第3集 権力と心労に揺れた人々「世界史編」






                       おわりに






 権力はどうしても必要なものでしょう。

人を強制する力ですね。




これがないと、何でもかんでも自分勝手が横行し、収拾がつかなくなります。




あげくの果てには、争いが起こり、これが国家レベルになると戦争にまで発展することもあります。




こうなると、最大の人権侵害を野放しにすることになってしまいます。

これでは多くの人間が不幸になることは、数々の世界史が証明していますね。




だから、人権を守るためには、権力が必要不可欠になります。

基本的人権でいう「自由」 と「自分勝手」 は違います。




自分の自由を行使する前提条件として、他人の自由を尊重することが必要です。

「法の下の自由」 ということですね。




「自分勝手」 には、この必要最小限のルールが除外されているのです。

だから、平気で人に迷惑をかけることにつながるわけです。




 「平等」 もそうですね。




何でもかんでも同じという意味ではありません。

「形式的平等」 ではなく「本質的平等」 が大切になります。




表面から見ると一見違うように見えても、それは区別であって、実質的には平等になっていることがたくさんあります。




一例をあげれば、オリンピックで男女別に競技が行われ、その競技内容にも違いがあるのは、男女の本質的平等を具体化しようとしているからです。




 しかし、権威、権力というものが私利私欲のために行使されると、自由と平等を侵害することにつながります。



強制される人々がその権限を納得していて、支配される人々のために使われるべきでしょう。




権力者が自分たちだけのために、人々を支配する道具としてよく使われるのが「差別」 ですね。

対等な人間関係であるはずの者どうしでも、至る所で使われています。




差別意識から解放された人はこの矛盾がよく見え、解放されていない人はなかなか気づきません。




 このような意識から解放されていない人は、一度権力を手にすると手放すのが惜しくて、なかなか手放そうとしません。




支配、強制される側からの支持を失ったら、潔く手放すべきなのに、それどころか攻撃を加えて逆に排除しようとします。




今回僕が書いたブログの中では、ソ連のスターリンがその典型的な例といえるでしょう。




「そこまでやるか」 と思われることを次々にやっていますね。

そして、自ら墓穴を掘っています。




1,000万人もの多くの人を殺さなければならなかったという事実が、国民から支持されていなかった何よりの証拠です。




 他人どころか自分自身さえも信用できなくなり、権力を失う恐怖に脅え、心労と猜疑心に振り回された壮絶な人生だったと思います。




安心してゆったりとくつろげる時間など、ほとんどなかったのではないでしょうか。

このような生き方をしたいという人は、あまりいないと思います。




一見強そうに見える権力者も、一皮むけば臆病な小心者であることが多いのです。

たった一度の人生です。




もっと自由に、もっと楽しく生きたいですね。

世界史上には、このことを先人の事例として学べる人物がたくさんいます。




僕が今回取り上げた77人は、その中のほんの一例にすぎません。

歴史はただおもしろいだけでなく、先人の生き方を学んで役立てるべきです。




僕のブログのテーマは「人間の生き方」 です。

これは過去から現在、そして将来にもわたる人類の永遠の課題でしょう。




僕は役立つ歴史とは、成功も失敗も含めて「人間の生き方」 が学べる歴史だと考えています。

これには自由、平等などの基本的人権の獲得が欠かせません。




他にも僕がまだ気づいていない、対象になる人物がたくさんいるのではないかと思います。

ぜひ教えてください。




 そして共に学ぶことができたらすばらしいですね。
 


                                 発行者 大川原英智






<訪問者の皆様へ>



 このたびはご訪問いただき、誠にありがとうございました。

 世界史の人物エッセイとして、自分なりに一生懸命書いたつもりです。



 何か一つでも、みなさんの人間としての生き方、歴史の見方、人権に関することに役立つことがあったら、とても嬉しいです。



第3集 権力と心労に揺れた人々「世界史編」 は、一通り完結しましたので、今回が最終号になります。



 次回からは、第4集 権力と心労に揺れた人々「日本史編」 として更新する予定です。


 引き続きご訪問をいただきたく、お願い申し上げます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/208-73db7002