8 万貴妃 (ばんきひ) (1428? ~ 1487年)





~嫉妬と毒殺からノイローゼになった明の帝妃~





 皇帝の妻妾どうしに、も多くの身分差別がありました。

 その中で「貴妃」 というのは最高の位です。




 中国では、唐の時代の初期につくられた制度でした。

 中でも玄宗皇帝に愛された楊貴妃は、特によく知られていますね。




 明(みん) の時代になってもこの制度は延々と続いており、第9代の皇帝、成化帝(せいかてい) の寵愛を受けたのが万貴妃でした。




 成化帝より17歳も年上で、太っていて声が大きい男性的な女性でした。




 それでも夫である皇帝はこの妻が大好きで、「彼女といれば心が落ちつく」 と言って、深く愛したのでした。



 万貴妃は4歳のときに、成化帝の祖父の皇后の宮女として仕えました。




 後の夫との年齢差を考えると、まだ成化帝は生まれていませんね。

 夫よりも長く宮中で暮らしていたことになります。




 彼女が20代のときにあたる1449年、「土木の変」 が起こりました。




 これは、成化帝の父にあたる正統帝が、北部の遊牧民族オイラートと戦ったときに捕えられて捕虜にされてしまった事件として、高校世界史の教科書でも紹介されています。




 叔父の景秦帝(けいたいてい) を皇帝に立てて対応しましたが、明王朝も多難な時代が始まろうとしていたのですね。



 万貴妃が成化帝の寵愛を受けて貴妃になると、意のままに政治を動かす強力な権力を発揮する存在になりました。



 その背景には、夫は気が弱く、骨董趣味にふけって大臣との接見を好まなかったという事実もあったのです。



 彼女は宝石に異常な興味を示し、宦官(かんがん) たちと結託して宝石を得るためにさまざまな賄賂をとったといわれています。




 1466年、成化帝との間に待望の男子が誕生しました。

 ところが、不幸にもこの子はわずか1か月ほどで亡くなってしまったのです。




 彼女はすでに40歳ほどで、その後の妊娠はありませんでした。

 これが万貴妃の人生の転機になったのです。




 恐ろしいことが始まりました。




 他の若い妃や女官たちが妊娠すると、宦官を使って次々に堕胎をさせたのです。




 この権力をもとにする嫉妬に狂った暴挙の背景には、他人を見下す差別心があったことは明白ですね。



 夫の成化帝は、自分の子どもが片っぱしから殺されているという事実を知らされておらず、自分は「タネ無し」 だと思いこんで悩んでいました。




 儒教の価値観では、「タネ無し」 は体の一部に欠陥があるという不具扱いをされるからです。




 しかし、これでは明王朝そのものが困ることになりますね。

 さすがにいつまでもこんな嫉妬のための殺人を、心ある家臣たちが許すはずもありません。




 1470年、ある妃が生んだ子どもが、家臣たちに守られて極秘に育てられました。

 この子どもが成化帝の子であることが公表されたのは、1475年です。




 万貴妃はすかさず、得意の殺人の刃を放ちました。




 まず、生んだ妃を毒殺して始末しました。

 次いでこの子も毒殺しようとしましたが、これには失敗しました。




 食事を与えようとしたところ、拒否されたのです。

 難を逃れた子どもは後に成長し、弘治帝(こうちてい) という皇帝になりました。




 逆に子ども殺しを重ねてきた万貴妃は、大きな不安にさらされることになりました。


 「いつかこの子が成長し帝位を継いだなら、自分は始末されるに違いない」




 そう考えて悩み続けた彼女は、ついにノイローゼ状態になってしまいました。

 自分でまいた種とはいえ、自滅を招くことになります。




 この心労が原因で、万貴妃は病死してしまったのです。

 同年、成化帝も後を追うように亡くなりました。




 国民の視点から見れば、もっと別なことに力を入れてほしかったですね。



 万貴妃が差別意識から解放されていれば、本人も国民も、もう少し違った人生を送ることができたのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/161-3e16e016