6 ニュートン (1642年 ~ 1727年)





~学会での権威と論争に疲弊したイギリスの大科学者~





 アイザック・ニュートンが世界的な大科学者であり、大天才であることはあまりにも有名ですね。



 万有引力の法則をはじめ、微積分法、光の研究など、その輝かしい功績は世界中で認められ、人類の発展に大きく貢献しています。




 彼が出版した「プリンキピア」 は人類の宝とまで言われています。




 世界史上の偉大な人物であることは間違いありませんが、人権史観の視点から彼の生き方を見た場合、僕は疑問に思えることがあるのです。





 なぜでしょうか。





 1642年、ニュートンはイングランド東部のウールソープで生まれました。




 イギリスでは清教徒革命が始まる年で、日本では江戸時代、3代将軍徳川家光のもとで鎖国が始まったころにあたります。




 彼は12歳まで近隣の学校に学び、1661年、ケンブリッジのトリニティ・カレッジに入学しました。



 1668年には学位を取得し、翌69年、師のバローを継いで、27歳の若さで教授になりました。



 しかし、ニュートンの講義はあまりに難解で、生徒が次々に教室から退散し、ついに教室には誰もいなくなってしまいました。




 我が強く気難しくて偏屈な一面もあり、議論において意見の合わない者は反論の余地すら与えず、叩き潰すまで論破しようとしました。





 だから、ニュートンは他の学者たちとの間でいざこざが絶えませんでした。

 例をあげれば、1680年、フラムスティードと彗星をめぐる論争になったときです。





 このときは、明らかにニュートンが間違っていたのですね。

 自説の誤りを認めて、一旦論争は収束したかに見えました。





 ところが、後に彼がイギリス王立協会の会長になると、その地位を利用してフラムスティードを蹴落とそうとしたり、天文データを要求するときに、高慢な態度を取って嫌がらせをしたりしました。




 過去の論争で自尊心を傷つけられ、感情的に恨みを根に持っていたのですね。


 これでは「いじめ」 です。





 会長という権威から相手を見下し、正しい意見を主張した科学者を差別的に扱った大人げない行為ですね。




 フラムスティードの長年の観測業績の集大成となる本が作られることになったときは、それを形式的にはハリーの本とし、フラムスティードの名がそれには冠されないようにしたりもしました。





 また、「フックの法則」 で有名なロバート・フックとも光の性質について論争しています。





 ニュートンは、王立協会の会長の権威を利用して、フックの死後、彼の業績を葬り去っているのです。





 またしても、偉大な科学者を世界の歴史から抹殺しようとしたのです。

 微積分法におけるライプニッツとの論争は、裁判にまで発展しました。





 25年にもわたって、どちらが先に微積分法を発見したかという争いを延々と続け、双方の弟子・後継者まで巻きこんで論争は18世紀まで続きました。





 これだけ長い間裁判で争っていては、心労も相当なものだったでしょうね。

 1693年には、ニュートンがうつ状態になったという記録もあります。





 1688年、大学の代表として国会議員に選出されました。

 しかし、ニュートンの国会議員としての発言は、たった1回だけでした。





 「守衛さん、会議室の窓を閉めてください。

 寒気がするものですから」 





 これなら僕でもできますね。





 一生独身であったということ以外、晩年のニュートンの暮らしぶりはあまりよくわかっていません。





 大科学者であると同時に、権威とそれに伴う心労も非常に大きく、なかなか差別意識から解放されない生き方をしたのではないかと僕は考えています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/178-7ed39922