2 シャー・ジャハーン (1592年 ~ 1666年)





~タージマハルで見放され幽閉されたムガール帝国の皇帝~





 世界遺産として有名な、インドのタージマハルの建造者です。

 その巨大な白い大理石の美しさに魅せられて、今も世界中から観光客が絶えません。



 シャー・ジャハーンの内政は、ムガール帝国の最安定期の一つで、インド=イスラム文化の最盛期でもありました。




 外政ではアフマドナガル王国を打倒・併合し、南インドで領土を拡大しています。


 しかし、晩年は8年間も幽閉され、失意のうちに亡くなりました。




 なぜ、このような結末を迎えることになったのでしょうか。




 1628年、シャー・ジャハーンは父の死に伴って、第5代の皇帝として即位しました。

 彼の寵愛を受けた妻は、ムムターズ・マハルといいます。




 14人もの子どもが生まれました。


 彼は彼女を戦場にまで連れて行く愛しようで、一時も離れたくなかったのでしょうか。




 ところが、不幸は突然おこります。




 1630年、14人目の子どもが遠征先のデカン高原で生まれました。

 このときはひどい難産で、出産後37歳のムムターズ・マハルは帰らぬ人となりました。




 死に際してムムターズは、夫に新しい妃をめとらないことを約束してもらい、安心して永遠の眠りにつきました。




 しかし、シャー・ジャハーンの悲しみはあまりにも深く、一夜にして髪が白くなったと伝えられています。




 丸一週間、公の場所に姿を見せず、以前のように音楽を聞くことも、歌うこともしなくなりました。




 そして2年間にわたり、宴を催すこともありませんでした。


 この愛妃ムムターズ・マハル一人のための墓としてつくられたのが、タージマハルですね。




 純愛の深さが伝わるように、世界一の墓をつくろうとしたのです。

 1万頭の象に大理石を運ばせ、世界中から数々の宝石を集めました。




 22年もの歳月と、2万人の労働者を投入して 「大理石の幻」 タージマハルは完成したのです。

 しかし、シャー・ジャハーンに言わせれば、これでも未完成であったことをご存知でしょうか。




 彼の計画では、ヤムナ川を挟んだ対岸に、黒い大理石のもう一つの自分のタージマハルをつくり、2つのタージを橋で結ぶつもりだったのです。




 イスラム教のコーランが言う 「最後の審判」 の日、復活してその廊下を渡り、ムムターズと再会できることを信じたからです。




 すごい構想ですね。

 ここまでやろうとしていたのです。




 いくら費用がかかったのか、詳細はわかりませんが天文学的な数字になり、国全体の財政が傾いたことは言うまでもありません。




 1657年、シャー・ジャハーンが病床に伏すと、反発が現れ、各地で民族蜂起がおこりました。




 後継者を長男のダーラーに指名しましたが、4人の皇子たちが血で血を洗う権力闘争を始めました。



 勝ち残ったのは第3皇子アウラングゼーブで、他の3人はすべて殺されました。




 アウラングゼーブは、死刑に処した長男ダーラーの首をシャー・ジャハーンのもとに送り、その箱を晩餐の場で開封させるなど、残酷な復讐を行いました。




 1658年、アウラングゼーブは帝位を簒奪し、第6代の皇帝に即位しました。

 父のシャー・ジャハーンは、アグラ城の八角の塔の部屋に監禁されました。




 窓からタージマハルを眺め、毎日涙したといいます。




 息子のアウラングゼーブは、恨みの手紙を送ってきたり、宝石を取り上げたりしてさまざまないやがらせをしました。




 その心労は、はかり知れません。




 もしかしたら、息子の父に対するこの仕打ちは、国民の意思を代弁していたのかもしれませんね。




 妻に対する愛情の深さは共感できるにしても、権力の濫用があったことは、国民の立場に立てば行きすぎがあったようですね。




 やはり、権力は国民のために行使されるべきものだということを、改めて痛感するのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/174-c5082ff8