8 藤原道長 (966 ~ 1027)






~権力を手にして怨霊におびえ続けて壮絶死した摂政~






 摂関政治の黄金時代を築いた有名人ですね。




 「この世をばわが世とぞ思ふ・・・」 で始まる短歌は、道長が権力をほしいままにしたことを凝縮した歌として広く知られています。




 数々のライバルたちを蹴落とし、4人の娘たちを次々に天皇の妃にしました。

 平安時代中期の権力の第一人者で、その栄華を謳歌した人物です。





 しかし、なぜか彼の晩年は怨霊におびえ続け、最期は絶叫しながら死んでいった痛々しいものであったことをご存知でしょうか。




 父の藤原兼家(かねいえ) は摂政です。

 兄たちは相次いで病死したので、道長は幸運にも順調に出世していきました。




 995年に内覧(ないらん) という天皇の補佐をする職に就きました。




 この裏には実の姉であり、一条天皇の母親でもある藤原詮子(せんし) が天皇に決めさせたという事実があります。




 姉を味方にしておくと強いですね。




 これで兄道隆の子であり甥にあたる藤原伊周(これちか) との出世競争に勝利することになったのです。




 翌年には左大臣、1000年には娘の彰子(しょうし) を強引に一条天皇の中宮に取りたてさせました。




 1016年には次の三条天皇を退位に追い込み、自分の孫である後一条天皇をわずか9歳で即位させ、摂政に就任しました。




 2年後にこの後一条天皇の中宮になるのも道長の四女である威子(いし) だったのです。

 こうなるともう怖いものなしですね。




 藤原道長の絶頂期の到来です。

 冒頭の短歌はこのときに詠まれたものでした。




 しかしその裏では、あまり広く知られてはいませんが、さまざまな権力争いと身内の不幸が相次いでおこっていたのも事実です。




 1018年には、一条天皇の第一皇子である敦康親王(あつやすしんのう) が20歳の若さで死にました。




 母親はすでに亡くなっていましたが、一条天皇が終生愛し続けた藤原定子です。




 本来なら天皇になるべき人でしたが、敦康親王は道長が反対したため、ついに即位することができませんでした。




 後ろめたさから、道長は怨霊に苦しみました。

 次に即位した三条天皇が皇太子にしたのは、敦明親王(あつあきらしんのう) です。




 親王の妻は藤原延子(えんし) といって藤原顕光(あきみつ) の娘でした。

 これにも道長は待ったをかけます。




 親王に圧力をかけて皇太子から降ろさせ、道長の19歳になる娘、寛子(かんし) を嫁がせたのです。



 ところが、まもなく顕光と延子が絶望と怨念の中で亡くなっただけでなく、寛子までもがあっけなく亡くなってしまいました。




 これにはますます怨霊の噂が広がりました。




 寛子の死から1ヶ月後、道長の六女嬉子(きし) が亡くなり、その2年後には息子の顕信(あきのぶ) も急死しました。




 先に三条天皇に嫁いでいた道長の二女妍子(けんし) や四女威子も顕光親子の怨霊に悩まされ続け、やがて妍子は34歳の若さで亡くなってしまいました。




 相次ぐ子どもたちの不幸に、さすがの道長も心労で焦燥します。

 胸が病める発作に見舞われるようになりました。




 体重が急激に落ち、のどが渇き、視力も衰えました。

 糖尿病の症状ですね。





 1019年、ついに道長は出家します。

 「病に悩まされて地獄に落ちたくない」




 この一心で必死に念仏を唱え続けました。

 しかし、胸の激痛にのたうち回り、泣き叫ぶ日々が続くというありさまでした。




 痛さで絶叫しても周囲をはばかる余裕すらありません。

 狭心症も併発していたようです。





 こうして栄華を誇った道長は、もがき苦しみながら63年の生涯を閉じました。

 相手かまわず権力に突っ走った男の自業自得の末路ですね。





 人を支配しようとする権力欲とその背景にある差別心。





 もっと謙虚にさわやかに生きる道はなかったのでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/230-a546de24