3 最 澄 (767~822) 




~身分にとらわれず一人一人に目を向けた平安時代の仏教改革者~




 伝教大師 (でんきょうだいし) というおくり名でも知られる平安初期の名僧ですね。


 僕が最澄 (さいちょう) に注目している理由は、




 「人は身分に関係なく一人一人が精神的に救われる」


 ということが彼の考え方の基本にあるからです。




 時の桓武天皇 (かんむてんのう) に対してもこう発言しています。


 「私はかねがね、学問だけの南都六宗 (なんとろくしゅう) の教えに満足できませんでした」




 当時は奈良の都 「平城京」 で南都六宗と呼ばれる六つの宗派が主流でした。


 それを大幅に改革して仏教を民衆のものにしたのが最澄だと思います。




 767年、最澄は近江の国 (現在の滋賀県) の琵琶湖のほとりで生まれました。

 少年時代の名前は広野 (ひろの) といいました。




 14歳で出家し、19歳の時から比叡山 (ひえいざん) で12年間にわたる山林修行を積んでいます。

 多くの悩みと厳しい修行の中で、最澄は唐の鑑真 (がんじん) が日本に伝えていた天台宗に注目したのでした。




 「仏教の根本は法華経 (ほけきょう) にあると私は思うのです。

 その法華経の研究が最も進んでいるのが唐の天台山です」




 こうして804年、留学僧として最澄は唐に渡りました。

 同年、後の弘法大師という名で有名になった空海も唐に渡っていることも、よく知られている事実ですね。




 帰国後、最澄の闘いは本格的に始まります。

 南都六宗の僧たちと対立し、激しい攻撃を受けることになりました。




 最澄以前の日本の仏教は、鎮護国家の思想の下に、国家権力により厳重に統制されていました。




 出家の儀式である得度 (とくど) も管理されており、戒律を授ける儀式を行うために設けた特定の壇をもつ戒壇院 (かいだんいん) も南都 (奈良) の仏教が独占していました。




 彼らにとって、新しい戒壇院を設けようとする最澄は、既得権益を侵害する邪魔ものであり、 「排除の差別」 の対象になる人物でした。




 最澄はこういった旧勢力と闘いながら中部や関東、九州地方にも出向き、天台の教えを広めました。




 出向いた各地で 「法華経」 を写経し、これを納めた宝塔を建立したり、旅人の難儀を救うための 「無料宿泊所」 を設けました。



 彼の活動は明らかに民衆のためのものであり、民衆の立場に立って布教活動をしたのです。



 天台宗の信者であろうとなかろうと、その生き方に共感できるのは僕だけではないと思います。



 桓武天皇は最澄の理解者でした。



 南都六宗の中には、行基のように民衆の苦しみとともに生きた純粋な僧もいましたが、その多くは権力者たちにとり入って自分の出世を最優先し、中には政治の分野に介入する僧もあらわれました。




 玄肪 (げんぼう) や道鏡 (どうきょう) などはその典型的な例ですね。

 桓武天皇が平城京を捨て、長岡京や平安京に遷都した理由の中の一つが、この仏教の政治介入でしょう。




 信仰は自由で、仏の前ではみんなが平等です。




 誰もが国の宝になることを願ったのが最澄の生き方です。

 彼は旧勢力と闘いながらも、その教えはしだいに多くの人々に受け入れられていきました。




 その証拠に、次の鎌倉時代になると天台宗からは法然、親鸞、日蓮、一遍などのすぐれた僧が次々に巣立ち、浄土宗、浄土真宗、日蓮宗、時宗などの 「鎌倉新仏教」 が生み出されていきました。




 それらは現在も日本中の多くの人々の心の支えになり、そしてこれから将来も一人一人、より多くの人々の共感を得ていくのではないでしょうか。
スポンサーサイト
2 藤原光明子 (701~760)

 



