3 牧野伸顕(まきののぶあき) (1858 ~1954)





~国際会議で世界初の人種差別撤廃を提案した日本全権~





 明治維新の三傑の一人として有名な大久保利通の次男です。




 今日 「世界人権宣言」 により、人種差別をはじめとするあらゆる差別が不幸をもたらすことであることは、広く世界で認められつつあります。




 この世界人権宣言の先駆けとなった画期的な提案をした人が牧野伸顕ではないでしょうか。



 彼は第一次世界大戦後に行われたパリ講和会議の席上で 「人種差別撤廃」 を強く発言しました。




 世界で初めての、時代を先取りする内容だと思います。




 伸顕は牧野の姓を名のっています。

 鹿児島で大久保利通の子として生まれていますが、生後間もなく養子に出されたからです。





 11歳のときに父や兄とともに岩倉使節団に加わってアメリカに渡りました。

 1880年には、イギリスのロンドン大使館に赴任しています。





 確かに薩摩閥により人脈が豊かなこともありましたが、彼の政治姿勢は生涯にわたって民主主義・自由主義で、対外協調的な外交を大切にすることは徹底していました。





 第一次世界大戦の講和会議はパリで開かれました。

 この会議に日本の次席全権大使として出席したのが牧野伸顕です。





 主席は西園寺公望 (さいおんじきんもち) でしたが実質的には伸顕が采配を振っています。



 ここで歴史上有名な 「国際連盟」 が成立します。




 アメリカのウィルソン大統領が提案したことも世界中で広く知られていますね。

 国際連盟規約委員会で規約などの話し合いが行われましたが、注目すべき議題が提案されています。





 すでに固まっていた14カ条に加えて、伸顕は 「第15条」 として 「人種差別撤廃条項」 を提案したのです。



 イタリアやフランスは賛成してくれましたが、イギリスの全権大使ロバート・セシルが大反対します。




 これでは

 「イギリスは人種差別によって繁栄している国です」




 と言っているのと同じですね。





 アメリカもそうです。

 黒人だけでなく、先住民のインディアン、日本人に対しても人種差別が横行していました。





 イギリスは海外に広大な植民地をもち、

 「日本が軍事的に力をつけようが我々と対等ではない」




 と公使が公言するような状態でした。



 まさに差別を絵に描いたような発言ですね。





 紛糾する会議場で、伸顕は突っぱねました。

 「この案は日本国民の揺るぎ無い総意である」





 16カ国で多数決をとった結果、11対5で法案が可決したと思われた矢先のことでした。




 突如、議長のウィルソン大統領が発言しました。

 「全会一致を見なかったので、不採決」




 これに対し伸顕は声を荒げます。

 「ここまではすべて多数決だったのにも関わらず、何故だ」




 この一連のやり取りを皆さんはどのように受け止められるでしょうか。



 結局、人種差別撤廃案は歴史の闇に葬り去られましたが、世界で大きな反響が起こることになります。





 アメリカの黒人協会は、次のように称賛しました。


 「全米の黒人は日本国に最大の敬意を払う」

 



 さらにはアジア、アフリカの主導者たちからも多くの喝采を受けることになったのです。



 少なくとも考えられることは、この時点でアメリカとイギリスの代表は 「人権感覚が豊かであったとは言えない」 ということです。





 帝国主義による植民地政策が、列強諸国によって強引に正当化されていた時代にあって、人種差別、民族差別は権力者のための支配の道具でした。




 僕たちの日本も例外ではなく、この道具を使っていったことは、その後の日本史が証明しています。




 このような中で、牧野伸顕の言動が、暗闇を照らす一筋の光のように見えるのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/104-fcb841ea