1 北里柴三郎 (1852 ~1932)





~学閥と闘い伝染病予防に尽くした日本細菌学の父~





 破傷風の免疫血清療法やペスト菌を発見した世界的な伝染病研究者として有名です。




 北里柴三郎の研究所からは、黄熱病の研究で知られる野口英世、赤痢菌発見者の志賀潔、梅毒薬サルバンサン開発者の秦(はた) 佐八郎などが次々に巣立っています。




 しかし、科学的な実績もさることながら、柴三郎は常に一般民衆の目線に立ち、官僚や学閥主義と闘った人でもあったことをご存知でしょうか。




 意外なことに、彼は少年時代、医者にだけはなりたくないと思っていました。




 では何になりたかったのでしょうか。


 「武士」です。




 時代が明治になっても兵学校へ進みたいと考えていました。


 ところが親が強引に、熊本に新設された医学校に進学させてしまいました。




 柴三郎は自分の希望とは違う学問をさせられたのですが、一人の人間との出会いによって、医学の道を本気で志すことになったのです。




 その人の名は、オランダ人のマンスフェルトです。




 こんなこともあるのですね。


 一人の人間との出会いで人間には何が起こるかわかりません。




 1875年、東京医学校 (現在の東京大学医学部 )に進学し、卒業後は内務省衛生局に就職しました。




 1885年にはドイツのベルリンに留学し、ロベルト・コッホのもとでめざましい研究の成果を上げていきました。



 そのため、ケンブリッジ大学やペンシルベニア大学からも柴三郎を招く話がありましたが、彼はあえて断り日本へ帰国しました。




 1892年のことです。



 理由は、はっきりしています。



 「自分は日本の伝染病予防のために尽くしたい」




 しかし、帰国はしたものの就職先がありません。


 ここであの福沢諭吉が強力な援護を行います。




 諭吉は柴三郎のために私財を投じて 「伝染病研究所」 を設立し、さらに政府にかけあって研究所を公的な機関に昇格させたのです。




 管轄は内務省でした。

 北里柴三郎が日本の医学発展に欠かせない人物であることを見抜いていたのですね。





 諭吉は1901年に亡くなりましたが、この好条件のもとで、伝染病研究所が次々に大きな成果を出していったことは、全国に広く知られている通りです。




 ところが1914年、柴三郎は突然、文部省から衝撃的な通告を受けます。


 「伝染病研究所を内務省から文部省の所管に移し、東京大学医学部の付属機関にする」





 これは何を意味するのでしょうか。





 一言でいえば、「文部省と東京大学の傘下に入れ 」ということです。





 もっと言ってしまえば、

 「研究所は優れた実績を上げたので、権威ある文部省と東京大学が部下として認めてやる。




 今後とも権威ある指導者のもとで研究に励め」

 ということですね。





 上から目線で、差別的な扱いをして支配下に置こうとしていることは明白です。





 世の中にはたくさんの学閥、派閥があり、差別が横行しているのも事実ですね。

 柴三郎は激しい怒りを覚え、学閥や官僚主義と闘う決心をします。





 彼の結論は、研究所長の 「辞職」 でした。





 驚いたことに、所員たちも全員一斉に辞職したのでした。





 差別に負けなかったのですね。

 大変な勇気ある闘い方だったと思いませんか。





 そして同年、私設の 「北里研究所」 を立ち上げます。


 この研究所はその後発展し、北里大学病院になりました。





 1917年、柴三郎は請われて、慶応義塾大学に医学部を創立しました。





 なぜ慶応なのでしょうか。





 もうおわかりですね。



 故福沢諭吉の恩に報いたいということでしょう。




 とても自由で、人間味のある柴三郎の人生に共感できる人は僕だけではないと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/102-5cea05b5