1 武 王 (前1087?~前1043)





~父親が持っていた野心の犠牲になった古代中国の王~





 古代中国の殷(いん) 王朝を滅ぼして周(しゅう) 王朝を建国した王として知られている人物ですね。




 殷は紀元前17世紀頃から約600年続いた、中国最古の王朝とされてきました。

 今から3,000年以上も前の話で、日本では縄文時代です。




 周も紀元前1046年から数百年にわたって長く栄えた、歴史に残る王朝です。

 その周王朝初代の王である武王は、即位後わずか2年であっけなく死んでいるのです。




 なぜなのでしょうか。




 彼の父親は西伯(せいはく) といい、殷の西方に存在する周辺諸侯の一人でした。

 弱小でしたが野心家で、いつか殷を倒し、天下を統一しようと狙っていたのです。




 殷の最後の王は、暴君として有名な紂王(ちゅうおう) です。




 燃え盛る火の海の中に、受刑者が容赦なく転落する「炮烙の刑」(ほうらくのけい)、酒の池と木に吊るした肉とともに裸の男女を豪遊させた「酒池肉林」 などで知られる「悪王」です。




 この殷の紂王にとって代わろうとしたのが周の西伯です。

 しかし、西伯は志半ばで病に倒れます。




 彼には才能に優れた長男がいたのですが、この長男も早々と病死していました。

 だから、次男の発(後の武王) に父の後継者の役目が回ってきたわけですね。




 人徳があり人はいいが、決断力と気迫には欠ける性格だったと言われています。




 幸いにも優れた家臣の太公望が健在で、発の弟の周公旦(しゅうこうたん) も才能豊かな弟でした。




 発は殷に決戦を挑みます。

 牧野(ぼくや) の戦いです。




 周軍は諸侯の連合軍で、5万人でした。

 対する殷軍は70万人の大軍でした。




 ところが、殷軍の大半は奴隷で構成されており、戦いが始まると周軍に寝返るものが続出したのです。




 この戦いは周が圧勝し、殷の紂王は宮殿で焼身自殺をします。

 ここに殷は滅び、発は武王として即位して周王朝が誕生したのでした。




 僕が不思議なのは、このとき武王は、紂王の焼けただれた死体に3本の矢を打ち込み、首を黄金の鉞(まさかり) で落とし、旗の先に掲げたのでした。




 相手は焼死体です。




 国王交代の宣言のための儀式という意見もありますが、小心者がこれでもか、これでもかと、しつこく不必要な攻撃を加えているようにも見えますね。




 歴史は勝者によって作られます。




 このことから、殷の紂王は必要以上の悪王に仕立てられた可能性も考えられるのです。


 天子となった武王は、すでに亡くなっていた父の西伯に「文王」 という名を追号しました。




 その後、功臣たちの論功行賞を行いました。




 その結果、太公望は斉(せい) の王に、周公旦は魯(ろ) の王になりました。

 これが周の封建制の始まりです。




 しかし、天下がまだ安定しなかったので、周公旦は魯(ろ) の国に行かず、中央で兄の武王の補佐をしていました。




 武王は熱心すぎるくらいに、早朝から夜遅くまで政務に励みました。



 見かねた家臣から言われました。

 「少しお休みになってはいかがですか。




 お体にさわります」




 「いや、周王朝の基礎をしっかりさせるまでは休めん」

 このようにはねつけて、頑張り続けました。




 ついに武王は病に倒れます。

 病名はわかりませんが、次のように言い残しています。




 「わしはもう疲れた・・・。

 弟よ、後はたのむぞ・・・。




 幼い王子を助けてやってくれ」


 周の王としての即位から、わずか2年後のことでした。




 過労からくる心労が、大きく関係している可能性が大ですね。

 もしかしたら過労死かもしれません。




 いずれにせよ、武王が権力や差別意識から解放された生き方をしていれば、もっと健康で、楽しく長生きできる方法が見つけ出せたのではないでしょうか。




 周の武王は、早死にするために王になったのでしょうか。
スポンサーサイト
第3集 権力と心労に揺れた人々「世界史編」




