12 萱野 茂 (かやのしげる) (1926 ~2006)





~民族差別を乗り越えてアイヌ解放に生涯を捧げた北海道の先住民~





 国会に響き渡るアイヌ語。


 歴史的瞬間ですね。




 アイヌ民族初の参議院議員である萱野茂の強い願いです。

 「日本にも大和民族以外の民族がいることを知ってほしい」




 だから、あえて国会でアイヌ語を使って質問をしたのです。




 今でこそ教科書で少しずつ取り上げられるようになったアイヌの歴史ですが、僕は残念ながら小学校、中学校、高校のどこへ行っても、アイヌについて授業で教わった記憶がないのです。




 「いるのにいないことにされている」




 これは、典型的な差別の現れの一つだったのではないでしょうか。




 1878年に明治政府が作った「北海道旧土人保護法」

 この法律は、1997年に廃止されるまで実に100年以上にわたってアイヌの人々を苦しめ続けました。




 まず、「土人」 という言葉自体が差別的ですね。

 さらにアイヌは保護地に追いやられ、日本語や日本式の名前への変更などを強制されました。




 保護という名の監禁であることは明らかですね。




 この法律を廃止し、新たな「アイヌ文化振興法」 成立に尽力した人が萱野茂だったのです。


 彼は北海道の日高地方で、アイヌ民族の子として生まれました。




 子どものころ、父の手伝いでシイタケをひもでくくった記憶があるといいます。



 これには理由があります。




 日高の平取町は、かつて豊かな森林が広がっていましたが、和人による伐採で太い木がどんどん切られてしまったのです。




 はげ山だらけになり、山に残っていたのは切られてしまった太いナラの枝ばかり。




 その枯れ枝に生えてくるシイタケを取り、町で売ってわずかなお金にせざるを得なかったのです。




 「私たちは、この大きな北海道を日本に売った覚えも貸した覚えもありません」


 開拓という名の「侵略」 が招いた末のできごとの一つだったのですね。




 茂は小学校を卒業後、造林や測量などさまざまな職業につき、1952年以降にアイヌ文化の研究を推し進めました。




 アイヌの生活用品や民話を集め、記録し保存し続けたのです。



 1972年には、故郷でもある平取町の二風谷(にぶだに)に 「二風谷アイヌ文化資料館」 をオープンさせ、自ら館長を務めました。




 小さなラジオ放送局も作り「アイヌ語ひとくち会話教室」 などを、日本語を交えて放送しました。




 若き日には悪態をついたこともありました。

 「アイヌ語なんて煮て食えるのか。何の役にも立たん」




 しかし、アイヌ語だけを話す祖母の死をきっかけに生き方が変わりました。



 「土器は捨てられても土の中に残るが、言葉は自分たちが守っていかなければ消滅してしまう」




 放送で流れたアイヌの言葉が伝われば、民族意識の目覚めにつながると確信して活動を続けました。




 1994年、茂は繰り上げ当選ながら、アイヌ民族初の国会議員になりました。

 4年間務める中、97年には「アイヌ文化振興法」 を成立させました。




 同年、二風谷ダム建設反対運動にともなう札幌地方裁判所では、初めてアイヌ民族を先住民族として認める判決が下されたのです。




 さらに同年、国会もやっとアイヌが先住民族であるということを認めました。


 世界の情勢から判断して、あまりにも遅いと感じるのは僕だけでしょうか。





 まちがいなく言えることは、アイヌも和人も同じ人間です。





 民族は異なりますが、それぞれ独特の優れた文化をもち、同じ日本という国に住む仲間です。




 互いに認め合い、学び合えるものがたくさんあるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/126-811a7502