~病気や貧しい人々に寄り添い慈悲の心で生きた皇后~





 僕があえて彼女のことを 「光明皇后」 と書かないのはなぜでしょうか。




 それは、ファーストレディーでありながら、貴賤貧富を問わず多くの国民とともに生きようとした女性だと思うからです。

 夫を純粋に愛し、シャカの教えを大切にし、被差別の立場にも立つことができる人間味のある人だったのではないでしょうか。




 だから、僕は皇后よりも国民的な目線で、本名である 「光明子」 と呼ぶことにします。




 701年、光明子は藤原不比等 (ふひと) の三女として生まれます。

 大化の改新で有名な中臣鎌足の孫といった方が分かりやすいかもしれません。




 幼いころから聡明であったといわれています。

 16歳で 首皇子 (おびとのおうじ) の妃になりました。




 後の聖武天皇ですね。




 そして、権力志向の父、不比等をはじめとする藤原一族の力で、 「皇后」 に立てられました。


 このことは、本人が希望したわけでもなく、一族に利用されたことは明白です。




 その割には夫婦仲が良かったのではないでしょうか。


 光明子は夫を思う純情を歌に表していますし、聖武天皇の遺品を保存した正倉院の願文には 




 「夫の好まれた品々を見ると、在りし日を思い泣き崩れてしまう」


 という意味の言葉か書かれています。




 夫婦愛がにじみ出る事実はいくつもありますが、権力を傘にして威張ったり、人を見下しておとしめたりするような事実は見当たりません。




 僕が最も注目していることは、光明子は老人や孤児を養う 「悲田院」 (ひでんいん)、病人に薬を与える 「施薬院」   (せやくいん)、病人の世話をする 「療病院」 などを作ったことです。




 すべて無料で利用でき、しかも彼女も自ら病人の世話をしに行きました。


 伝説ではありますが、薬の風呂を作り、自ら1,000人の垢を洗い、ハンセン病患者の膿を吸い取ったとまで伝えられます。




 これは史実でないにしても、光明子がいかに多くの人々に慕われていたかということはいえるでしょう。

 彼女の行動にはさまざまな解釈や意見があります。




 たとえば中国の悪女として知られる則天武后 (そくてんぶこう) に自らをなぞらえていたとか、剛胆な性格であった、と指摘する方々もいらっしゃいます。




 ただ、経済的な感覚は優れていたとは思えません。


 有名な東大寺や国分寺、国分尼寺の建設を聖武天皇に勧めたのは光明子です。




 敬虔な信仰心と高い理想、広く国民を思う気持ちがそうさせたのですが、このことによって国家財政が破たんしていったことも事実です。



 奈良に 「法華滅罪寺」 (ほっけめつざいじ) という名の寺院があります。


 これは光明子の館をお寺にしたものです。




 ここはもともと平城京の主であり権力者である父、藤原不比等の館でした。




 別な言い方をすれば 「藤原権力の拠点」 に当たる重要な場所になるわけです。

 光明子がこの藤原氏にとってかけがえのない館を 「滅罪」 の場所にしたのはなぜなのでしょうか。





 光明子の行動や性格には、まだわからないことがたくさんあります。




 ただ、まちがいなく言えることは、奈良時代の皇族の中では、民衆に最も思いを寄せ、民衆に寄り添おうとした人であったということです。




 だから1,000年以上たった今でも多くの人々にその人柄が語り継がれ、これから将来も語り継がれていくのではないでしょうか。
1 行 基 (668~749)




