8 高 宗(こうそう) (628年 ~ 683年)





~妻の権力欲で病に倒れた唐の皇帝~





 妻とは則天武后(そくてんぶこう) といって、夫である高宗の死後、中国史上唯一の女帝になる人物です。




 本名は武照(ぶしょう) といって大変な美貌の持ち主だったといわれています。

 しかし、この武照は高宗の父、太宗(たいそう) の妃の一人だったのです。




 高宗は女性に手を出すのが早く、何と皇太子のときに肉体関係におよびました。

 相手の武照は、父の妃です。




 この情事が大帝国となっていた唐の歴史を左右することになるとは、考えてもいなかったでしょう。



 650年、父の死により23歳の皇太子が、高宗として即位しました。

 唐の3代目の皇帝になります。




 武照は当時の習慣に従って、仏門に入って尼になりました。




 ところが3年後、彼女を忘れられないでいた高宗は武照を呼び戻し、突然後宮に入れることになったのです。




 武照は29歳になっていましたが、毎晩懸命につとめたので、高宗はたちまち彼女に夢中になってしまいました。




 しかし、まだこの段階では、武照は高宗の女性の中の一人にすぎなかったのです。


 権力欲旺盛な武照は、残忍な方法で皇后の座をねらいます。




 皇后を殺して、自分が皇后になろうと策謀します。




 まず、自分が産んだ生まれたばかりの子を、自分で窒息死させました。

 これをその直前に会いに来ていた皇后に疑いがかかるように仕向けたのです。




 高宗が狭心症で発作を起こしたときは、皇后が妖術を用いて高宗を殺そうとしている、という噂を宮廷中にばらまきました。




 1本の釘で心臓をつらぬかれた木彫り人形をわざと発見させて、大騒ぎになりました。


 ついに皇后は捕えられて牢に入れられ、代わって武照が皇后の座についたのでした。





 則天武后の誕生です。




 権力を握った武后は、さらに恐ろしいことを始めました。




 高宗が前皇后の入れられている牢に行き「何とかしてみよう」 と救出の約束をすると、武后はさっそく前皇后を引き出して真っ裸にしました。




 100回ムチで打って、手足を切断し、腕と脚を背のほうにねじ曲げて大きい酒樽につけました。




 2日後、前皇后は酒の海の中で、悶え苦しみながら死んでいったのです。




 武后はここまでして、権力を確かなものにしたのですね。

 殺人鬼同然です。




 犠牲者はこれだけではありません。

 高宗と深い仲になった武后の実の姉、韓国夫人を毒殺しています。




 その娘の魏国夫人は10代の若さで、輝くばかりの美貌に高宗は溺れました。




 高宗が武后を廃して魏国夫人を皇后にしようと考え始めると、またしても夫人を毒殺したのです。



 度重なる武后の横暴に、ようやく高宗も鼻につきだし、武后を廃する手立てを宰相に相談します。



 ところが、その宰相も武后によって牢にぶち込まれる始末です。


 とにかく行動が早いですね。




 結局、高宗の一族70余人が殺され、宰相や大臣などの高官も36人が殺されました。


 恐るべき権力のなせる業ですね。




 このような中で高宗は、しだいに健康を害していきます。

 視力は衰え、神経痛や息切れに悩まされました。




 30歳を過ぎたころから、政治はほとんど武后に任せっきりになったのです。

 彼が長い病の末死んだのは、683年、55歳のときでした。




 その後やがて武后が皇帝になり、国号を周と改め、15年間にわたり唐は中絶してしまいました。



 皇太子や皇帝という権力を傘にして、手当たりしだいの女性に手を出したツケが回ってきました。



 武后の身の毛もよだつような横暴の数々と高宗の長い病気は、大いに関係があると考えるのが自然でしょう。




 宮殿内ではこれだけ悲惨なできごとが続きましたが、当時の国民たちは数々の対外戦争に連勝したからでしょうか、あまり混乱はなかったようです。





 武后の横暴を制することができたのは、高宗だけです。




 権力からもう少し解放された生き方が、あったのではないでしょうか。




 この背景には、夫婦ともに人を見下す差別心があったことは明白です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/152-1416481b