14 ヘロデ王 (前73年 ~ 前4年)





~地位のために手段を選ばず悶死した古代ユダヤの王~





 「この町にいる2歳以下の男の子を、一人残らず全員殺せ」




 恐ろしい命令ですね。



 幼い子供や、その母親たちが泣き叫ぶ悲痛な声が、町中にあふれたのです。

 イスラエルの町ベツレヘムは、地獄と化しました。



 当時この年齢に該当していた幼いイエス・キリストも、殺されそうになりましたが、父のヨセフと母のマリアに守られて、エジプトに逃げて難をのがれることができました。




 この信じられないような命令を発したヘロデ王とは、いったいどんな人物だったのでしょうか。




 紀元前73年、ヘロデはハスモン朝の宰相の家に生まれました。

 ハスモン朝とは、イスラエルにあったユダヤ人の王朝で、紀元前140年から続いていました。



 彼の父が王位継承をめぐる争いで亡くなったので、ヘロデはローマにのがれ、アントニウスの保護を受けました。



 紀元前41年、ユダヤの太守に任じられ、同37年には王位についてユダヤ王国を建てることができたのです。



 しかし、後に彼はアントニウスを裏切り、オクタビアヌスについています。

 念願の王位を手にしたヘロデ王は、防衛設備と都市の建設に励みました。



 経済活動を盛んにして、ユダヤの地を富ませることもできました。

 さらに紀元前10年には、エルサレムの神殿も完成させることができたのです。



 その一方で、彼は自分の地位を守るために、3人の息子たちを次々に殺しています。



 ユダヤ人からも税金をしぼり取ったので、エルサレムの町は貧しい人や病人でいっぱいになったとも言われています。



 そんなある日、東の方からやって来た3人の星占いの博士たちから、次のような知らせが入ります。




 「ベツレヘムで新しいユダヤの王が生まれました」





 ヘロデ王はこの知らせにうろたえることになります。

 新しいユダヤの王とは、すなわち自分の王位を奪う者ということになるからです。




 ちなみにこの新しい王と見なされたのが、当時幼かったイエス・キリストだったと伝えられています。



 ヘロデ王の大きな心労は、ここから始まったのです。




 自分の地位を守ることを徹底し、手段を選びませんでした。

 2歳以下の男の子を全員殺せと命じたのは、このような理由からです。




 一度手にした権力を脅かされたので、それを死守するために、無作為に必死になっている小心者の姿がよく見えますね。




 その背景には、権力へのこだわりと、人を見下す差別心が横たわっていることは明白です。

 国民が大迷惑だったことは言うまでもありません。




 兵士たちも、罪のない子どもを殺して良心がとがめられ、苦しんでいました。


 このヘロデ王の心労の延長線上にあるものが、「悶死」ではないでしょうか。




 全身性動脈硬化症という病気にかかったのです。

 心臓と肝臓の機能が低下し、血液中に毒素がたまり、妄想や発作が多発するものです。




 肺も犯されて息が苦しくなり、口腔、四肢、腹部、陰のうなども犯されて、各組織にはウジがわくこともあるという壮絶なものです。



 ヘロデ王の晩年には、ユダヤの一党派パリサイが、あからさまにヘロデの退位を予言していました。



 「アウグストゥス様だけが、このヘロデの神」




 ローマ帝国の権力をバックに君臨した、ヘロデ王の生き方が凝縮されている言葉ですね。



 人の子も自分の子も次々に殺し、おろおろしながら地位と権力にしがみついて生きた男の末路は、悶死という自滅のような死に方でした。




 他にもっと、別の生き方はなかったのでしょうか。




 権力やその背景にある差別心から解放されていれば、もっと楽しくて豊かな人生を全うすることも可能だったのではないか、と考えるのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/144-91281f6b