10 与謝野晶子 (1878 ~1942)




~戦争に反対し自由主義的教育運動を推進した女流歌人~




 与謝野晶子ほど言いたいことを言い、やりたいことをやった女性がどれほどいたでしょうか。




 歌集 「みだれ髪」 で知られる女流歌人として有名な才女ですね。


 明治の優れた文学者として国語の教科書ではおなじみです。




 ところが近年、中学校の歴史の教科書でも、写真つきで彼女が堂々と登場しはじめていることをご存知でしょうか。




 戦争が最大の人権侵害であることは明白ですね。

 罪もない多くの人々を次々に殺していくからです。




 晶子はそこを鋭く指摘し、有名な反戦の詩を大胆に発表しているから写真つきになるのです。




 晶子は現在の大阪府堺市で生まれました。

 家は駿河屋という老舗の菓子商で、父親の姓から独身時代は鳳晶子 (ほうあきこ) と名のっていました。




 彼女の結婚は 「略奪結婚」 と言われています。

 相手の男性は与謝野鉄幹 (よさのてっかん) です。

 


 妻のいる鉄幹を積極的に歌で攻めたてました。

 現在でいう逆ナンパに当たるのでしょうか。




 おかげで鉄幹は、晶子との結婚のときにはすでに2度も離婚をしていたのです。

 情熱的な恋愛として、世の注目を浴びました。




 1899年、晶子は夫の鉄幹とともに東京新詩社をおこし、翌年、雑誌 「明星」 を発刊しました。




 晶子の代表作 「みだれ髪」 はここで評判になりました。

 大胆な自由恋愛の表現が、新鮮なショックになり、当時のたくさんの人々の話題を呼んだのです。




 1904年には、戦争に行った弟を案ずる詩が、明星で発表されました。


 題名は 「君死にたまふことなかれ」 




 この詩が歴史の教科書や資料集で大きく取り上げられている作品です。




 「ああ、弟よ。私はあなたを思って悲しんでいます。



 あなたは決して死んではならない。

 末っ子として生まれたあなただから、親はいっそうかわいがって育ててきたのです。



 私たちの親は、あなたに刃をにぎらせて、人を殺せと教えたでしょうか。

 人を殺して自分も死ねと、そんなつもりで24歳まで育てたでしょうか。」

 


 ここでいう戦争とは、あの 「日露戦争」 のことです。

 肉親の身を案ずることを通した、明らかな戦争に反対する詩ですね。




 さらに、この詩の2番では、次のようにうたっています。

 「戦えというけれど、天皇ご自身は戦争に出てきません」

 



 これは明治天皇に対する批判になりますね。





 当時は大日本帝国憲法のもとで主権は天皇にあり、これに触れることは大変なことでした。




 当然のことながら、政府をはじめ、右翼、それに天皇を尊敬し、敬愛する多くの国民からバッシングを受け、非難ごうごうの嵐にさらされることになったのでした。




 場合によっては命すら危ぶまれます。




 しかし、晶子は負けませんでした。

 これらの非難に対する彼女の返答は短くて痛快です。




 「おなごというものは古来、戦 (いくさ) ごとを好みませぬ」




 1921年、晶子は文化学院の設立に参加し、39年には 「新約源氏物語」 を完成するとともに、自由主義的教育運動を推進しました。




 母性は女の天職とすることに反対し、男女の本質的平等や女性の経済的自立、高等教育、職業開拓などを主張しました。




 とても自由で先進的な考え方ですね。




 そして自分自身が生んだ11人の子どもたちも、5人の息子はすべて大学に入れ、6人の娘もすべて高等女学校へ進学させる教育熱心さでした。




 時代が作りだした社会常識や固定観念、政府をはじめとする男性たちの上から目線に惑わされることなく、自由に生きた与謝野晶子。




 人間が人間らしく生きることの大切さを、身をもって実践した数少ない女性だったのではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://eichi862.blog.fc2.com/tb.php/100-71b10afb