8 平塚雷鳥 (1886~1971)




~男尊女卑と闘い女性解放運動に尽くした青鞜社の太陽~




 「元始、女性は太陽であった。

 真性の人であった。



 今、女性は月である。

 他に依って生き、他の光によって輝く、病人のような蒼白い顔の月である」




 日本で最初の女性による女性のための文芸誌 「青鞜」(せいとう) の発刊宣言です。




 平塚雷鳥(らいてう) はその波乱に満ちた生涯の中で、いじめや女性差別を乗り越えて、自由と平等のために闘った人権感覚豊かな人です。




 その原点になるのが、この有名な 「女性宣言」 でした。




 雷鳥はペンネームで、本名は平塚 明(はる)といいます。

 東京で三人姉妹の末娘として生まれました。




 父親は会計検査院次長でした。

 生まれつき声帯が弱く、声の出にくい体質でした。




 幼少のときは、1年半欧米を視察巡遊した父の影響で、自由な環境で育つことができました。

 しかし、小学校を卒業すると父の意思で、国粋主義教育のモデル校の高等女学校に入学させられてしまいました。




 雷鳥はここで早くも 「反乱」 を起こします。




 修身の授業をサボる 「海賊組」 を組織して、学校の教育方針に抵抗したのでした。

 1908年、日本女子大学在学中の22歳のときに 「塩原事件」 を起こします。




 これは心中未遂事件です。




 相手は森田草平という名の夏目漱石の弟子で、妻子ある男性の作家でした。


 不適切な恋愛になったのでしょうか、雪の塩原を逃避行しましたが死にきれず、世間を騒がせることになったのです。




 雷鳥は新聞に顔写真を掲載され、色情狂とののしられ、あることないことを次々に書き立てられました。




 これは 「いじめ」 ではないでしょうか。




 しかし、雷鳥はこのバッシングを乗り越えます。

 1911年、青鞜社(せいとうしゃ) を立ち上げました。




 女性解放運動の始まりですね。




 女性の読者からは共感の手紙が殺到し、自宅まで訪ねてくる読者もいました。


 新しい女性論を展開して、自由恋愛を主張した文芸誌 「青鞜」 はジャーナリズムの脚光を浴びました。




 しかし、男性の読者や新聞などでは冷たい視線が多く、青鞜社を揶揄(やゆ) する記事が書きたてられました。




 しばしば権力による発禁処分も受けています。

 自宅には石を投げ込まれることもありました。




 これも 「いじめ」 ではないでしょうか。




 当時の民法により、家父長制の下で女性は男性に従属させられていたのです。

 男性だけに都合のよい法律です。




 女性差別は、基本的にその多くは男性の問題ですね。




 時には、女性が女性を差別するということもあるそうですが。


 1914年、彼女は5歳年下の画家、奥村博史と同棲します。




 正式な結婚ではなく、戸籍を入れない同棲を選んだのは、既成の家族道徳への挑戦という意味がありました。




 博史との間には2人の子どもが生まれましたが、従来の結婚制度や 「家」 制度を良しとしませんでした。




 平塚家から分家して戸主となり、2人の子どもを私生児として自らの戸籍に入れたのです。

 18年には結婚という形をとりましたが 「新しい女」 として注目されました。




 1919年、市川房枝らとともに 「新婦人協会」 を結成しました。

 ここでは特に、婦人参政権の獲得を主張して活動しました。




 大正時代は男性にだけ選挙権があり、女性にはなかったのです。


 これも明らかな女性差別ですね。




 この運動は、結局昭和時代になって第二次世界大戦が終わってから実を結ぶことになります。




 さまざまな紆余曲折はありましたが、人間として人間らしく生きることをめざして闘った平塚雷鳥。




 自ら燃えて、自ら光を放ち続けたその一生は、まさに月ではなく太陽のようですね。




 その熱き生き方。




 日本史上注目すべき女性だと僕は考えています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/109-26905195