~身分差別を乗り越えて民衆とともに生きた奈良時代の僧~




 奈良時代の僧侶の方々は、後の時代とは大きく異なっている点があります。


 それは、ほとんどお寺の中にいたということです。




 仏教そのものが学問的で、朝廷という国家権力によって厳重に管理されていました。

 彼らのほとんどは寺院から出ず、寺院の中でお経をとなえ、朝廷における自分の地位の出世のことばかり考えていました。




 だから一般民衆とは別世界の状態であったといえます。




 身分差別は支配のための道具であったわけです。




 このような中で民衆の苦しみとともに生きた僧が行基です。

 彼は積極的に寺を出て、仏教を民衆に説いてまわりました。




 当時は律令政治における税制をはじめとする重い負担で、多くの農民が苦しんでいました。




 野たれ死にする者や逃亡者も後を絶たず、優雅な生活を謳歌(おうか)できたのはほんの一握りの皇族と貴族たちだったのです。




 奈良時代はこうした一部の豊かな人々と大多数の貧しい農民という構造になっていました。




 僕が行基に注目しているのはこの 「民衆の立場に立って生きた」 という点です。

 多くの人々とともに生きる課題を共有しているからこそできることですね。




 668年、行基は現在の大阪府堺市で生まれ、15歳のとき出家しています。

 山林に入って独自の修行も行いました。




 37歳のとき山を下りて民間布教を開始しています。

 このころは大宝律令が完成し、710年には平城京に遷都されました。




 奈良時代の始まりですね。

 このころの国民の大多数である農民たちは、 「奴隷」 とはよびませんが、それに近い状態だったといえます。




 重税に次ぐ重税、過酷な肉体労働を強制され、過労死や流浪者、逃亡者が頻発していました。


 当時の政治はいったいだれのためにあったのでしょうか。




 大多数の民衆を犠牲にして、一部の支配者たちのためにあったといっても過言ではないでしょう。


 行基は納税や労役のために都を往復しなければならない農民のために 「布施屋」 とよばれる寝泊まり所をつくりました。




さらに、川を渡るための橋をかけたり、船を設置したりと、人々のために尽くしました。




 民衆が

 『わしらみたいな貧しい者でも救われるのでしょうか?』



 と問いました。



行基は

 「み仏の教えに差別はありません。



 人間だけでなく、み仏はこの名もない雑草にも救いの心をお持ちなのです。」

 と答えました。




 行基の説法には、少ない時でも1,000人、多い時には10,000人も集まりました。




 藤原不比等 (ふひと) をはじめとする朝廷の役人たちは、民衆が朝廷のいうことを聞かなくなるのではないかという危機意識を持ち、行基の布教を禁止しました。




 権力による弾圧ですね。




 自分たちのことしか考えていない支配者のしそうなことです。




 それでも

 「都がだめなら山の中でもムラででも布教は続けるんだ。」



 と言って圧力に屈しませんでした。



 後に、時の聖武天皇は行基を認め、有名な東大寺の大仏作りに彼の協力を依頼し、大僧正に任命しました。




 この大仏が有名な 「奈良の大仏」 ですね。


 しかし、この大事業は民衆に強制するものではなく、民衆の生活をこわしてまでもやってくれというものではありませんでした。




 行基の建言により 




 「無理な労働をさせないように、けが人を出さないように」 


 ということを重視して行われたのです。





 常に民衆の立場に立ち、民衆の目線で活動した奈良時代の数少ない僧です。




 僕は、行基こそ古代における貴重な人権感覚の持ち主で、日本の歴史上特筆するべきすぐれた人物ではないかと考えています。
第2集 自由と平等にかけた人々「日本史編」



目  次



はじめに


第1章 古代・中世

1 行 基       ~身分差別を乗り越えて民衆とともに生きた奈良時代の僧~

2 藤原光明子     ~病気や貧しい人々に寄り添い慈悲の心で生きた皇后~

3 最 澄       ~身分にとらわれず一人一人に目を向けた平安時代の仏教改革者~

4 和泉式部      ~和歌と恋愛にかけ身分を越えて自由に生きた歌人~

5 道 元       ~名誉や利益を考えずに修行に打ちこんだ鎌倉時代の貴族~

6 高山右近      ~信仰の自由のために領地と財産を捨てた戦国時代の武士~

7 出雲阿国      ~形にこだわらず愛と芸能で自由に生きた出雲の巫女~


第2章 江戸時代

1 前田慶次      ~家柄にとらわれず自由に生きた文武両道の浪人~

2 佐倉宗吾      ~将軍に直訴し民衆とともに生きた千葉の義民~

3 シャクシャイン   ~民族差別に立ち向かい自由と平等のために命をかけたアイヌの首長~

4 天草四郎      ~信仰の自由のために命をかけて戦った熊本の少年~

5 大竹与茂七     ~民衆とともに身分差別と闘った越後の義民~

6 平賀源内      ~豊かな才能を生かし自由自在に活動した天下御免の男~

7 大塩平八郎     ~貧民の立場に立ち幕府権力と戦った大阪の陽明学者~

