10 毛沢東(もうたくとう) (1893年 ~ 1976年)





~権力返り咲きで孤独になった社会主義中国の建国者~





 その生涯に、光と影がはっきりした人物ではないでしょうか。




 「光」 とは国民の大多数の農民の立場に立って、中華人民共和国を建国した世界史に残る英雄でしょう。




 「影」 とはその政策の失敗と粛清により、数千万人の国民を犠牲にした独裁者だと思います。




 ヒトラー、スターリンとともに、毛沢東は「世界の3大殺戮者」 の一人と呼ぶ人もいるほどです。



 プラスの意味でもマイナスの意味でも、両面からの「権力」 のすごさを感じさせる生き方をしました。



 1893年、毛沢東は湖南省の裕福な農家の三男として生まれています。




 師範学校を卒業後、北京大学の図書館員になりました。

 その後、中学校の歴史の教員をやったり、出版社を設立したりしました。




 彼が世に出るきっかけになったことは、1921年に上海で行われた中国共産党の結党に参加したことでしょう。




 このとき、毛沢東は20代の若さでした。




 このころの共産党は農民を大切にし、農民の立場に立って孫文の呼びかけにも応じて政策に協力していました。




 しかし、蔣介石が国民党のトップに立つと、その思想の違いから敵対してしまいました。


 さらに日中戦争で、日本とも戦うことになったのです。




 苦しいながらもこのピンチを切り抜けられたのは、毛沢東が提案した「抗日民族統一戦線」 のおかげでしょう。




 戦後再び国民党と共産党の内戦になりましたが、これに勝利して1949年「中華人民共和国」 の建国宣言をしました。




 毛沢東主席の誕生です。




 「人民のものは針一本たりとも盗るな」




 この一言に象徴されるように、毛沢東の「人民解放軍」 は常に規律正しく、民衆からも広く支持されていました。




 ところが、建国後の政策は大きな失敗をもたらします。




 彼が打ち出した「大躍進政策」 と名付けられた増産計画は、結論を先に言うと、約3,000万人の餓死者を出したのです。




 全国の農村に原始的な溶鉱炉を築かせ、農民は鉄の生産を競い合いました。

 燃料となる薪を手に入れるため、樹木は切り倒されて、山は丸坊主になったのです。




 農作業放棄のため、農業生産物は激減して激しい飢餓がおこりました。




 中には幼児を誘拐してきて殺し、その肉をウサギの肉と偽って売るような悲惨な事件もおきました。




 あげくの果てに、生産した鉄は粗悪で使い物になりませんでした。

 これでは大躍進どころか、大後退ですね。





 失政は火を見るより明らかです。

 さすがに毛沢東も、政界から手を引く決意をしました。





 この心労からか、彼は肉を口にしなくなりました。




 しかし、一度は権力を手にしていたので「再び」 と願ったのでしょうか、数年後に暴挙に出ます。




 悪名高き「文化大革命」 です。





 毛沢東を崇拝する学生を中心に「紅衛兵」 という集団を組織し、暴力で政権を奪還して独裁者になったのです。




 政敵を次々に殺しまくり、中学生は担任の教師にリンチを加え、大学生は毛沢東に批判的態度をとる知識人、大学教授、党幹部を広場に引っ張り出して吊るし上げたのでした。




 しかし、荒廃した国内の回復をはたさぬまま、1976年9月に息を引き取りました。




 文化大革命というのは、革命というよりも毛沢東を神格化し、独裁政治に都合の悪い者を大量に粛清していった人権侵害の事件なのです。




 だから毛沢東には、心を許せる家族も友人もいませんでした。

 性欲は旺盛で、若い女性の肉体を次々に求め続けましたが、愛情とは別でした。




 薬を飲ませようとすると、それを毒と思い、知らないところで人が話をしていたら裏切りだと思い、絶対的な忠誠でなければ反逆者だと思っていました。




 常に心労の連続であったことは、容易に推測できますね。




 差別意識から解放されなかったために、孤独な晩年を過ごすはめになったと考えるのは僕だけでしょうか。
スポンサーサイト
9 蔣介石(しょうかいせき) (1887年 ~ 1975年)





