8 スターリン (1879年 ~ 1953年)





~権力と猜疑心の狭間で揺れたソ連の独裁者~





 その数1,000万人超。

 これほどたくさんの人間を殺した人物が他にいたでしょうか。




 しかも、その犠牲者の多くがソ連国内の人々だというから、さらに驚きです。




 世界初の社会主義国「ソ連」 を成立させたレーニンの後を継いで、急速な工業化と農業集団化を推し進め、ソ連の国力を増大させた人がスターリンです。




 しかし、彼は強大な権力を行使しながらも、その裏では猜疑心(さいぎしん) のかたまりのような人物だったとも言われています。




 なぜでしょうか。




 1879年、スターリンは黒海に近いグルジアで、貧しい靴職人の子として生まれました。

 父親は大酒飲みの怠け者。

 


 酔ってたびたび息子に暴力を振るいました。


 おかげで、彼は少年時代から粗暴でうたぐり深い人間になっていました。




 ロシア革命のときは、逮捕、流刑、脱出を繰り返しながらも革命活動に身を投じ、1912年以降、ボリシェビキの要職に就くことができたのです。




 しかし、レーニンは後継者としてのスターリンの資質を疑って悩んだといいます。

 権力の座に就くためには、手段を選びませんでした。




 まず、最大のライバルはレーニンの側近だったトロツキーです。




 手始めにトロツキーの息子を殺害し、次にダイナマイトと焼夷弾、機関銃で武装した男たちにトロツキーの別荘を襲わせました。




 かろうじてメキシコへ逃れたら、今度はメルカデルという名の刺客を送って殺害させています。

 ピッケルで頭を攻撃して抹殺しました。




 さらにキーロフという弁舌家も部下に命じて暗殺させ、その暗殺実行犯と目撃者、関係者もすべてこの世から消し去ってしまったのです。




 ものすごい執念ですね。




 有名な「カチンの森の大虐殺」 では14,000人のポーランド兵を銃殺して穴埋めにし、「白海運河」 の建設では25万人の労働者を犬死にさせています。




 集団農業においても、一言でも不満を漏らそうものなら大変です。

 即、シベリアなどの強制収容所に送られ虐殺されました。




 1934年に始まった反対派への「粛清」 は凄惨を極め、共産党中央委員の約70%の人々が銃殺刑で命を落としています。




 一般庶民の餓死者も600万人にのぼるといわれています。

 しかし、この強烈な独裁者も、自分が暗殺されるのを恐れて常にビクビクしていました。




 パーティーの食事は、必ず毒味役をつけ、空気に毒ガスが混ぜられていないかと空気の分析までさせました。




 極めつけは、彼の寝室です。




 鋼鉄のような頑丈な構造の寝室をいくつも作り、毎晩自分がどの部屋で寝ているかわからないようにしたのです。




 すべての部屋の窓に厚いカーテンをかけ、外からは決して光が見えないように工夫しました。

 恐ろしいほど徹底していますね。




 部屋の鍵は自分だけが持ち、何重にもかけました。

 妻子や付き人でさえスターリンの寝ている場所がわかりませんでした。




 あえていえば、緊急の連絡に備えて全室に電話を取り付けたことと、特別なセンサーにより、警備員にだけその居場所を知らせることができました。




 これでは一時も気が休まることがなかったでしょう。

 彼が最も恐れていたことは、自分自身が動けなくなったときですね。




 1953年、その恐れは現実になりました。




 あっけない最期ですね。




 「すべて終わりだ。

  誰も信用できない。




  この自分でさえも」




 スターリンのつぶやきです。




 彼の妻は夫が行った「大粛清」 を苦に自殺しています。




 溺愛していた娘は、父の死後1957年になって、姓をスターリンから母の旧姓に変えています。




 この妻子の行動はいったい何を意味しているのでしょうか。




 これでは何のために命がけで権力を握ったのかわかりませんね。




 スターリンの心労にまみれた壮絶な一生から、僕たちは大切なことを学べるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/203-608314e5