4 光 宗 (こうそう) (1147年 ~ 1200年)




~残虐な妻から病に倒れた南宋の皇帝~




 南宋王朝は、約150年にわたって、中国の南半分を支配した王朝です。

 日本では平清盛や源頼朝が活躍した、平安時代の後期から鎌倉時代のはじめにあたります。



 この南宋の第3代皇帝が光宗です。



 皇帝として在位したのはわずか5年ほどですが、父に頭が上がらず、妻にも頭が上がらず、あげくの果てに、部下たちによって廃位された悲劇の皇帝です。



 病弱で暗愚だったといわれていますが、結局、心労で病に倒れています。



 直接の原因は嫉妬深い妻の残虐な行動ですが、それにしても、もう少し何とかならなかったのだろうかと考えさせられます。




 1147年、光宗は南宋の皇帝の子として生まれ、89年に父の譲位を受けて、順当に即位しています。



 しかし、父親は健在で、政治の実権は上皇となった父が掌握していました。




 妻の李皇后(りこうごう) は非常に美しい人でしたが、異常なほど嫉妬深く、気性が荒かったので周囲の者からも嫌われていました。




 今日でいう人権侵害に当たるような行動が頻発し、上皇となった父親でさえこの結婚は失敗だったと考えていました。




 あるとき、光宗が手を洗おうとすると、一人の女官が水を入れた盆を差し出しました。

 彼女の手を見た光宗は思わず「きれいな手だな」 とつぶやいたのです。




 この一言が、とんでもない事件に発展します。




 あくる朝、光宗の食卓に届いた一つの器のふたを開けると、そこには血まみれの両手がのせられていたのです。




 おわかりですね。




 犯人は李皇后です。

 宦官を通して、光宗の一言が李皇后に報告されていたのです。




 恐るべき嫉妬心ですね。




 罪もない女官にこんな仕打ちが許されてよいものでしょうか。

 詳細は伝わってきませんが、この事件を国民はどう見ていたのでしょうか。




 人権感覚の欠如を絵に描いたような出来事です。

 恐ろしくて皇室には近寄りたくない、と思うのが自然でしょう。




 その後、光宗は決して女性をほめたり、視線を送ることをしなくなりました。

 これでは妻の残虐な行動が、正当化されてしまいますね。




 上皇になっていた光宗の父親が病に倒れたときです。




 李皇后は光宗に「今日は寒いから、外出はお控えください」 といって、見舞いのための外出をさせませんでした。




 見かねた役人の一人が「お見舞いに行かなくてはなりません」 と忠言すると「お前は殺されたいのか」 と李皇后が一喝したといいます。




 単なる自分の力を示すためなのか、上皇の死を待っているのか、あるいは自分の権力のためになくてはならない光宗を守るためなのか、定かではありません。




 いずれにせよ、この激しい口調では、うっかり意見も言えなくなってしまいますね。




 光宗には、皇太子時代に父から与えられた愛妾がいました。

 黄貴妃といいます。




 1194年、上皇が死去すると、李皇后は光宗の外出中に黄貴妃を殺害しました。

 帰って来た光宗には、素知らぬ顔で病死したと嘘の報告をしています。




 これを知った彼は、あまりの衝撃で病気になってしまいました。

 ショックで食事ものどを通らず、しだいに痩せこけていきました。




 度重なる心労で、体調を大きく崩さざるを得ない状態に追い込まれたのでした。




 そんな中で、部下たちは光宗の廃位を決定し、その子どもである寧宋(ねいそう) を後継者に立てます。




 以後は一切の政治とは離れ、1200年に54歳で亡くなりました。


 いったい何のための皇帝だったのでしょうか。




 本人にしかわかりませんが、一般民衆の目からは、どう見ても充実した納得できた人生には見えませんね。




 もっと地位や権力から解放されて、主体的に行動していれば、全く違った生き方ができたのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/157-c993f323