~権力にすがり続け台湾からも見放された中華民国の総統~





 諸外国の侵略から、中国を守り抜いた英雄の一人といえるでしょう。

 中学校や高校の歴史の教科書や資料集にも、写真つきで登場することが多い人物です。




 孫文の辛亥革命(しんがいかくめい) に参加して、アジア初の共和国建国に貢献しました。

 孫文の死後は北伐(ほくばつ) で中華民国を統一し、日中戦争でも首都を重慶に移して戦いぬいて最後まで屈しませんでした。




 中華民国の総統にもなった人です。




 ところが、中国本土だけでなく彼が最後に居住した台湾からも、必ずしも高い評価を得ているとは言えません。




 なぜでしょうか。




 1887年、蔣介石は中国東部、江南の浙江(せっこう)省で生まれました。

 日本に留学し、孫文に出会っています。




 中国同盟会に入って、帰国後は革命運動に加わることになりました。

 特に、中国国民党の軍事指導者として頭角を現すことになります。




 ただ、中国共産党に対して、孫文は互いに協力して第一次国共合作を成し遂げましたが、蔣介石はクーデターを起こし、共産党を正面から排除しようとしました。




 上海で多くの共産党員を射殺しています。




 思想の違いもさることながら、この事件の裏で見え隠れしているのは、大地主と大資本家たちですね。




 社会主義になって一番困るのは彼らだからです。

 蔣介石は彼らの立場に立ったとも考えられます。




 1931年に始まる満州事変や、その後の日中戦争で中国は侵略をされ始めました。

 国全体のピンチです。




 それでも蔣介石は日本と戦おうとせず、あくまで中国共産党との戦いを続けたのです。

 ここにおよんで張学良(ちょうがくりょう) という人物が「西安事件」 をおこします。




 何と蔣介石を監禁したのです。




 中国共産党の周恩来も西安にかけつけて蔣介石を説得し、やっと第二次国共合作が成立しました。




 これで侵略のピンチを乗り切ることができたわけです。

 しかし日中戦争後、国民党と共産党は再び内戦状態になります。




 結果は共産党が勝ち「中華人民共和国」 が成立しました。

 敗れた蔣介石は台湾に逃れて、あくまで「中華民国」 として敵対を続けました。




 圧倒的な軍事力をもちながら、国民党が共産党に勝てなかったのはなぜでしょうか。




 それは、蔣介石は資本主義の名のもとに、大地主や大資本家の立場に立って、国民の大多数である農民を見下していたからではないでしょうか。




 その背景に差別意識が見えますね。




 だから、1947年、台湾では国民党政権に対する大規模なデモや抗議運動が発生しました。

 蔣介石はこれを武力で弾圧し、無差別発砲や銃殺を繰り返したのです。




 台湾人の死者は18,000人から28,000人と推定されていますが、正確な数字はいまだに不明のままです。



 この事件は2月28日から始まったので、台湾の歴史上「2・28事件」 と呼ばれています。




 蔣介石はあくまでも共産党を攻撃し、中国全土の実権を取り戻そうとしたので、一般民衆の声に耳を傾けないほどかたくなになっていたのでしょうか。




 諸外国の説得にも応じませんでした。




 戦勝国として国際連合、安全保障理事会の常任理事国となった中華民国は、経済が発展し生活水準も向上しはじめました。




 しかし、国際連合が「中華人民共和国」 を中国の代表として承認すると、蔣介石は激怒します。

 アメリカや日本の説得も無視して国連を自ら脱退し、西側諸国との国交断絶を招いたのです。




 国際的に孤立したまま、蔣介石はこの台湾で亡くなりました。

 この間の蔣介石の心労は、どれほどのものだったでしょうか。




 権力を一般民衆のために行使しなければ、支持を失います。




 彼が差別意識からもう少し解放されていれば、中国本土からも台湾からも支持者が増え、40年以上もの「戒厳令」 など必要にならなかったのではないでしょうか。
8 スターリン (1879年 ~ 1953年)





