成立していました。

 「生まれながらの将軍」 というわけですね。




 2年後に、弟の国松が生まれます。

 しかし、家光は勉強が苦手だったのです。




 何かにつけて弟と比較され、両親や家臣までもが兄の方が劣っている、ととらえていました。

 この劣等感は、生涯にわたって家光を苦しめることになります。




 「自分は将軍になれない」

 絶望して、剣で自殺をしようとしました。




 これを止めたのは、乳母の春日局(かすがのつぼね) です。

 彼女は駿府まで足を運び大御所家康に直訴して、家光の3代将軍就任を指名させました。




 1623年、20歳のときに家光は京都の二条城で3代将軍になりました。




 しかし、まだ父の秀忠が健在だったので、自分の思うようになるのは父の死後、1632年以後になります。




 1625年、左大臣で関白の娘、鷹司孝子(たかつかさたかこ) と結婚します。

 ところが家光は、この新妻に見向きもしませんでした。




 即座に、江戸城の本丸から中の丸に遠ざけています。

 男色趣味ですね。




 女性に興味がないのです。

 近侍や小姓を相手に、愛欲にふけりました。




 家光が手をつけた小姓の中でも、最も寵愛されたのが堀田正盛です。

 次に酒井重澄(しげずみ) でした。




 ただし、重澄は後に家光から所領を没収された上で、自刃で果てるという悲惨な最期を遂げています。



 理由は、子どもを作ってはいけないという家光の命令に背き、妻だけでなく妾にも子どもを産ませていた事実が発覚したからです。




 家光は嫉妬に怒り、このような厳しい処分を下したのです。

 権力とはいったい何のためにあるのでしょうか、考えさせられますね。




 女装趣味もありました。

 幼少のころから、合わせ鏡を見ては化粧をしていました。




 家臣たちから「バカ殿」 という陰口までささやかれたほどです。

 さすがに乳母の春日局も心配し、次々に絶世の美女を家光に引き合わせて努力しました。




 その甲斐あってか、やっとのことで成果が出ました。

 長男の家綱が誕生しました。




 後の4代将軍ですね。

 34歳のときには「うつ病」 にもかかっています。




 このときは、9か月にもわたって引き籠り、人前に出ようとしませんでした。

 1637年には歴史上有名な、島原・天草一揆が九州で発生します。




 これは相当こたえたのではないでしょうか。

 家光は家康や秀忠とちがって、戦場に出た経験がありません。




 この大規模な一揆を抑えられなければ、苦労してなった将軍の地位も危うくなるからです。




 忠長という名で元服していた弟の国松は、すでに自殺に追い込んでありましたが、心労に心労を重ねたことは容易に想像できます。




 いてもたってもいられなかったのではないでしょうか。

 1651年、家光は48歳で死亡しました。




 死因は「徳川実記」 によると、「痞(ひ)の病」 と書かれています。

 内臓に生ずるしこりのことです。





 僕は、これは度重なるストレスからくる癌(がん) ではないかと考えています。


 いずれにせよ、幼少のときから生涯にわたって、心労から解放されていません。





 将軍という地位にこだわりすぎさえしなければ、もっと解放された私生活が送れたのではないでしょうか。





 そしてもっと健康で、もっと長生きをすることも可能だった、と思うのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/260-06054afa