9 司馬談 (しばだん) ( ? ~ 前110年)





~家名をあげようとして憤死した司馬遷の父親~





 儒教の徳目の一つに 「孝」(こう) というものがあります。

 親によく服従することを意味します。




 この孝という考え方にこだわり、自分の家名をあげることに情熱をかけすぎたために自滅した人物がいます。



 世界史上のすぐれた歴史書「史記」 で有名な司馬遷の父親、司馬談です。




 僕は、息子の司馬遷は孝から解放されたので自分の意志を大切に生きることができ、父の司馬談は孝にこだわったからこそ、志半ばで倒れたと考えています。




 つまり「権威」 ですね。




 歴史を学んで司馬家を有名にし、権威を得ようとしたのです。

 司馬談は、まじめな努力家だったのではないでしょうか。




 漢の太史令(たいしれい) という役人でした。




 地位は高くない役人でしたが、歴史の記録と天文を担当していました。

 実際には、記録よりも天文の観測や国家の祭祀などに関する仕事が多かったのです。





 それでも司馬談は自分の仕事に誇りをもち、一生懸命調べて、周の時代以来400年間とだえていた歴史の記録をまとめようとしていたのでした。




 そんなある日、息子が郭解(かくかい) という游侠(ゆうきょう) の士に興味をもちました。




 地位も名誉もない無法者だが、約束したことは必ず守り、自分の命とひきかえにしてでも人を助ける。




 それでいて恩にきせないなど、義を重んじる人々です。




 しかし司馬談は、歴史には残りはしない「くだらん奴」 と一蹴しています。

 上から目線の生き方が伝わってきますね。




 ちなみに、後に司馬遷はその著書「史記」 の中で、郭解を堂々と登場させています。




 こんな司馬談にも、家名をあげるチャンスがめぐってきました。

 時の皇帝である漢の武帝が「封禅の儀式」(ほうぜんのぎしき) を行うと言いだしたのです。




 これは、天下泰平をもたらした聖天子だけが行うことができる儀式です。

 後世まで歴史上に残る大きな儀式である、と当時の人々は考えていました。




 でも僕には、権力者にとって都合のよい儀式にも見えるのですが、家臣や民衆の本音はどうだったのでしょうか。




 息子の司馬遷は、武帝の自己満足の儀式ととらえていました。

 だから、史記は武帝の死後になって発表されています。




 そうしないと自分は皇帝批判ということで処刑され、著書も焼却、抹消される危険が高かったからですね。




 司馬談は、封禅の儀式を取りしきれるのは、太司令として歴史の記録を調べ続けてきた自分だけだ、と思ったのですね。




 これをやれば司馬家の名は後世にまで残り、自分は孝をなすことができると考えたのです。


 ところが、武帝の返事は冷たいものでした。




 封禅の儀式に参加できる者は2,000石以上の家臣に限る、としたのです。

 当時の太司令はわずか600石。




 司馬談は、身分差別によって見事に外されてしまいました。




 あげくの果てに、呪術者や博士たちによって儀式のプロジェクトチームを組むというのです。

 孝ひとすじに生きてきた司馬談は、あまりのショックに寝込んでしまいました。




 そして、回復できずに憤死したのです。


 この悲劇の背景には、いったい何があるのでしょうか。




 時の権力者の都合と言ってしまえばそれまでですが、司馬談自身の差別的な考え方が大きいと僕は思います。




 地位や名誉にとらわれず、権威から解放されていれば、少なくとも憤死はしないで済んだでしょう。




 現代に生きる僕たちの身のまわりにも、形はあっても中身に乏しい儀式があると思うのです。





 司馬談の生き方は、反面教師として大いに学べるところがあるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/139-147e94d1