~権力と猜疑心の狭間で揺れたソ連の独裁者~





 その数1,000万人超。

 これほどたくさんの人間を殺した人物が他にいたでしょうか。




 しかも、その犠牲者の多くがソ連国内の人々だというから、さらに驚きです。




 世界初の社会主義国「ソ連」 を成立させたレーニンの後を継いで、急速な工業化と農業集団化を推し進め、ソ連の国力を増大させた人がスターリンです。




 しかし、彼は強大な権力を行使しながらも、その裏では猜疑心(さいぎしん) のかたまりのような人物だったとも言われています。




 なぜでしょうか。




 1879年、スターリンは黒海に近いグルジアで、貧しい靴職人の子として生まれました。

 父親は大酒飲みの怠け者。

 


 酔ってたびたび息子に暴力を振るいました。


 おかげで、彼は少年時代から粗暴でうたぐり深い人間になっていました。




 ロシア革命のときは、逮捕、流刑、脱出を繰り返しながらも革命活動に身を投じ、1912年以降、ボリシェビキの要職に就くことができたのです。




 しかし、レーニンは後継者としてのスターリンの資質を疑って悩んだといいます。

 権力の座に就くためには、手段を選びませんでした。




 まず、最大のライバルはレーニンの側近だったトロツキーです。




 手始めにトロツキーの息子を殺害し、次にダイナマイトと焼夷弾、機関銃で武装した男たちにトロツキーの別荘を襲わせました。




 かろうじてメキシコへ逃れたら、今度はメルカデルという名の刺客を送って殺害させています。

 ピッケルで頭を攻撃して抹殺しました。




 さらにキーロフという弁舌家も部下に命じて暗殺させ、その暗殺実行犯と目撃者、関係者もすべてこの世から消し去ってしまったのです。




 ものすごい執念ですね。




 有名な「カチンの森の大虐殺」 では14,000人のポーランド兵を銃殺して穴埋めにし、「白海運河」 の建設では25万人の労働者を犬死にさせています。




 集団農業においても、一言でも不満を漏らそうものなら大変です。

 即、シベリアなどの強制収容所に送られ虐殺されました。




 1934年に始まった反対派への「粛清」 は凄惨を極め、共産党中央委員の約70%の人々が銃殺刑で命を落としています。




 一般庶民の餓死者も600万人にのぼるといわれています。

 しかし、この強烈な独裁者も、自分が暗殺されるのを恐れて常にビクビクしていました。




 パーティーの食事は、必ず毒味役をつけ、空気に毒ガスが混ぜられていないかと空気の分析までさせました。




 極めつけは、彼の寝室です。




 鋼鉄のような頑丈な構造の寝室をいくつも作り、毎晩自分がどの部屋で寝ているかわからないようにしたのです。




 すべての部屋の窓に厚いカーテンをかけ、外からは決して光が見えないように工夫しました。

 恐ろしいほど徹底していますね。




 部屋の鍵は自分だけが持ち、何重にもかけました。

 妻子や付き人でさえスターリンの寝ている場所がわかりませんでした。




 あえていえば、緊急の連絡に備えて全室に電話を取り付けたことと、特別なセンサーにより、警備員にだけその居場所を知らせることができました。




 これでは一時も気が休まることがなかったでしょう。

 彼が最も恐れていたことは、自分自身が動けなくなったときですね。




 1953年、その恐れは現実になりました。




 あっけない最期ですね。




 「すべて終わりだ。

  誰も信用できない。




  この自分でさえも」




 スターリンのつぶやきです。




 彼の妻は夫が行った「大粛清」 を苦に自殺しています。




 溺愛していた娘は、父の死後1957年になって、姓をスターリンから母の旧姓に変えています。




 この妻子の行動はいったい何を意味しているのでしょうか。




 これでは何のために命がけで権力を握ったのかわかりませんね。




 スターリンの心労にまみれた壮絶な一生から、僕たちは大切なことを学べるのではないでしょうか。
7 ルーズベルト (1882年 ~ 1945年)





