6 モンテスキュー (1689年~1755年)




~権力分散で自由をめざしたフランスの社会学の父~




 フランス絶対王政の黄金時代を築いた太陽王ルイ14世の晩年から、次のルイ15世の時代に生きた世界的に有名な啓蒙思想家 (けいもうしそうか) です。



 啓蒙思想というのは合理的な知を重んじて、偏見を批判する思想です。


 現在の日本でも、彼が唱えた政治制度が直接採用されています。



基本的人権の視点から、世界史上見逃せない、極めて重要な人物の一人だと僕は思います。



 モンテスキューは、ワインの産地として有名なフランスのボルドーで生まれました。

 7歳のときに母を亡くし、母の遺産を継いで男爵 (だんしゃく) という位の貴族になりました。



 ボルドー大学法学部を卒業し1716年、ボルドー高等法院副院長に就任しました。


 しかし、実務面にはあまり関心がなかったようで、1726年、37歳のときに辞職してしまいました。

 

 以後学究生活に入っています。

 彼が学究生活で深く追求したものは 「権力」 というものです。



 権力とは、つまりわかりやすく一言でいえば 「人を強制する力 」 のことです。


 社会に必要なものであることは納得がいきますが、間違って濫用されれば大変なことになるということも世界史が証明しています。



 たとえばドイツのヒトラー。



 ドイツの国会は 「全権委任法」 という法律を可決し、ヒトラーの独裁権を認めてしまいました。


 その結果、第二次世界大戦という破滅の道を歩むようになったのです。



 このような例はほかにもたくさんありますね。


 モンテスキューは、同一人物や同一官職団体に複数の権力が置かれるならば、自由はなくなると指摘しています。



 だから自由のためには権力分散が必要であると考えたのです。



 1748年、「法の精神」 という著作が出版されます。


 三権分立を唱えた本として世界的に有名です。



 20年かけて執筆された大作でもあります。


 三権とは立法、行政、司法の3つで、現在の日本ではそれぞれ国会、内閣、裁判所が担当しています。



 アメリカやイギリスなどでも三権分立が採用され、「国民の自由」 の獲得のために大きな役割を果たしています。


 またモンテスキューは 「権力分立で相互に抑制と均衡を保つことができれば、市民の自由と権利は保障される」 としています。



 日本の例でいうと次のようになります。



 衆議院は内閣不信任決議で内閣、すなわち政府をつぶすことができ、内閣は衆議院の解散をして国会をつぶすことができます。



 裁判所は違憲立法審査権により、国会が作った法律が憲法に違反するならば無効にすることができ、国会は裁判官に対して弾劾裁判 (だんがいさいばん) を実施することができます。




 さらに内閣と裁判所の間にも相互抑制と均衡の関係があり、モンテスキューの主張が具体的に実施されています。


 だから僕たちは合理的な義務と責任を果たせば、「法の下の自由 」 を享受することができるのですね。




 さらに、僕たち一般民衆は、選挙、世論、国民審査などの方法で、分散したとはいっても、3つの権力が行きすぎないようにブレーキをかけることもできるわけです。



 つまり国民が政治に参加することができ、その機会が平等に与えられているということです。


 
 しかし、これらは当然のようにすぐに実現したわけではありません。



 モンテスキューの生きた時代は日本では江戸時代にあたり、徳川氏が専制政治をしていたことは周知の事実です。



 明治政府もそうでしたし、近年では昭和時代の帝国主義とファシズムなど、およそ彼の主張とはかけ離れた政治が行われていました。



 その間幾多の試練があり、たくさんの人々が血を流して犠牲になり、その上に現在の自由が獲得されたわけです。




 僕たちは歴史を学べば学ぶほど、モンテスキューの権力分散の考え方が、いかに人間の幸福にとって必要な大切なものであったかを考えずにはいられませんね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/21-a27502bc