12 知里幸恵 (1903~1922) 





~民族差別を乗り越えて文化を復興させたアイヌの少女~





 死を覚悟して上京した19歳の少女です。


 知里幸恵(ちりゆきえ) は、その後二度と生きて、故郷の北海道の土を踏むことはありませんでした。




 アイヌ民族差別と持病の心臓弁膜症と闘いながら、その短い生涯を民族の自由と平等にかけた人です。




 差別を乗り越える、民族の誇りを取り戻す、そして


 「人間の本当の豊かさとは何か」



 を死の間際まで問い続けました。




 彼女の命と引き換えに出版された一冊の本が 「アイヌ神謡集」(しんようしゅう) です。




 「その昔、この広い北海道は私たち先祖の自由の天地でありました」


 これは高らかな 「先住民族宣言」 ですね。




 1903年、幸恵は北海道登別市で生まれました。

 富国強兵をめざす当時の明治政府は、アイヌが暮らす土地を次々に奪い取っていたのです。




 日本語を強要され、名前も日本式に改めさせられ、幼いころからアイヌは劣った民族だと教え込まされていました。



 典型的な民族差別ですね。




 文字はありませんでしたが、祖母が謡うアイヌの叙事詩「カムイユカラ」 を聞きながら、言語と感受性にすぐれた少女に成長していきました。




 1910年、7歳になった幸恵は、旭川の小学校に入学しました。

 ここは、アイヌの子どもを教育により和人に同化させるための 「旧土人学校」 でした。




 この言葉自体が差別的であることは一目瞭然ですね。




 幸恵は、見下されることのない立派な日本人になろうと努力し続けますが、ただアイヌというだけで、和人からの差別にさらされるのでした。




 1917年、14歳になった幸恵は、旭川の女子職業学校に合格しました。

 しかし、初めての唯一のアイヌの生徒である彼女は、同級生に受け入れられず一人孤立します。




 「ここはあんたのくるところじゃないわよ」




 冷たい排除の差別ですね。




 幸恵の日記です。

 「目に見えない厚い壁が築かれている。くやしい・・・」




 それでも必死に学び、作文と習字が特に得意な、成績優秀な生徒に成長しました。

 もちろんアイヌ語も日本語も自由に話すことができ、ローマ字も習得しました。




 日本語は彼女にとっては外国語と同じですね。




 1918年、一人の人間との出会いが、幸恵の生き方を変えます。

 東京から旭川にやってきた言語学者、金田一京助(きんだいちきょうすけ) です。




 彼は幸恵の祖母からアイヌの文化を必死に学んでいたのです。




 「あなたたちアイヌの伝承は、貴重なものです。

 あなた方が決して劣った民族ではないという何よりの証拠なのです」




 この言葉がきっかけになり、幸恵は金田一の下で、一冊の本を出版して世に問うために上京することになりました。




 1922年5月、東京で幸恵が見たものは、物に振り回され、余裕を失って忙しそうに歩きまわる人々でした。



 8月、無理を重ねた幸恵は心臓発作を起こしますが、アイヌ語をローマ字で表記し、日本語に訳す執筆を続けます。




 9月18日、原稿の最終チェックをすべて終え、「アイヌ神謡集」 がついに完成しました。




 そして、正にその日の夜、幸恵の容態は急変し帰らぬ人となったのです。

 あまりにも短すぎる、わずか19年の生涯でした。




 金田一京助の回想です。




「語学の天才」


「天が私に遣わしてくれた、天使のような女性」




 アイヌの心豊かなカムイユカラの叙事詩は、その後フランス語、英語、ロシア語にも翻訳されました。




 まぎれもなく、アイヌは北海道の先住民族です。




 そして同じ日本に住む、同じ人間です。




 互いに学びあえることが、現在もそして将来も、たくさんあるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/113-afe9b916