10 ヨハン・ベートーヴェン (1740年 ~ 1792年)






~評判と富のため手段を選ばなかった酒びたりの宮廷歌手~






 不滅の大作曲家、ベートーヴェンのお父さんです。




 父ヨハンの最大の功績は、息子ベートーヴェンの才能を見抜き、ネーフェに紹介して弟子入りをさせたことでしょう。




 当時、国民劇場の音楽監督だったネーフェの予言です。

 「この子はこのまま進めば、モーツァルトの再来になる」




 まさにその通りになり、200年以上たった現在でも、世界中で数々の名曲が愛され続けています。




 しかし、本人でなければわからないことですが、父のヨハンは充実した納得いく人生を送ることができたのか、疑問に思う人が多いのではないでしょうか。




 1740年、ヨハンはドイツのボンで生まれました。

 彼の父親、つまりベートーヴェンの祖父に当たる人は、宮廷歌手でした。




 ベルギー生まれで、ケルン選帝侯クレメンス・アウグストに認められて、21歳のときボンの宮廷歌手になりました。




 その後、宮廷楽団を率いる活躍ぶりで、歌手として大成した人物と言われています。




 その父親の影響でしょうか、ヨハンは1752年、無給の宮廷歌手になりました。

 まだ、12歳だったのです。




 1764年、宮廷テノール歌手として登録され、給料をもらうことができるようになりました。

 3年後には、マリアという女性と結婚しました。




 彼女が後に、ベートーヴェンの母親になる人です。

 慎ましく寡黙な、愛情あふれる女性でした。




 後にベートーヴェンがウィーンに出て、音楽で頑張ることができたのはこのマリアの存在が大きかったと思います。




 母親のために立派な音楽家になろう、と決意していたからです。





 ヨハンの歌手生命は酒飲みの不摂生であまり長くは続かず、大成することはありませんでした。





 ここに大きな心労があったと考えられますね。





 家計を父の名声と稼ぎに頼っていたヨハンは、父が亡くなるととたんに困窮します。

 普通ならば、自分が何らかの仕事で働いて家族を養おうと考えるでしょう。





 しかし、ヨハンは子どもに頼ったのです。

 「起きろ、おまえはモーツァルトの何倍も練習しなけりゃ、天才音楽家とは呼ばれないんだ」





 自分は酒びたりで酔って夜遅く帰り、寝ている幼いベートーヴェンをたたき起して、強制的にピアノのスパルタ教育を課したのでした。





 これは困った父親ですね。


 1778年、ケルンへの演奏旅行のときのことです。




 「お父さん、僕は7歳なのに、どうして6歳って紹介するの?」

 「モーツァルトは6歳で天才ピアニストと言われたからだ。」




 インチキですね。




 年をごまかして世間の評判をとろうとしたのです。

 ヨハンは典型的な放蕩者で、わずかな稼ぎも飲んでしまうため、家計は常に困窮していました。





 息子の才能に目をつけて、宮廷や貴族にベートーヴェンを引き合わせて、パトロンになってもらおうとしたのです。


 当時の音楽家は、王侯貴族のために作曲や演奏活動をすることが一般的でした。





 現在のように、芸術として広く一般国民が楽しむ機会はそれほど多くなかったのです。

 まさに音楽は、王侯貴族の特権のようになっていました。





 それを一般大衆に広げ、芸術性を高めていったのが息子のベートーヴェンだったのです。

 ヨハンは、もしかして劣等感をもっていたのではないでしょうか。





 父親は歌手で大成し、息子は類まれな優れた才能を発揮し始めている。

 毎晩深酒に走ったのも、このストレスが関係しているのではないかと思います。





 妻マリアに先立たれると、ますます酒びたりになりました。

 名声と権威、富にとらわれ、振り回され続けた一生ですね。





 彼がもう少し解放された意識をもち、自分自身を認めて受け入れる。





 こんな生き方をすれば、深酒に逃げないで、より健康的な人生を送ることができたと思うのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/182-59a29d7b