~仮面夫婦生活で神経をすり減らしたアメリカの大統領~





 「フランクリン・ルーズベルトは自分の妻に殺された」

 と言えば、言いすぎでしょうか。




 もっとも、その原因は「自らがつくりだした」 ともいえると思います。




 世界恐慌を乗り越え、アメリカ大統領としては異例の4選を果たすなど、多くの国民から絶大なる支持を受けた優れた大統領です。




 ところが戦勝国でありながら、彼が死んだ1945年という年は、敗戦国のムッソリーニやヒトラーと同じ年なのです。




 いったい、ルーズベルトに何が起こったのでしょうか。




 ニューヨークの名家に生まれた彼は、28歳の若さで早くも上院議員に当選しました。




 政治家として順調に頭角を現し、途中で小児麻痺で苦しんだこともありましやが、1928年にはニューヨーク知事、32年には大統領に当選しました。




 「炉辺談話」 と名付けられたラジオ放送でウィットあふれる政策説明をして、アメリカ国民の政治への信頼を確立していきました。




 中学校や高校の教科書にも載っている「ニューディール政策」 は特に有名ですね。




 大胆な公共事業を起こすなどして、世界恐慌から立ち直ることに成功したのです。




 多くの失業者が雇用され、銀行の信用を回復するための「緊急銀行救済法」 を制定したり、評判の悪かった「禁酒法」 を廃止したりもしました。




 これらの彼の政策は、たくさんの国民から支持され、現在でも世界史上のすぐれたリーダーの一人として語り継がれています。




 しかし、このルーズベルトにも大きな落とし穴があったのです。




 それは女性問題です。




 彼は、ルーシーという名の女性秘書と不倫をしてしまいました。

 この事実を知った妻エリノアが黙っているはずはありませんね。




 「冗談じゃないわ」

 と思うのは当然のことでしょう。




 すったもんだの家庭内戦争は必至です。

 一時は離婚も考えました。




 間に入ったのは姑で、ルーズベルトの政治生命を危ぶんだので、「家庭内別居」 という「休戦協定」 で妥協させられたのでした。




 それからというもの、妻エリノアは夫の身の回りの世話を一切しなくなりました。




 夫婦生活は完全に破たんしてしまいました。

 15年もの長きにわたる「仮面夫婦」 が延々と続いたのです。




 いくら夫が国民に人気のある大統領でも、妻としてはプライドをズタズタに傷つけられ、このままではおさまらないと思ったのでしょう。




 妻は「復讐」 を開始したのでした。

 ルーズベルトの仕事は誰が考えても激務です。




 仕事から帰れば、たとえ束の間でも家庭でゆっくりとくつろぎたいところでしょう。

 しかし、妻エリノアはわざと議論をしかけていったのです。




 これでは休む暇もなくなり、夫ルーズベルトはさらにヘトヘトに疲れてしまいました。

 これを繰り返すことが、妻の復讐だったのです。




 自分が播いた種とはいえ、夫の心労は相当なものだったでしょう。

 それでも、大統領という社会的地位、権力が大切だったのでしょうか。




 極めつけは、彼の死期が近づいたときです。

 唇に皮膚や粘膜が青紫色になるチアノーゼが出るほどの重体になったときでした。




 妻は書類を夫の枕元に突き付けたのです。

 ここに及んでも議論、説教を行い、徹底的に追い詰めようとしました。




 これでは病気が悪化する一方ですね。




 結局、亡くなるまでの2年間、ルーズベルトに寄り添い、みとったのは妻ではなく、愛人のルーシーでした。




 彼らの娘が二人を会わせたのです。

 この娘の一言がまた強烈です。




 怒りに震える母エリノアに対して、こう言い放ちました。




 「お父さんに安らぎをあげたかっただけよ」




 どんなに立派な仕事をして有名になっても、自分の足元に火がついてしまったら元も子もないという典型的な例です。




 家庭の大切さとは何か、改めて考えさせられるできごとですね。
6 ヒトラー (1889年 ~ 1945年)





