9 メアリ・スチュアート (1542年 ~ 1586年)





~地位と監禁の心労で白髪になったスコットランド女王~





 日本の安土桃山時代に相当するこの時代、イギリスの中南部にあったイングランド王国と北部にあったスコットランド王国は、それぞれ別の国でした。



 メアリ・スチュアートは、スコットランド国王ジェームズ5世の娘として生まれました。




 イングランド王国との血縁もあり、彼女の祖母はテューダー朝の祖、ヘンリー7世の娘だったのです。



 両国の国王の血筋からくるプライドが、生涯メアリを差別心から解放させなかったのではないでしょうか。




 メアリは何と、生後わずか1週間でスコットランド女王になりました。

 父親のジェームズ5世がイングランドと戦って敗れ、囚われの身になってしまったからです。




 赤ちゃんのときから王様だったのですね。




 これでは、国王以外の人間の立場に立つことはむずかしそうですね。

 やがて5歳になるとフランスに渡り、フランス皇太子と婚約させられました。




 後のフランス国王フランソワ2世です。

 自分の意思で相手の男性を選んだのではなく、政略結婚であることは明らかですね。




 メアリの母親はフランス出身だったからです。

 16歳になると、この結婚は正式に成立しました。




 スコットランド王とフランス王が夫婦になったのです。

 しかし、この結婚は長続きしませんでした。




 結婚からわずか1年半後、フランソワ2世が病死してしまったのです。

 メアリは10代で未亡人になりました。




 今の日本でいえば高校生ですね。




 この時点で子どもがいるわけでもなく、自分はスコットランド王なので、フランスに残る理由がなくなりました。




 しかたなく帰国することになったのです。

 スコットランド王国にもどったメアリの再婚相手は、ダーンリー卿といいます。




 イングランド国王の血をひく人物で、待望の子どもも生まれました。


 この子どもが後のスコットランド王ジェームズ6世で、彼はさらに2国の統一後、イギリス王ジェームズ1世になる人物です。




 ところが、この夫婦の関係は冷めてしまい、メアリは愛人をつくります。

 ボズウェル伯爵という人物で、「ある事件」 の後にメアリと結婚します。




 3人目の夫になるわけです。

 この「ある事件」 というのが問題になります。




 それは、ダーンリー卿が城もろとも爆破されて死亡したという事件です。


 犯人はだれか、真相は本人にしかわかりませんが、次のような風評が立ってしまいました。





 「ダーンリー卿を城もろとも吹き飛ばしたのはボズウェル伯爵で、共謀者はメアリだ」

 




 貴族たちは、メアリを捕えて幽閉し、ボズウェル伯爵はスコットランドから永久追放されました。



 メアリは女王の座を退き、息子のジェームズ6世に王位を譲ってイングランドに逃げました。




 イングランド女王エリザベス1世に助けを求めたのです。

 しかし、エリザベス1世もメアリを監禁しました。




 迷惑な主張をされたからです。


 メアリはフランスにいたときから、自分が主張する以下のような立場を変えようとしませんでした。





 「私こそ、イングランド王国の正当な継承者」





 延々とこの状態が続き、19年後、イギリス国教会に反発するカトリック信者が、メアリを擁立してエリザベス1世を暗殺する計画が発覚しました。




 ここに至って、メアリは斬首されたのです。

 44歳でした。




 斬首後の髪をつかんだときにわかったことがあります。

 白い布からあふれんばかりにのぞいていたとび色のメアリの髪は、実はカツラだったのです。




 本当の髪は長年の幽閉生活で、白髪になっていました。

 さらにその白髪も抜け落ち、ところどころ地肌が見える老婆のようになっていました。




 強烈な心労を物語っていますね。




 もっと国民の立場に立って、解放された生き方をすることも可能だったのではないか、と考えるのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/170-8f36ed79