4 メアリ1世 (1516年 ~ 1558年)





~宗教弾圧と不幸な結婚に振り回されたイギリス女王~





 ブラディーメアリーというカクテルをご存知でしょうか。

 ウォッカベースにトマトジュースを加え、レモン果汁やタバスコを垂らした赤いカクテルです。




 このブラディーメアリーという名は「血まみれのメアリー」 という意味で、その語源になった人物が、イギリス女王、メアリ1世です。




 国王ヘンリー8世の娘として生まれ、幼いころから特別の王女教育を施され、楽器も弾けばダンスも上手。




 聡明で教養あふれる明るい健康的な少女が、いつのまにか血なまぐさい異名を持つ女王として有名になってしまいました。




 これはいったいなぜなのでしょうか。




 母親はキャサリンという熱心なカトリック信者でした。

 王女として生まれたメアリは、この母親の影響を強く受けていると考えられます。




 しかし、父親のヘンリー8世は王子がほしく、なかなか生まれないので焦っていました。




 1534年、キャサリンは離別させられ、メアリも私生児という扱いにさせられてしまったのです。




 そして母とも引き裂かれ、文通することさえ禁じられてしまいました。

 18歳という感受性の強い時期に、傷つき孤独な日々を送りました。




 ヘンリー8世は男児ほしさに侍女だったアン・ブーリンと結婚しましたが、生まれたのはまたもや女児でした。




 そのアン・ブーリンは、ロンドン塔で処刑されています。




 ちなみにこの女児が、後の有名な女王エリザベス1世です。

 待望の男子が生まれたのは、3番目の妃ジェーン・シーモアのときです。




 1547年、ヘンリー8世が亡くなると、この男子がわずか9歳でエドワード6世として即位しましたが、彼は病弱で6年後にあっけなく死亡しました。




 後を継いだのはイギリス初の女王ジョン・グレイです。




 しかし、この女王はたった9日間で王位から引きずりおろされました。

 メアリによって逮捕され、ロンドン塔で処刑されたのです。




 かくして1553年、女王メアリ1世の誕生です。




 苦労して権力を手にした37歳の独身でした。

 彼女は11歳年下のスペインのフェリペ王子(後のフェリペ2世) に一目ぼれします。




 翌1554年、周囲の反対を押し切って2人は結婚しました。

 しかし、これが悲劇の始まりになるとは思ってもいなかったことでしょう。




 フェリペはがちがちのカトリックだったのです。

 「異教徒たちを放っておいたら、今にとんでもないことになる」




 惚れて一緒になった夫の言葉です。

 メアリは答えました。




 「わかりました。 国王の権限をもって私が何とかいたしましょう」


 「異端禁止法」 を復活させてプロテスタントを徹底的に弾圧したのです。




 この法律自体が差別的ですね。




 改宗を強要し、拒んだ者は容赦なく火刑に処しました。

 その数300人あまりです。




 炎の中で次々に人々が苦しみながら死んでいく、恐るべき地獄のような風景が見えそうですね。

 また、メアリ1世は夫の要求により、外国から金を借りてまでもフランスに軍隊を送りました。




 しかし、失敗に終わったのは明らかです。

 フランス国内にあった領地カレーを失い、多額の借金を抱えることになったからです。




 国民の立場に立てば、これは大迷惑ですね。




 国民の人気を失ったメアリ1世はうろたえ、動揺してしだいにヒステリックになっていきました。



 待望の出産も夢かなわず、想像妊娠で終わってしまいました。

 その後フェリペは帰国し、二度とイギリスには戻りませんでした。




 「私は死ぬのよ。 なのにフェリペは来てくれない。

  国がどうなろうと・・・もうどうでもいいわ」




 1558年11月17日、国民から見放され、夫からも見放されたメアリ1世は、孤独なまま病死しました。




 この結婚は、メアリ本人やイギリス国民にとって、いったい何だったのでしょうか。




 ちなみに、彼女の病死を知ったイギリス国民は、圧政からの解放を大いに喜び、この日を祝日に定めて祝いました。




 この祝日は、いったい何を物語っているのでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/165-e7959ff2