                     目  次



はじめに

第1章 紀元前の世界

1 武 王          ~父親が持っていた野心の犠牲になった古代中国の王~

2 ディオニュシオス1世   ~疑心暗鬼に揺れた古代イタリア・シチリアの王~

3 龐 涓          ~友人を罠にかけ敗れて自殺した中国戦国時代の秀才~

4 アショーカ王       ~侵略で苦悩し仏教に救いを求めた古代インドの王~

5 始皇帝          ~不老不死を熱望して揺れた秦の独裁者~

6 項 羽          ~権力直前で四面楚歌に絶望した武の達人~

7 劉 邦          ~皇帝の権力から猜疑心に揺れた漢の建国者~

8 恵 帝          ~母親に絶望して若死にした漢の2代皇帝~

9 司馬談          ~家名をあげようとして憤死した司馬遷の父親~

10 武 帝          ~強大な権力と迷信に振り回された漢の皇帝~

11 李 陵          ~名門のプライドが家庭崩壊につながった漢の将軍~

12 プトレマイオス12世    ~追放されてローマにへつらった古代エジプトの王~

13 クレオパトラ       ~王権と恋愛の狭間で揺れた古代エジプトの女王~

14 ヘロデ王         ~地位のために手段を選ばず悶死した古代ユダヤの王~



第2章 古 代(1~7世紀)

1 アウグストゥス      ~権力と身内の問題で悩み続けたローマの初代皇帝~

2 ネ ロ          ~権力乱用で見放され自殺に追い込まれたローマ皇帝~

3 劉 備          ~家柄と心労に揺れ続けた三国時代の英雄~

4 劉 裕          ~出世後2年で幕を閉じた五胡十六国の武将~

5 ユスティヌス2世     ~責任と心労で発狂した東ローマ帝国の皇帝~

6 宣 帝          ~外戚の圧力で若死にした南北朝時代の皇帝~

7 煬 帝          ~心労から都を捨てて自滅した隋の皇帝~

8 高 宗          ~妻の権力欲で病に倒れた唐の皇帝~

9 玄 宗          ~女色に溺れた権力で子どもに見放された唐の皇帝~



第3章 中 世(8~15世紀)

1 グレゴリウス7世     ~宗教的権威のために追放されて客死したローマ教皇~

2 ハインリヒ4世      ~権力闘争で子どもたちから見放された神聖ローマ皇帝~

3 ヘンリー2世       ~親族と教会を敵にして悩み続けたイギリス王~

4 光 宗          ~残虐な妻から病に倒れた南宋の皇帝~

5 ボニファティウス8世   ~出世後監禁されて憤死したローマ教皇~

6 フィリップ4世      ~教会支配の闘争から衰弱死したフランス国王~

7 洪武帝          ~権力と猜疑心から孤独死した明の太祖~

8 万貴妃          ~嫉妬と毒殺からノイローゼになった明の帝妃~



第4章 近世前期(16~17世紀)

1 エリザベス王太后     ~権力への暗躍から監禁されて死んだイギリス王妃~

2 コロンブス        ~富と権威を手にして失政で見放されたイタリアの探検家~

3 ヒュッレム・スルタン   ~ハーレムに君臨し後継者で悩み続けたオスマンの帝妃~

4 メアリ1世        ~宗教弾圧と不幸な結婚に振り回されたイギリス女王~

5 エイミー・ロブサート   ~国王と夫の狭間で不審死したイギリスの名門貴族夫人~

6 ドン・カルロス王子    ~親の政略結婚の犠牲になって若死にしたスペイン王子~

7 シャルル9世       ~宗教的権力闘争の犠牲になって狂死したフランス国王~

8 イワン4世        ~恐怖政治と錯乱で孤独死したロシア皇帝~

9 メアリ・スチュアート   ~地位と監禁の心労で白髪になったスコットランド女王~

10 万暦帝          ~内憂外患の心労に揺れた明の皇帝~

11 イブラヒム1世      ~暗殺の不安からハーレムを荒らしたオスマンの狂人皇帝~



第5章 近世中期(17~18世紀)

