6 足利義尚(よしひさ) (1465 ~ 1489)3uwl1b






~権力争いと家庭不和に翻弄されて若死にした将軍~






 室町幕府の9代将軍です。

 銀閣寺で有名な、8代将軍足利義政の息子といったほうがわかりやすいでしょうか。




 父は芸術を見る目は超一流と噂され、東山文化を築いた文化人です。




 この時期になると幕府の権威も衰え、守護大名への抑えがなかなか効かなくなっていた時代です。




 そんな中でも義尚は、歴代の将軍には珍しく、自ら出陣して守護大名と勇敢に戦いました。

 しかし、彼の寿命はわずか25年。




 この早すぎる死の背景には、いったい何があるのでしょうか。




 義尚の母親は、日野富子です。

 彼女も歴史上の有名人の一人ですね。




 その金と権力をめぐった悪女ぶりを描いた書籍が、多数出版されています。

 義尚が生まれる以前に、すでに将軍の権威は地に落ちたも同然の状態でした。




 1441年、嘉吉の乱(かきつのらん) で6代将軍足利義教は、守護大名の赤松満祐(みつすけ) の罠にかかり、暗殺されていたのでした。




 その後、9歳で即位した息子の義勝も急死、その弟の義政はわずか8歳で8代将軍に就任したのでした。

 これでは思うようになるはずがありませんね。




 もともと政治にはあまり関心がなかった義政は、趣味に走ることになりました。

 結婚後、妻の日野富子との間に男子が生まれましたが、不幸にも夭逝。




 1465年には政治に嫌気がさし、将軍引退を決意します。

 この時点で後継者になる子どもがいなかったので、出家していた弟の義視(よしみ) を呼び寄せました。




 自分の後の9代将軍になってほしいので、還俗(げんぞく) して準備をせよ、ということですね。

 「もしその後に富子が男子を産んだら、すぐに出家させる」 という約束までしました。




 後見人は実力者、管領の細川勝元です。

 しかし、これが結果的に二枚舌になってしまったのです。




 よりによって、この約束をした翌年に義尚が生まれたのでした。

 将軍の子を再び産んだ妻の富子は、予想通り黙っていませんでした。




 有力守護大名の山名宗全(やまなそうぜん) を後見人につけて対抗してきました。

 天下の大乱、応仁の乱の始まりです。




 1467年のことです。




 有力守護大名の畠山氏や斯波氏の後継者問題も絡んで、約10年間にわたって京の都は戦場になり、無残にも焼け野原になりました。




 この世の地獄のような風景になってしまったのです。

 結局1473年に、義尚は9代将軍になり、77年には乱が終了しました。




 しかし、引退した義政は東山山荘づくりに夢中で、政治には無関心。

 富子は関所を勝手につくって通行税をとる金儲け一筋の毎日でした。




 庶民にとってはいい迷惑ですね。

 後土御門天皇との不適切な関係も噂されました。




 こんな両親に、成長した義尚が反抗しはじめます。

 しかし若い義尚は、金と女性に毒されてしまいました。




 次第に政治の刷新には見向きもしなくなっていきました。

 父義政の愛妾を平然と奪って、自分のそばに置いたり、貴族の娘を愛妾にしておきながら虐待したりしたのです。




 このことで義政とは大喧嘩になりました。

 髪を落として出家する寸前まで行きました。




 両親は別居、親子三人でまたしても大喧嘩をする始末です。

 現在でいう家庭崩壊ですね。




 それでも義尚は室町幕府の将軍です。

 両親に反抗をしながらも、幕府を立てなおそうと努力しました。




 荘園を守ろうと、近江の六角氏を従わせるために自ら出陣しました。

 しかし、長い間のもめごとによる心労がたたったのでしょう。




 体調は不調です。

 下痢とひどい黄疸に悩まされました。




 1489年3月、ついに義尚は若干25歳の短い生涯を終えました。

 ある意味では、両親の犠牲者だったのかもしれません。




 何とかならなかったのでしょうか。




 義政と富子はその後も生きていたのですから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/247-90a81481