8 横井小楠      ~共和政と世界平和を唱えた熊本の思想家~

9 緒方洪庵      ~貴賤貧富の差別を乗り越え人間を大切にした幕末の医師~

10 勝 海舟      ~身分差別を乗り越えて対等な外交を主張した幕臣~

11 楠本イネ      ~二重の差別を乗り越えて医学の道をまっとうした日本の女医第1号~

12 松平春嶽      ~相手の身分に関係なく人に会った越前・福井藩主~

13 坂本龍馬      ~自由と平等の近代国家の基礎を築いた土佐の下級武士~


第3章 明治前期

1 福沢諭吉      ~人間の平等と独立自尊をめざして差別と闘った日本の啓蒙思想家~

2 高松凌雲      ~戊辰戦争で敵味方なく治療にあたった日本赤十字の先駆者~

3 板垣退助      ~自由民権運動で藩閥政府と闘った高知の上士~

4 大隈重信      ~排除の差別を乗り越えて民衆とともに生きた首相~

5 渋沢栄一      ~私利私欲に走らず日本の近代化をめざした埼玉の実業家~

6 中江兆民      ~自由と国民主権をめざして権威・権力と闘った東洋のルソー

7 小野 梓      ~自由を求めて自ら平民になった土佐の武士~

8 植木枝盛      ~憲法草案を作り国民主権と革命権を唱えた自由民権運動の理論家~


第4章 明治後期

1 田中正造      ~農民とともに命をかけて公害と闘った栃木の代議士~

2 岸田俊子      ~男女平等を主張した京都の女性民権家~

3 留岡幸助      ~身分差別を乗り越えて非行少年と向き合った家庭学校の創始者~

4 景山英子      ~女性解放運動に命をかけた東洋のジャンヌ・ダルク~

5 石井十次      ~孤児たちとともに生き生涯を捧げた宮崎の教育者~

6 謝花 昇      ~自由と平等のために民族差別と闘った沖縄自由民権運動の父~

7 夏目漱石      ~権威にとらわれず自由に生きた明治の文豪~

8 幸徳秋水      ~帝国主義に反対し身分や貧富の差をなくそうとした社会主義者~

9 吉岡弥生      ~女性差別を乗り越えて日本初の女子医大を創設した女医~

10 与謝野晶子     ~戦争に反対し自由主義的教育運動を推進した女流歌人~

11 森 律子      ~職業差別を乗り越えて自らの意志を全うした女優~

第5章 大正時代

1 北里柴三郎    ~学閥と闘い伝染病予防に尽くした日本の細菌学の父~

2 尾崎行雄     ~第一次護憲運動で藩閥内閣と闘った衆議院~

3 牧野伸顕     ~国際会議で世界初の人種差別撤廃を提案した日本全権~

4 宮崎滔天     ~世界革命をめざし辛亥革命で自由のために闘った孫文の盟友~

5 吉野作造     ~民本主義を主張し大正デモクラシーに貢献した大学教授~

6 美濃部達吉    ~議会重視の立場から国家と天皇を区別して軍部と闘った憲法学者~

7 鈴木文治     ~働く人々の自由と平等にかけた日本労働運動の父~

8 平塚雷鳥     ~男尊女卑と闘い女性解放運動に尽くした青鞜社の太陽~

9 阪本清一郎    ~部落差別を乗り越えて自ら立ち上がった全国水平社の命名者~

10 市川房枝     ~治安警察法と闘い女性の解放をめざした熱き婦人運動家~

11 西光万吉     ~自由と平等を求め部落差別に立ち向かった水平社宣言の起草者~

12 知里幸恵     ~民族差別を乗り越えて文化を復興させたアイヌの少女~

13 小林多喜二    ~労働者解放の立場に立ち身分差別と闘ったプロレタリア文学の旗手~


第6章 昭和以後

1 犬養 毅     ~憲政擁護会を組織し閥族からの差別と闘った首相~

2 今村 均     ~民族差別を乗り越えてインドネシア独立運動に貢献した日本の軍人~

3 柳 宗悦     ~朝鮮民族差別を乗り越えて白磁の美を見出した民芸館長~

4 滝川幸辰     ~学問の自由のためにファシズムと闘った岡山の刑法学者~

5 宮崎松記     ~インドのハンセン病と闘った日本のシュバイツァー~

6 杉原千畝     ~ユダヤ民族差別を乗り越えて6,000人の命を救った外交官~

7 白州次郎     ~占領下の敗戦国でGHQと対等に闘った昭和の快男児~

8 湯川秀樹     ~外国人差別を乗り越えて世界連邦運動おこした物理学者~

9 田内千鶴子    ~3,000人の孤児とともに韓国で生き抜いた日本人女性~

10 神谷美恵子    ~ハンセン病患者の心に寄り添い共に生きた精神科医~

11 望月かず     ~朝鮮戦争後133人を育てた38度線のマリア~

12 萱野 茂     ~民族差別を乗り越えてアイヌ解放に生涯を捧げた北海道の先住民~

13 緒方貞子     ~世界の難民に寄り添い活動した国際連合の改革者~


おわりに





<訪問者の皆様へ>

 僕の記事にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

 僕が考える日本史上の「自由と平等にかけた人々」は、上記の65人です。

 来週から一人ずつ、65週間かけて人物エッセイを発行します。

 応援していただけたらとても嬉しいです。