1 クロムウェル       ~共和政と独裁の狭間で揺れたイギリス革命の指導者~ 

2 シャー・ジャハーン    ~タージマハルで見放され幽閉されたムガール帝国の皇帝~

3 呉三桂          ~権力のために農民を見下し自滅に追い込まれた明の将軍~

4 スレイマン2世      ~長い監禁生活の犠牲になったオスマン帝国のスルタン~

5 モンテスパン侯妃     ~国王から見放され修道院で孤独死したフランス寵姫~

6 ニュートン        ~学会での権威と論争に疲弊したイギリスの大科学者~

7 ジョージ1世       ~国民と家族から見放され発狂したイギリス国王~

8 フリードリヒ大王     ~疑い深い老人として孤独死したプロイセンの大王~

9 レオポルト・モーツァルト ~富と名誉で家族の健康を犠牲にした大作曲家の父~

10 ヨハン・ベートーヴェン  ~評判と富のため手段を選ばなかった酒びたりの宮廷歌手~

11 マリー・アントワネット  ~心労で白髪になり断頭台の露と消えたフランス王妃~

12 ジョージ3世       ~政局難と私生活に発狂して廃人になったイギリス国王~



第6章 19世紀の百年間

1 ナポレオン        ~コンプレックスと権力の狭間で揺れたヨーロッパの帝王~

2 アレクサンドル1世    ~望まぬ地位と重圧に押しつぶされたロシア皇帝~

3 アルバート公       ~優等生として私生活の心労に揺れたイギリス女王の夫~

4 咸豊帝          ~内憂外患のストレスから若死にした清朝末期の皇帝~

5 リンカーン        ~心労から奴隷解放を戦略の道具にしたアメリカの大統領~

6 ゾフィー大公妃      ~権威と息子たちとの狭間で揺れたオーストリア皇帝の母~

7 フリードリヒ・ヴィーク   ~名誉と富で家族から見放されたドイツの音楽教師~

8 メンデル         ~権力保持で好きな科学に専念しそこなったチェコの司祭~

9 李鴻章          ~外交の心労で寿命を縮めた清の大臣~

10 セシル・ローズ      ~侵略と心労で戦争中に若死にしたイギリスの帝国主義者~

11 トルストイ        ~妻との不和から家出先で死亡したロシアの文豪~



第7章 20世紀以後の世界

1 袁世凱          ~皇帝の位をねらって絶望死した中国の軍人~

2 アブデュルハミト2世   ~暗殺者におびえ続けた赤い流血のスルタン~

3 レーニン         ~革命の緊張と重責で悩み続けたソ連の建国者~

4 シャルロット皇后     ~プライドと名誉のために発狂したメキシコの皇后~

5 ムッソリーニ       ~臆病で暗殺者におびえ続けたイタリアの独裁者~

6 ヒトラー         ~数々の心労から自殺に追い込まれたドイツの独裁者~

7 ルーズベルト       ~仮面夫婦生活で神経をすり減らしたアメリカの大統領~

8 スターリン        ~権力と猜疑心の狭間で揺れたソ連の独裁者~

9 蔣介石          ~権力にすがり続け台湾からも見放された中華民国の総統~

10 毛沢東          ~権力返り咲きで孤独になった社会主義中国の建国者~

11 江 青          ~権力に寄り添い自殺に追い込まれた毛沢東の妻~

12 ダイアナ         ~外見と心の空洞に揺れたイギリスの皇太子妃~







<訪問者の皆様へ>

 僕の記事にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

 僕が考える世界史上の「権力と心労に揺れた人々」は、上記の77人です。

 来週から一人ずつ、77週間かけて人物エッセイを発行します。

 是非、ご覧いただき、応援していただけたらとても嬉しいです。


第3集 権力と心労に揺れた人々「世界史編」





          はじめに





 権力を握ると自由になれると思っている人が多いのではないでしょうか。

 僕も長い間このように思っていました。




 「権威」 とは人を従わせる力であり、「権力」 とは人を強制する力です。


 だから、自分の思う通りになると考えるのですね。





 人を強制すれば「支配」 が行われます。


 この支配のための道具として利用されてきたのが「差別」 です。





 長い世界の歴史上、いたる所でこの差別が行われ、現在もさまざまな形で使われています。





 しかし、権力を握ること、それはすなわち「心労」 の始まりでもあるのです。

 差別され、支配された人々は、不自由で不自然な状態です。





 こんな状態がいつまでも続くはずがありません。

 早かれ遅かれ、何らかの形での反動は避けられないでしょう。





 権力者は自分の力を脅かす者を排除し、自分を守るために必死になり、いつも何かにおびえている。



 これが、一見強そうに見える権力者の、外からはなかなか見えない姿ではないでしょうか。





 権力は誰のためにあるのでしょうか。

 民衆のためにあることは、言うまでもありませんね。





