FC2ブログ
4 菅原道真 (845 ~ 903)






~地方の生活を楽しめずに孤独死した平安の秀才~






 学問の神様として有名ですね。





 京都の北野天満宮や、九州の太宰府天満宮などは、毎年多くの受験生や修学旅行生などでにぎわいます。




 菅原道真(すがわらのみちざね) がまつられているからです。





 学問の才能に優れ、政治的にも右大臣という高い位に就きました。





 当時の天皇をはじめ多くの人々から、その優秀さと誠実な人柄を認められ、現在に至るまで歴史上の有名人の一人です。





 しかし、道真の最期は都から遠く離れた九州で、しかも憔悴(しょうすい) しきった病死でした。





 いったいなぜなのでしょうか。





 845年、道真は代々の学者の家に生まれました。

 出身地は奈良とも京都ともいわれて諸説があり、特定できていません。





 小さいころから文章博士(もんじょうはかせ) になるのが夢でした。

 文章博士というのは現代でいえば、大学教授に近い役職でしょうか。





 勤勉な彼は、18歳で文章生(大学生) になり、26歳で最高の国家試験に合格してからは役人の道も歩むようになりました。





 そして877年、33歳という若さで文章博士になったのです。






 886年、急に讃岐国(さぬきのくに) の国司に任じられました。

 現在の香川県ですね。






 これは形の上では出世ですが、道真にとっては実質的に左遷でしょう。

 「政治の世界も学者の世界も、ねたみと悪口ばかりだ」





 この一言に彼の心境が凝縮されています。





 京の都から離れるのが苦痛で、讃岐への送別の宴席では嗚咽(おえつ) して話すこともできず、その夜は一睡もしませんでした。





 4年後の890年、帰京して宇多天皇のもとでめざましい出世をしていきました。





 藤原基経(ふじわらのもとつね) と対等に渡りあって、わがままを引っこめさせたり、遣唐使を建設的に廃止したのもこのころです。





 辞退する道真を、半ば無理やり右大臣にさせたのも宇多天皇です。

 よほど信頼していたのでしょう。





 将来は関白にするつもりでいました。





 政治的野心はなかったようですが、天皇が次の醍醐天皇(だいごてんのう) に代わると事件が起きます。




 藤原基経の後を継いだ左大臣、藤原時平に出世をねたまれ、謀反の罪をでっちあげられたのです。





 たまたま道真の娘が醍醐天皇の弟に嫁いでいたことを利用されました。





 弟を天皇にして醍醐天皇を退位させようとしているというのです。

 真相は本人にしかわかりませんが、これを聞いた醍醐天皇は烈火のごとく怒ります。





 時平の言葉を真に受けたのですね。

 道真を左遷しました。





 行先は九州の太宰府です。

 途中の旅路では、食料や替えの馬の補給も許しませんでした。





 901年、劣悪な環境の中で道真の左遷の生活が始まりました。

 相当な心労だったのでしょう。





 わずか2年後、失意の中でこの世を去りました。

 都を懐かしむ歌、天皇を慕う歌や怨念のこもった詩もつくりました。





 次々と都に送りましたが、何の音沙汰もありませんでした。

 僕は、道真自身は政治的地位という出世にはあまりこだわっていなかったと考えています。





 しかし、2度の左遷に次のような共通点が見えるのではないでしょうか。






 「京の都にいたい、四国や九州はいやだ」





 

 四国や九州の生活を、もっと楽しむことができなかったのでしょうか。






 上から目線で地方を見下した意識をもっていたのではないかと考えています。

 地域差別的な意識ですね。






 都には都の良さがあり、地方には地方の良さがあります。





 地方の人々も同じ人間です。





 対等にもっと楽しく有意義に、九州で生きる道があったのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/226-e6a8a30c