11 ジェファソン (1743年~1826年)




~植民地解放のために戦ったアメリカ独立宣言の起草者~




 名文と呼ばれるアメリカ独立宣言の一部を見てみましょう。



 「われわれは次のことが自明の真理であると信ずる。



 すべての人は平等に造られ、造化の神によって、一定の譲ることのできない権利を与えられていること。

 その中には生命、自由、そして幸福の追求がふくまれていること。」



 これはトマス・ジェファソンが考えた文章で、人間の自由・平等を主張しています。



 さらには圧政に対する反抗の正当性も述べられ、後のフランス人権宣言とともに、近代民主政治の基本原理になっています。



 ジェファソンはヴァージニア植民地の西部で大農場主の子として生まれました。

 大学で科学と法律を学び、24歳で弁護士になりました。




 その2年後にあたる1769年、ヴァージニア植民地議会議員に選出されて、政治家としての道を歩みはじめました。




 1774年の第1回大陸会議では 「ブリテン領アメリカの諸権利の概観」 を発表して、次のように説きました。


 「植民地はイギリス本国と平等な自治を許されるべきである」

 


 この論文によりジェファソンは本国イギリスに対する抵抗運動の理論家としてたちまち頭角を現し、2年後の1776年には、33歳の若さで 「アメリカ独立宣言」 を起草することになります。




 7月4日はアメリカ合衆国の独立記念日として、今日まで毎年盛大に祝われています。

 後に彼は第3代の大統領も務め、政治的にも活躍しています。




 「1800年の革命」 とよばれる民主主義的政策をいくつも行い、フランスからミシシッピ川以西の広大なルイジアナ州を購入して、国土の面積を倍増させました。




 教育にも力を入れ、1825年に彼が開校させたヴァージニア大学は現在も健在で、アメリカの名門校の一つになっています。



 後の大統領リンカーンは、ジェファソンのことを 「アメリカ民主主義の父」 とよんで高く評価しました。




 しかし、大きな課題もありました。




 これだけ自由・平等を高らかに謳っているジェファソン自身が、200人もの黒人奴隷を抱える大農場主であり、彼らには自由も平等も認められていませんでした。




 この矛盾は独立直後から黒人側から指摘され、忠告されたのです。


「イギリスが植民地に対して行っていることを、自ら黒人に対して行うような矛盾をおかさないように」




 ジェファソンの奴隷制に対する態度は、死ぬまであいまいだったといわれています。


 彼は後に 「奴隷廃止に関する提案」 をしましたが、南部農園の反対で否決されてしまいました。




 この問題は、1861年の南北戦争でリンカーン大統領が出した 「奴隷解放宣言」 により一見解決したかのように見えます。



 しかし、実際には奴隷という呼び名がなくなっただけで、黒人差別はその後も長く続き、21世紀になっても現在まで持ちこされています。




 自由の国アメリカも人種・民族差別については根強い深刻な課題があるといえますね。


 後にこの問題に正面から真剣に取り組んだ人物が、公民権運動で有名なキング牧師です。




 そのキング牧師も最後は暗殺されていることをご存知の方も多いでしょう。




 差別はなくなっていません。




 僕はジェファソンは人権感覚に優れた人物だと思うし、独立宣言もすばらしい内容で、世界中の人々が学ぶことの多い大切なものと考えています。




 ただ残念なことは、独立宣言でいう 「すべての人」 の中に、黒人や先住民族であるインディアンが含まれておらず、除外されているのです。




 「黒人もインディアンも同じ人間だ」




 こう言い切るのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/26-574caeec