1 陶淵明 (365年~427年)



~桃源郷の夢を追い続け自由に生きた田園詩人~



 陶淵明(とうえんめい)は、中国の東晋 (とうしん) ~宋の時代に生きた人です。

 この時代は王朝の攻防が激しく、中国の 「南北朝時代」 にあたります。



 日本ではほぼ同じころ古墳時代であり、大和王権が勢力を持ちはじめています。


 彼は自分の子どもによく次のように話していました。



 「桃源郷 (とうげんきょう) は大昔の秦の時代に、始皇帝のきびしい政治をのがれた人々が作った、自由で楽しく暮らせる理想郷なんだ。


 今でもこの国のどこかにあるけれど、その場所はわからないんだ。」



 陶淵明は29歳から41歳までの13年間に、何度か役人として活動していました。

 しかし彼は、出世欲に駆られて役人になったわけではありません。



 貧困に耐えかねて、やむをえず家族を養うために役人になったのでした。

 桃源郷の夢を持ち続ける彼にとっては、いくら優秀でも役人生活はあまりにも理想とかけ離れていたようです。



 だから長続きせず、何回も就任したり辞めたりのくり返しでした。



 彼の最後の役人生活は、貧窮ぶりを見かねた親戚が紹介してくれた彭沢 (ほうたく) というところの県令でした。

 地位の割には給料が高く、他の条件も良かったのでしたが、わずか80日ほどで辞めてしまいました。



 理由は 「正装して上級役人の視察官にあうのが嫌だから」 です。


 「おい、えらい役人が見回りに来るぞ。せいぜいお世辞を言って気に入られようぜ。」



 他の役人たちの言葉です。



 陶淵明は、このごますりの言葉に愛想をつかしたのです。


 階級的身分差別を絵に描いたようなできごとですね。



 このような人たちに限って、一般民衆の前では威張りたがるのです。

 人をすぐ上下関係で見ようとする人たちです。



 現代に生きる僕たちの周りにも、心当たりになりそうな人がたくさんいますね。

 よく見ていると、必要以上にペコペコして、まるで 「米つきバッタ」 のようです。



 陶淵明の行動には、お金や地位、名誉よりも 「自分自身の生き方」 を大切にする信念がはっきりと現れます。



 405年、41歳で役人生活と完全にサヨナラした彼は、ふるさとへ向かいます。



 お金のために上級の役人にへつらって窮屈に生きるより、たとえ貧しくても、ふるさとの田園で 「自由に自分らしく生きたい」 と考えたのでした。



 このときにつくった詩が有名な 「帰去来の辞」 (ききょらいのじ) です。



 高校の漢文の授業で、よく学習されているこの詩の大まかな意味は、次のようになります。



 「さあ帰ろう。 ふるさとの田園はきっと荒れかけているだろう。 帰らずにおられようか。」



 その後彼は、こうよばれるようになりました。



 「対等な人間関係」の仲間を大切にし、のびのびと農作業をしながら、田園生活や酒をテーマにしたすぐれた作品を次々 
に作る 田園詩人」




 本音で、互いに言いたいことが言い合える人間関係って、本当にいいですね。



 さて、陶淵明と同じ時代を生きた知り合いに、劉裕 (りゅうゆう) という人物がいます。



 劉裕は陶淵明とは対照的な生き方をしました。



 「出世を第一」 として誠心誠意努力し、東晋の実力者になりました。



 420年、彼はついに皇帝にまでなり、南朝の王朝の1つである宋を建国しました。

 中国の歴史上に名を残す大出世といえるでしょう。



 ところが422年、あっけなく死んでしまったのです。

 皇帝に即位してからわずか2年後のことでした。



 ふるさとの田園で農作業を終えて、仲間とともに楽しく語り合っていたときに、陶淵明はこの事実を知りました。



 「劉裕の命は、皇帝になってからたった2年だったのですか。

 あんなに元気よく頑張っていたのに、あっけないなあ。


 それより飲もう飲もう!歳月人を待たず」



 時間や月日というものは、人間の都合に合わせて待っていてくれません。



 「やりたいときに自由にやりたいことができる」

 このことは、人間にとってとても大切なことだと思います。



 明日、自分が生きているなどという保障はどこにもないのです。



 「農民」 兼 「田園詩人」 として自由に生きた陶淵明。



 彼こそ、理想郷である 「桃源郷」 を、自らの手で作り上げた人ではないでしょうか。



 彼の生き方に共感できるものがあると感じるのは僕だけではないと思いますが、いかがしょうか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/12-eabca72e