10 セシル・ローズ (1853年 ~ 1902年)






~侵略と心労で戦争中に若死にしたイギリスの帝国主義者~






 「神は世界地図が、より多くのイギリス領に塗られることを望んでおられる。

 できることなら私は、夜空に浮かぶ星さえも併合したい」





 「ちょっと待ってください」

 と言いたくなるセシル・ローズの有名な言葉です。





 彼の帝国主義者、人種差別者としての生き方が、この一言に凝縮されていますね。

 植民地争いの戦争まで仕掛けています。





 広く世界中から世論の非難を浴びることになったのは、言うまでもありません。





 世界地図がイギリス領に塗られることを望んでいるのは、神ではなくセシル・ローズ本人であることは明白です。





 全世界のダイヤモンド産額の9割を独占し、世界最大の「産金王」 にのし上がった彼は、意外にも40代で独身のまま、莫大な財産を残して若死にしています。





 いったいなぜなのでしょうか。





 1853年、ローズはイギリスの牧師出身の地主の子として生まれました。

 生まれつき病弱で、彼の父も心配していました。





 そこで、気候の良い南アフリカにいるローズの兄のもとへ送ることにしたのです。

 アフリカとはいえ、そこは僕たちがイメージするような過酷な気候とは違います。





 熱帯でも砂漠でもなく、温帯の過ごしやすい気候で「太陽の国」 ともよばれることがありました。




 この兄のもとで、健康を取り戻すことができたのです。





 こんな逸話が伝えられています。

 ある日、アフリカの子どもたちがおはじき遊びをしていました。





 おはじきといっても、それはガラスの玉ではなく石ころです。

 その石ころをよく見たローズは驚きます。





 何と、石の中にダイヤモンドが混じっているではありませんか。

 彼は推測しました。





 「この近辺にダイヤモンド鉱山が眠っている」





 彼の推測は、後に見事に的中することになったのです。

 1880年、デ・ビアス鉱業会社の誕生です。





 あり余る莫大な財宝を手にしたローズの満面の笑顔が、目に見えるようですね。





 同時に彼は、アングロサクソンこそ最も優れた人種であり、アングロサクソンにより地球全体が支配されることが、人類の幸福につながると信じて疑いませんでした。





 アングロサクソンというのは、イギリスに最も多い白人のことです。

 世界支配を目指す秘密結社の設立を、公言したこともあるくらいです。





 やがてケープ植民地(現在の南アフリカ共和国) の首相になり、鉄道、電信、新聞業もその支配下に入れ、すべてが順調にいくかに見えました。





 しかし、オランダ系の白人であるボーア人との植民地争いが残っていたのです。





 2度にわたるこの戦争は「ボーア戦争」 と呼ばれましたが、現地の大半の住民である黒人たちの立場に立てば、どちらが勝っても迷惑な話でしょう。





 1回目は、ローズがボーア人に仕掛けています。





 会社の軍隊を使って、南アフリカ北東部のトランスヴァールを併合しようとしましたがうまくいかず、世論の非難に押されてイギリス政府もローズを援助できませんでした。





 1896年、彼は失脚し、首相と会社を辞めました。

 2回目は、世論の鎮静化を待ったイギリス政府が、1899年に仕掛けました。





 しかし、キンバリーで包囲され、救出されるまで4か月もかかったのです。





 言葉に尽くせない、耐えがたい心労だったことでしょう。





 この間に健康が悪化し、いったんイギリスにもどりましたが、執念で再び戦争に参加しました。

 結局、戦争の終結を見ることなく、南アフリカで49歳の若さで、戦争中に亡くなりました。





 差別意識から、最後まで解放されなかった男の末路です。





 それにしても、莫大な財産の使い道は他にもあったのではないでしょうか。




 現地の人々と共に生きることもできたのではないか、と考えるのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/194-6f5f0d3c