 これには、一般民衆が必要なものとして、納得して理解していることが、その前提として必要不可欠です。




 これが私利私欲のために使われれば人権侵害につながり、早かれ遅かれ抵抗や反動が起こります。





 古代インド、マウリヤ王朝のアショーカ王は言いました。

 「力で作り上げた王国は、いつか力によって滅ぼされる」





 この言葉の正しさは、その後の世界史が証明しています。





 そして、権力によって立つ者は、いつか権力によって滅ぼされるという事例が、あまりにもたくさんあるのには驚かされます。





 紀元前の古代から現代にいたるまで、世界中でこの現象が繰り返し、頻繁に起きているのです。

 よく見ると、その背景には必ずと言っていいほど、「差別」 が横たわっています。





 長い世界の歴史は「支配と差別の歴史」 である、といっても過言でないくらいです。





 世界史上の数多くの悲劇は、根本において人を見下す「差別心」 から発生しています。





 このことに気づいていても、その差別と支配からなかなか抜け出せずに苦しみ、自分の生き方に疑問を持っていらっしゃる方の数は計り知れないと思います。





 僕自身も、数年前までまさにこのような状態でした。

 差別したり差別されたりという経験は、人間なら誰にでもあると思います。





 僕がこのブログを書こうと思ったきっかけは、権力や不自由と差別心にとらわれている自分自身に、40年以上にわたって気づいていなかったという事実が根底にあるのです。





 歴史は役に立たなければいけないと思います。





 ただ、事実を詳しく書き並べて、おもしろおかしく読める歴史の書物はたくさんあります。

 このブログに登場する人物は、ある意味では反面教師です。





 大きな事業を成し遂げた有名人もいれば、あまり名を知られていない人物もいます。





 ただ、共通して言えることは、自分自身、またはその人の周囲に「権力」 というものがつきまとい、「心労」 に悩まされて痛い目に遭っているということです。





 こうならないためには、どのような方法がありえたのかを考えることで、僕たちの現在、および将来の生き方に生かすことができるのではないでしょうか。





 今回、僕は「人権史観」 の視点から、世界史上の77人の人物に着目してみました。





 上から目線ではなかなか大切なことが見えないので、一般庶民の立場から、その生き方を検証してみました。





 このブログを書く目的は、世界史を見る視点を変えることで、自由で心豊かに生き、「差別意識から解放」 される人を一人でも増やすことにあります。





 これまでの自分の生き方の問題に自分で気づき、それを自分で変えて、幸せに近づける人が一人でも多く増えるように願っています。

                   おわりに




 人間なら誰でも差別をしたり、されたりという経験があるのではないでしょうか。


もし、ないと言い切る人がいたら、僕はその人が差別に気づいていないだけなのだと思います。




では、差別はなぜいけないのでしょうか。


それは、「する側」 も 「される側」 もどちらも不幸になるからです。




される側が不幸になることはだれにでも容易にわかります。


でも、仲間とともに差別を乗り越えることができれば不幸にはなりません。




自由で対等な人間関係、つまり元気で楽しい充実した生き方をすることができるのです。


わかりにくいのは 「する側も不幸になる」 という事実です。




一見強そうに見える差別者。




人を見下し、人の上に立ち、自分の思いのままに行動できることもありますが、こんな不自然な状態がいつまでも続くはずがありません。




やがて強い抵抗を受け、思いのままにならなくなり、自分が人を見下せなくなる不安や不満に恐れおののいている小心者。




これが権力者や差別者の、表面からはなかなか見えない姿です。




差別は多くの場合、「される側」 の問題ではありません。

「する側」 の問題なのです。




もし、される側にも責任があると言うならば、差別が正当化されてしまいますね。




 世の中には部落差別をはじめ、たくさんの差別が存在します。




障がい者差別、在日外国人差別、女性差別、人種差別、民族差別、学歴差別、職業差別、社会的身分差別、いじめなど、まだまだたくさんあります。




はっきり言って、僕はこれらの差別を全部やっていたことに、数十年にわたって気づいていなかったのです。




同時に、される側にも何回も立たされていたことにも気づいていませんでした。





忘れられない一言があります。





「大川原さん、私はね、女性差別と部落差別はされる方だけど、そのほかの差別はする方なのです。

 だから、仲間といっしょに勉強しているのですよ」





「解放」 は差別をすることからも、されることからも、両方から必要なことだと思います。

このことは、人間として生きるからには、誰にでも当てはまることなのではないでしょうか。

 



