8 湯川秀樹 (1907 ~1981)





~外国人差別を乗り越えて世界連邦運動をおこした物理学者~





 日本初のノーベル賞受賞者として有名な京都の理論物理学者ですね。

 物質の最小単位である原子核内部の研究です。




 陽子や中性子を互いに結合させる強い相互作用の媒介となる「中間子」 の存在を理論的に予言しました。




 この理論の正しさは後に証明され、世界中から認められています。


 同時に、僕が彼の物理学と同じくらいに注目していることがあります。





 それは、豊かな人権感覚に基づいた「世界連邦運動」 です。





 1907年、湯川は東京の麻布で地質学者・小川琢治の三男として生まれました。

 1年と2カ月たつと父の仕事の都合で京都に移住しました。





 一時大阪や西宮に住んだこともありますが、人生の大半は京都で過ごしています。


 少年時代の湯川はあまり目立たない存在であり、物心がつくとほとんど口を利きませんでした。





 面倒なことはすべて「言わん」 の一言で済ませていたため、「イワンちゃん」 と呼ばれたこともありました。



 1929年、京都大学の研究室の副手になり、後に京都大学と大阪大学の講師を兼担するようになりました。




 教え子の間では、湯川は声が小さく講義はかなり難解であったと伝えられています。



 時代はちょうど、満州事変から日中戦争、第二次世界大戦へと突入していく戦中の時期にあたります。




 関係する国どうしで互いに外国人差別、民族差別が横行し、「敵国憎し」 が当たり前の時代だったのです。





 湯川も京大グループにおいて、日本の原子爆弾開発に関与した時期もあったほどです。


 戦後、ある一人の人間との出会いで、湯川は目覚めます。





 相手はアインシュタインです。





 「罪もない日本人を原爆で殺傷して申し訳ない」


 と涙を流して湯川に詫び、




 「核兵器の存在を許しておけば、人類は滅亡してしまうだろう」

 と強く訴えたのです。




 1955年、湯川は核兵器による人類絶滅の危機を訴えた「ラッセル=アインシュタイン宣言」 に共同署名しました。




 さらに国内では「世界平和アピール7人委員会」 を結成して平和運動を展開したのです。





 湯川は断言しています。




 「何が国益であるとか、何が正義の戦いか、というような部分的、相対的な価値判断を越えて、核兵器は人類全体に破滅的打撃を与えるが故に、絶対悪であると考えるほかなくなった」





 そして、核兵器による人類滅亡を回避するには「世界連邦」 を創設するしかないという信念のもとに世界連邦運動を進めました。





 「国家は一切軍備を持たず、主権の一部を世界連邦に移譲し、世界法に則って世界連邦が諸国を主導していく」 というものです。





 これが実現すれば、戦争も核兵器も必要なくなるでしょう。





 最大の人権侵害が回避できるということになりますね。

 僕はこの意見に深い共感を感じています。





 同時に、そのために必要なことの一つとして、一人一人の人間が、人種差別や民族差別、外国人差別などの「差別意識から解放」 されることが大切だと思います。





 21世紀現在の世界の現実から見ると長い時間がかかりそうですが、一歩一歩少しずつでも近づいていくべきだと考えています。





 「科学者はスペシャリストである前にヒューマニストであるべきだ」




 この一言に、湯川の基本的人権を大切にした生き方が凝縮されているのではないでしょうか。




 1981年6月、彼は第4回科学者京都会議を主催し、健康がすぐれないにもかかわらず、車椅子姿で出席して核廃絶を訴えました。




 同年9月、74歳で亡くなるまで訴え続けたのです。




 湯川やアインシュタインから学ぶことは、物理学だけではないと考えるのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/122-9fdd034f