~数々の心労から自殺に追い込まれたドイツの独裁者~





 「ああ、やっぱり・・・」

 ある新聞記事を見たときの僕の率直な感想です。




 そこには、ヒトラーの生前の行動を知る、95歳のある女性の生々しい証言が記載されていました。



 世界を震撼させた、独裁者ヒトラー。



 しかし、その強大な権力の裏には、数々の強烈な心労が見え隠れします。




 ナチスの強力な軍事力を背景に、一見、とてつもなく強そうに見えますが、心の中では暗殺者におびえ、常にビクビクしていたことが証明される記事内容でした。




 なぜでしょうか。




 1889年、ヒトラーはドイツ国境に近い、当時のオーストリア・ハンガリー帝国のブラウナウ地方で生まれました。




 彼は、少年時代から波乱に富んでいます。




 学校は留年や中退を繰り返し、画家をめざして受験したウィーン美術アカデミーにも連続不合格。



 住所不定の浮浪者として、警察に補導されたこともありました。




 しかたなく、水彩の絵葉書売りなどをしてようやく生計を立てていました。

 オーストリア軍への兵役を嫌って、国外に逃亡したりもしたのです。




 ヒトラーが世に出るきっかけになったのは、1920年のナチス入党です。

 途端にめきめき頭角を現して、1934年には総統になり、独裁権を手にしました。




 演説の天才であったとともに、その実行力も抜群でした。




 アウトバーンとよばれる高速道路は3,000キロメートルにもおよび、世界最大の失業者救済事業とも言われています。




 40万人の雇用を確保し、有事の際には飛行機の発着も可能でした。

 しかし、その一方で強烈な民族差別政策も断行したのです。




 第二次世界大戦の中で、ヒトラーはユダヤ民族の人々を容赦なく毒ガスで殺しました。

 アウシュビッツなどの強制収容所に連行し、その犠牲者は600万人とも言われています。




 ここで気をつけなければならないことは、ユダヤ人への民族差別は、ヒトラーとナチスだけがやっていたことではないということです。




 ドイツだけでなく、ヨーロッパの多くにこの風潮がありました。

 もっと言ってしまえば、ヒトラーの民族差別は多くのヨーロッパが生んだものなのです。




 さて、冒頭の新聞記事です。

 ある新聞とは、2013年5月14日発行の毎日新聞でした。




 ある女性とは、ベルリン在住のマルゴット・ウェルクさんという方です。

 写真つきのこの記事によると、彼女はヒトラーの十数人の毒味役の一人を務めたというのです。




 ヒトラーは菜食主義者で、アスパラガスやニンジンの料理が多く、肉はなかったそうです。




 サラダの葉一枚すら警戒し、毒が効く時間も考慮し、いつも毒味から45分以上たってヒトラーは料理に手をつけていました。




 これでは食べた気がしませんね。

 毎日の食事一つも心労の種だったのです。




 ウェルクさん自身も、毒味をするたびに自分が毒で死ぬ恐怖におびえていました。




 彼女が半世紀以上にわたって、この事実に対して沈黙を通してきたのは、「ナチスに協力した」 という非難を恐れたからです。




 さらに、ドイツ降伏後にソ連兵から暴行を受けたこともあり、自らの体験を語ることはかたくなに避けてきたのです。




 21世紀になって偶然ですが、ベルリンの新聞記者から、長寿を祝う趣旨の取材を受けたことを機に過去を語る決心をしました。




 ヒトラーの心労はまだあります。




 姪のゲリ・ラバウルとの不適切な男女関係と彼女の自殺、数年の獄中生活、そして同盟者ムッソリーニの銃殺と、大衆の前での遺体の吊るしあげです。




 ヒトラーは独裁者ムッソリーニの悲惨な最期を知っていたからこそ、自ら先に命を絶ち、自分の自殺後は「ガソリンで燃やせ」 と部下に命じていたのです。




 彼の生き方は、権力を握っても自由にはなれないこと、多くの心労との闘いが待っているということを学べるのではないでしょうか。