日本の歴史上にはさまざまな人物が登場します。




基本的人権を視点にしてよく見ていくと、日本史上の有名人の中にも、実に多くの 「差別者」 がいることに気づきます。





統一という名の人権侵害、英雄という名の暴力者、治世という名の身分差別はその事例に事欠きません。




その反面、教科書等ではそれほど大きく扱われていなくても、本人を含めた一般民衆の自由と平等をめざして、熱く生き抜いた人々がいます。




 生きる課題を共有し、一般民衆の立場で人間としての幸福をめざして活躍した人々がいたのす。



志半ばで倒れた人もいれば、一生を全うした人もいます。





彼らに共通していることは、自由な発想で自分の人生を自分らしく生きたということ。

対等で楽しく、生き生きと語り合える人間関係をめざしたということです。





 このブログのテーマは 「人間の生き方」 です。




これは過去から現在、そして将来にもわたる人類の永遠の課題でしょう。




僕は役立つ歴史とは、「人間の生き方」 が学べる歴史だと考えています。

これには基本的人権の獲得が欠かせません。





日本史上には、その生き方に共感できる人物がたくさんいます。

今回僕は、歴史と人権の両方の視点から、65人の人物にアプローチしてみました。





他にも僕がまだ気づいていない、対象になる人物がたくさんいるのではないかと思います。





ぜひ教えてください。




そして、共に学ぶことができたらすばらしいですね。





                                発行者 大川原英智 






<訪問者の皆様へ>


 このたびはご訪問いただき、誠にありがとうございました。

 日本史の人物エッセイとして、自分なりに一生懸命書いたつもりです。



 何か一つでも、みなさんの人間としての生き方、歴史の見方、人権に関することに役立つことがあったら、とても嬉しいです。


 第2集 自由と平等にかけた人々「日本史編」 は、一通り完結しましたので、今回が最終号になります。



 次回からは、第3集 権力と心労に揺れた人々「世界史編」 として更新する予定です。


 引き続きご訪問をいただきたく、お願い申し上げます。
13 緒方貞子 (1927 ~ )





~世界の難民に寄り添い活動した国際連合の改革者~





 「世界の平和は受け身で行動しているだけでは得られません。

 汗を流して構築すべきものです」




 自らの身の危険も顧みず、銃弾飛び交う危険地帯に命がけで飛び込んでいった「小さな巨人」 緒方貞子さんの言葉です。




 僕が彼女の生き方に注目していることは、被差別の立場にある世界のたくさんの難民とともに歩いたことです。





 当時官僚的、天下り的存在だったUNHCR(国連難民高等弁務官事務所) を、自らの勇気と行動力で変えました。




 人権感覚が豊かで、差別意識から解放された人でなければ、なかなかできることではないと思います。





 緒方さんは1927年、東京都港区で生まれました。

 父親が外交官だったため、幼少期はアメリカや中国などで過ごしています。





 小学校5年のときに日本に戻り、大学卒業後はアメリカの大学院に留学しました。





 国際政治学者で、大学教授でもありますが、特筆すべきことは1991年、スイスのジュネーブに本部を置くUNHCRの弁務官に選出されてからの活動です。





 すでに、世界中に2,000万人もの難民がいたのです。





 湾岸戦争では従来の国連の慣例を破って、見捨てられそうになったクルド人難民の支援のために、イランとトルコの国境地帯を12時間も歩きまわりました。





 アメリカのブッシュ大統領にも謁見して、難民の人々のために「多国籍軍をそんなに早く撤退させないでくれ」 と積極的に頼み込んでいます。




 UNHCRと多国籍軍の協力により、20万人の難民がキャンプに収容され、罪のない人々の命が救われました。




 国外流出だけでなく「国内難民」 の支援も彼女の発案です。





 また1992年、旧ユーゴスラビア内戦のとき、緒方さんは防弾チョッキ一つでサラエボの空港に降り立ちました。





 40万人が連日の砲撃にさらされ、道路が封鎖されていたのです。

 空輸によって援助物資を届ける、という作戦に出ました。





 UNHCRにとって、国連保護軍との共同の空輸作戦は史上初めてのことでした。

 過去の憎しみを乗り越えて、住民たちの生活を再建するプロジェクトも立ち上げています。





 例えば、内戦で夫を亡くしたムスリム人、セルビア人の未亡人たちが力を合わせて、人形作りをする事業の支援です。





 民族を越えて共生の世界を作っていかなければ、真の平和と安定にはつながらない、という考えからのプロジェクトです。




 緒方さんは、海外での、日本の難民支援=お金 というイメージを一掃しています。




 
 さらに1994年、アフリカでは100万人のルワンダ難民が出ました。

 このときも緒方さんは現地へ乗り込んでいます。





 この難民の中には、集団虐殺に関与した武装兵士や民兵が紛れこんでいました。

 難民とどのように区別するかが大きな問題になったのですね。





 国連軍も派遣されませんでしたが、UNHCRは女性、子どもが多数の難民キャンプでも旧戦闘員を区別することなく、食糧等を援助しました。





 同義的な問題を理由に、有力なNGOも撤退する中、緒方さんは現場の援助を続けました。


 これらの紛争に共通していることは、背景に民族差別が存在しているということです。





 緒方さんが率いた3期10年の間に、UNHCRは予算、職員数共に倍増し、国連の中心的な組織として生まれ変わりました。





 「地球に共に生きる人間として、支え合おうとする連帯感が必要です」





 現在、および将来の国際社会の在り方を考えるとき、民族差別を乗り越え、言葉や文化が違っても 「共に生きる」 ということが不可欠だと考えるのは僕だけでしょうか。