5 始皇帝 (前259年 ~ 前210年)





~不老不死を熱望して揺れた秦の独裁者~





 「月からも見える、地球上のただ一つの建造物です」




僕が万里の長城に立ったとき、案内の中国の方がおっしゃっていた言葉です。

そのとき立っていた位置は、地上から7メートルもあったのです。




想像以上のスケールの大きさに、改めて驚かされました。


これではどんなに優れた騎兵でも、この長城を乗り越えることは至難の業だと思いました。





この万里の長城で有名な人物が、中国史上初めて「天下統一」 の偉業を成し遂げた、世界中で有名な秦(しん) の始皇帝です。
 



 秦は戦国時代の勝利者ですね。




紀元前221年、同時代のライバルである韓、魏、趙(ちょう)、燕(えん)、斉(せい)、楚(そ)の6つの国を次々に滅ぼしたのです。



 それまで誰もやったことのなかった、中国を一つにまとめることに成功したのでした。




その張本人である始皇帝は、強大な権力を手に入れ、歴史上に長く2,000年以上にわたって名を残すことになりました。




数百万人の民衆を動員して12年かけてつくった万里の長城は、その権力の象徴にも見えます。




 彼は自らの権力を誇示するために、数十万人の兵士を連れて各地方を5回巡幸しています。

旅先では、各地の山の上に自分の業績をきざんだ石を残させました。




自分の墓と阿房宮(あぼうきゅう) という宮殿は70万人を動員してつくらせました。




宮殿の広さは東西700メートル、南北120メートルという巨大なもので、広間には10,000人の人が座ることができました。




また、「走る宮殿」 とも言われる、移動式の宮殿もつくったといわれています。




 皇帝専用の道路もつくらせました。




馳道(ちどう) とよばれたこの道は、幅50メートル、中央部7メートルは行幸路としてつき固められ、青松が植えられたのです。




自分の気にくわぬ者は容赦なく殺し、儒学者だけでも460人が生き埋めにされました。


やりたい放題ですね。




 しかし、この始皇帝にも大きな心労一つがありました。


それは「永遠の命」 です。




「皇帝の手に入らぬものが、この世にあるものか」




この言葉には権力への過信と、その背景にある差別心が凝縮されていますね。

自分も民衆と同じ一人の人間である、ということを認めようとしなかったのです。




神話に出てくる仙人のように、500歳、1,000歳までも生きようと本気で考えました。


そのおかげで、家臣たちは「死」 という言葉さえ口に出すこともできませんでした。




 だから、始皇帝は方士(ほうし) とよばれた神仙思想の研究者たちにだまされることになりました。




「金はいくらでも出す。

 行け、必ず不老不死の薬を持ってまいれ」




こんな薬が最初からあるわけもなく、大金を手にした方士たちは、その後行方不明になっていますね。




とりわけ有名な方士の中に、徐副(じょふく) という人物がいます。




彼は東の海に出て、当時弥生時代だった日本にたどりついたという伝説が日本各地に残っていますが、事実は不明です。



 始皇帝の神仙思想への傾斜は、さらにエスカレートします。




ある方士から言われた言葉です。


「神仙になるためには、あまり人に姿を見られてはいけない」




その言葉を信じた始皇帝は、自分の居場所を誰にも教えないように命じ、人と会うのを避けました。




しかし、ふとしたことで居場所を知られてしまうと、誰が知らせたのかわからなかったため、そばにいた者を皆殺しにしたこともありました。





 ついに夢かなわず、彼は50歳で病死。

  8年後には秦も滅亡しました。





 天下統一とは、いったい誰のためにあったのでしょうか。





 権力とは、いったい誰のために使われるべきものなのでしょうか。





差別心から解放され、民衆とともに同じ人間として自分と国民を大切にしていればどうでしょう。





 始皇帝の人生はもっと違ったものになっていた、と考えるのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/135-63e7fa83