4 シャルロット皇后 (1840年 ~ 1927年)





~プライドと名誉のために発狂したメキシコの皇后~





 「私は毎日幸福感に酔っています。

 夫は才能豊か、優雅で思いやりがあります。




 私たちの宮殿はおとぎの城より美しく、神は私に望みうるすべてのものを与えてくださいました」



 これは、シャルロットが父に宛てた手紙の一節です。




 しかし、こんなにも幸せそうな夫婦でしたが、最後は悲劇で幕を閉じます。




 皇帝である夫は銃殺され、皇后であるシャルロットは、夫が殺されたことを知らないまま発狂してしまいました。




 いったいなぜなのでしょうか。




 1840年、シャルロットはベルギー王レオポルト1世の王女として生まれました。

 恵まれた環境の中で育ち、16歳で結婚します。




 お相手はマクシミリアンという明朗、活発な男性でした。

 彼はオーストリア皇帝、フランツ・ヨーゼフ1世の弟にあたる人物です。




 兄のフランツ・ヨーゼフ1世は、マクシミリアンを北イタリア総督に任命しました。

 このころが人生の華だったのでしょう。




 冒頭のシャルロットの手紙はこの時に書かれたものです。

 しかし、幸せは長くは続きませんでした。




 1859年、オーストリアはフランスとサルディニア王国の連合軍に敗れ、北イタリアの領地を失ってしまったのです。




 ここで悪魔のささやきをかけた人物がいます。


 フランスの皇帝ナポレオン3世です。




 彼はマクシミリアンに次のような誘いをかけてきたのです。

 「メキシコの皇帝にならないか」




 これは謀略ですね。




 ナポレオン3世は、メキシコを支配下に置くための傀儡(かいらい) 政権を樹立しようとしていたのです。




 つまり、操り人形ですね。

 夫が「皇帝」 になれば、妻は自動的に「皇后」 になれるわけです。




 シャルロットは、フランツ・ヨーゼフ1世の皇后エリザベートが大嫌いでした。

 「エリザベートはオーストリア皇后といっても、たかがバイエルンの公女にすぎないじゃない。




 祖父も父も王であった私とは身分が違うわ。

 だいたい何でエリザベートが皇后で、私が大公妃なのよ」




 この言葉には、シャルロットの差別意識が凝縮されています。




 もうおわかりですね。




 シャルロットは、中身よりも「皇后」 という肩書が最優先なのです。

 1864年、メキシコ皇帝マクシミリアンと皇后シャルロットの誕生です。




 これは、メキシコ国民の立場に立てば大迷惑だったことでしょう。




 というのも、メキシコでは、すでに1855年に革命が起こり、貧民大衆に支持された自由主義者、ファレスが大統領になっていたのでした。




 債権問題を口実に、ナポレオン3世は3万6000の大軍を送り込み、革命政権を強引に倒していたのでした。



 マクシミリアンとシャルロットが、歓迎されるはずがありません。




 当然国民から激しい抵抗が起こり、隣国のアメリカもメキシコを援助しました。




 劣勢になったフランスはこの新しい皇帝と皇后を見捨て、あっさりと兵を引いてしまったのです。




 孤立無援の絶望的状況ですね。

 ここでマクシミリアンは、退位を決意したのでした。




 しかし、ものすごい剣幕でこれにストップをかけたのがシャルロットです。

 彼女はメキシコからフランスにわたり、強引にナポレオン3世の説得にかかりました。




 泣きわめき、長時間ねばり、興奮のあまり何度も失神しました。

 うまくいかないと、今度はローマ教皇ピオ9世に援軍を求めましたが、これも失敗です。




 彼女はついに正気を失い、窓に鉄枠の入った城の一室に軟禁されたのです。

 1867年、マクシミリアンはメキシコで銃殺されました。




 35歳の短い生涯でした。




 シャルロットはこの事実を知らず、そのまま狂人としての余生を送ることになったのです。




 差別意識から解放されなかったことに起因するこのような悲劇は、二度と繰り返したくありませんね。



 
シャルロットがメキシコ国民の意識を理解し、国民の立場に立って寄り添うことができたなら、どのような展開になったでしょうか。






少なくとも発狂は避けることができたのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/199-a794d5a2