4 滝川幸辰(ゆきとき) (1891 ~1962)




~学問の自由のためにファシズムと闘った岡山の刑法学者~




 「汝の道を進め、人々をして語るにまかせよ」



滝川幸辰(ゆきとき) の信条です。

自由主義に基づいた学説で、多くの大学の教授たちや学生たちからも信頼されていました。



大学の総長も務めた法学博士で、昭和を代表する学者の一人です。



その彼が休職処分を強制されて大学を追われてしまいました。

さらに、その著書も発禁処分にされてしまったのです。




これはいったいなぜなのでしょうか。




 1891年、幸辰は岡山市で生まれました。

しかし、父親は彼が7歳のときに腸チフスで病死してしまいました。



幼くして不幸に直面しています。



やむを得ず、父のたった一人の弟である叔父に引き取られて育ちました。

家の都合で中学校は神戸、その後大阪の中学校へ転入学しています。



1912年には京都大学に入学し、卒業後は助教授、ドイツ留学を経て、同大学の教授として活躍していたのです。



 ところが、事件は突然起こります。



1933年、当時の政府は幸辰の著書「刑法読本」 を発禁処分とし、当時の小西京都大学総長に対して、幸辰の罷免を要求したのです。



小西総長はこの要求を拒否しましたが、文部省は文官分限令により、強引に幸辰を休職にしました。



これに抗議して、多数の教授たちが辞職し、1,300人もの学生たちも京大を退学しました。



すさまじい抵抗ですね。




これは歴史上「滝川事件」 と呼ばれています。



 では、当時の文部省はいったい幸辰の何を問題にしたのでしょうか。




1 「犯罪は犯人の生活状態を改善しなければ少なくならない。

  刑罰によって犯罪をなくすことは不可能」


2 「姦通罪について、妻の姦通罪だけを犯罪にし、夫の姦通を不問に付すのはよくない」


3 「国家は革命家を敵として取り扱うのはよいが、道徳的に下等な人間として処置してはならない」




このほかに、トルストイの説を肯定しています。



その内容は

 「犯人への報復的な刑罰を科すよりも、同情と理解をもって人道的に扱うべきだ」

 というものです。




 犯罪で、被害者に対して思いを寄せ、温かい視線を向けることは第一であり、最優先であることは言うまでもありません。





 しかし、ともすると加害者が制裁を受け、精一杯の償いをしても、人間であるということを忘れられ、基本的人権までもが無視されたりすることが多々あったことも事実です。




 問われるのは人権感覚です。




ジャヤワルダナの言葉です。




 「憎しみを憎しみで返しても解決にはなりません。

 愛で解決することが必要です」




 この言葉のおかげで、僕たちの日本は太平洋戦争の敗戦後植民地にされず、賠償金も取られずに、独立を回復することができたのです。




 さて当時の文部省は、幸辰の主張を「共産主義的な危険思想」 として、発禁と休職を断行しました。




はたして、危険なのはどちらなのでしょうか。




この年1933年、日本政府は国際連盟を脱退します。

世界から孤立していくわけですね。




その後、日中戦争、太平洋戦争という「戦争」 という名の、最大の人権侵害を繰り返しました。

そして国内、国外をあわせて数千万人の尊い命が犠牲になりました。




最悪の事態です。




 危険なのは当時の政府・文部省であることは明白です。




 その証拠に、政府はつぶされ、幸辰は戦後再び復活して、京大の総長として活躍することになったのです。




  背景にあるのはファシズムですね。




 軍部による独裁をもくろんでいるわけですから、軍部にとって都合の悪いもの、目障りなものは何でも排除されてしまったのです。




共産主義も、自由主義も排除です。

研究の自由、学問の自由も、上から目線の権力で押さえつけたのです。




 この滝川事件は、日本の「反ファシズム運動の最後の輝き」 と言われています。




幸辰とともに自由のために闘ったたくさんの学生や教授たち。

多くの文化人やマスコミも味方でした。




とても大切なことが学べる歴史上の大きな事件の一つではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/118-f0119e6b