8 メンデル (1822年 ~ 1884年)






~権力保持で好きな科学に専念しそこなったチェコの司祭~






 「メンデルの法則」 という遺伝の法則を発見した偉大な科学者です。




 中学校の理科や高校の生物で習ったことがあり、彼の名を聞いたことがあるという方も多いでしょう。



 僕も詳しいことを説明する力はありませんが、現代では彼は「近代遺伝学の創始者」 とも言われています。



 エンドウ豆の交配から大きな業績を残した、偉大な人物と評価されています。




 しかし、「メンデルの法則」 は彼の生存中には全く認められず、死後30年近くもたってからやっと認められたことをご存知でしょうか。




 法則の発表からは、何と35年もたっています。





 なぜなのでしょうか。





 1822年、メンデルはチェコのモラビア地方の小さな果樹園をもつ貧しい農家に生まれました。



 当時はオーストリア帝国の領土でした。





 苦学をしながら短期大学を卒業しましたが、家庭の事情でそれ以上の進学は断念しました。

 その後、チェコのブルノの修道院での修業により、25歳で司祭になりました。





 近くの中学校の代用教員も務めたことがありますが、正教員になるための検定試験には合格することができませんでした。




 彼が修道院の庭の一隅を借りて、エンドウの遺伝研究を始めたのはこのころからです。




 1865年、約6年にわたる研究は「植物の雑種に関する実験」 と題する論文にまとめらました。



 ブルノの自然研究会の席上で発表されたのです。




 翌年には研究会の紀要に印刷され、各地の大学や研究所に送られました。

 ところが、誰にも認められません。




 実験結果の処理に数学的方法を導入するといった、新しい研究方法が理解されなかったとも考えられます。




 しかし、僕は当時の関係する学者たちが理解しようとしなかったのではないかと考えています。

 メンデルの本職は修道院の司祭であり、学者ではありません。





 「素人に何がわかるか」 という上から目線で見下され、差別的な扱いを受けたのではないでしょうか。




 これを認めれば、学者たちの誇りとプライド、権威を傷つけることにもなりかねないからですね。




 こうして「メンデルの法則」 は長い間無視され続けたのです。

 彼の死より先に、世に出ることはありませんでした。





 それにしても当の本人はこの間、いったい何をしていたのでしょうか。

 実は、研究どころではなくなってしまったのです。





 1868年、メンデルはブルノの修道院長に就任し、さまざまな公務に引っ張り出され、研究は趣味程度にしかできなくなったのです。





 さらに1874年、オーストリア議会は、修道院からも徴税する法律を制定しました。

 裏を返せば、これ以前の修道院は税を納めていなかったということですね。





 メンデルはこれに強く憤り、反対闘争を展開したのです。

 それこそ、死ぬまでの10年間、この法律の撤回のために全精力を傾けたのです。





 彼の闘争姿勢はあまりにも激しかったので、周囲からも孤立したといいます。





 他の教会が次々と税の支払いに応じていく中で、メンデルは最後まで支払いを拒否し、ついに裁判になってしまいました。





 10年にわたる裁判の中で、次第に猜疑心の強い人間嫌いの性格になってしまいました。

 失意の日々を過ごしたこの心労は、相当なものだったのでしょう。





 「私は万有引力に敏感すぎるほど体重が重くなり、もう植物採集にも行けない」

 これは、彼が知人にあてた手紙の一節です。





 1884年、メンデルは修道院の一室で、人知れず息を引き取りました。





 悔しかったことでしょう。





 他に生きる方法はなかったのでしょうか。





 彼の意識がもう少し解放されていたならば、「メンデルの法則」 はもっと早く世に出ていたかも知れません。


 

 もっと早く科学の進歩に貢献できたのではないか、と考えるのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/192-81e11517